藤原秀康(演:星智也)が三浦義村を危機に陥れる?大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第46話』

f:id:akira2013web:20220115131322p:plain

引用:https://www.amazon.co.jp

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第46話』で登場する藤原秀康(演:星智也)は、三浦義村を危機に陥れようとするので、詳しく紹介します。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第46話』のキャスト

鎌倉殿の13人の登場人物や俳優さんたちは、以下の通りです。

北条家

源氏勢力

その他

朝廷

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第46話』のストーリー

北条政子は民を労わろうとしたら、逆に民から元気付けられて「ありがとう」と感謝するばかりでした。

その日の夜、北条義時は、のえから「後継者は誰にする気ですか?」と言われるので「頼時がおるではないか」「でも、あれだけ父親に楯突くようでは」「父親に楯突くぐらいがいい。この話は、もう、これで終わりだ」

北条義時は、いつまでも後鳥羽上皇が折れてくれないので、弟の北条時連に1000の兵を引き連れて上洛をして、我々の意のままになる者を鎌倉殿にするように仕向けます。

後鳥羽上皇は、上洛してきた北条時連に「蹴鞠で勝負をしよう」と言って、二人で汗をかくまで競い合い、鎌倉の意に叶う人物を送る事を決断しました。

鎌倉では、北条政子が弟の義時に「あなたは、自分を過信しすぎています。私が鎌倉殿の代わりになります」「姉上が?」「そうですね、私が尼将軍となります」

あまりにも堂々とした立ち振る舞いに、北条義時は「珍しく、前に出て来られますね。私への戒めですか?」

しかし、北条政子は弟であっても、尼将軍に従うように圧力をしかけて、謀反の罪で処刑されかけていた妹の北条実衣を助けようとするのです。

ほぼ廃人になりかけていた北条実衣は、姉から抱きしめられて、二人で思い出深い歌を共に、歌い始めて、頬を少しだけ緩めます。

二人が、久しぶりに意思疎通できる日がやってきましたが、朝廷と鎌倉では、依然といて激しい対立関係が続いていました。この先、天下はどうなっていくのでしょうか?

藤原秀康(演:星智也)は三浦義村を危機に陥れる?』

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/46.html

藤原秀康(演:星智也)は、後に承久の乱で、北条義時を討伐するために、三浦義村の弟の胤義を説得して味方に引き入れました。

こういった事もあり、北条政子が有名な演説を行い、朝廷と戦う事を決断した時に「藤原秀康上皇を讒言(ざんげん)した逆臣」と罵ったのです。

藤原秀康は、宇治川幕府軍と激戦を繰り広げますが、戦いに敗れてしまい、後鳥羽上皇から見捨てられてしまい、首を斬られてしまう運命となりました。

このように、敗れはしたものの、北条義時を追い込もうとして、三浦義村を危機に陥らせてしまったので、かなりの重要人物と言えるでしょう。

『鎌倉殿の13人』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に入会した場合には『鎌倉殿の13人 第1〜45話』を見られます。

ただし、本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第46話』の見所とまとめ

第46話では、藤原秀康(演:星智也)がついに登場しますが、鎌倉では北条政子が尼将軍となる決意を固めて、いよいよ承久の乱が迫ってきましたね。

この後、どのような形で承久の乱が勃発していくのか、凄く楽しみな所ですが、あまりカットしないように演出して欲しいものです。