AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


渋川哲治役のきたろうは子供の時に教師から嫌がらせをされた?ドラマ『束の間の一花 第8話』

ドラマ『束の間の一花 第8話』で、渋川哲治役を演じていた、きたろうさんは子供の時に、教師から嫌がらせをされた事があったので、詳しく紹介します。

ドラマ『束の間の一花 第8話』のキャスト

束の間の一花は、2022年10月17日(深夜)から放送開始されました。

企画&脚本&演出&原作

  • 企画:安島隆&鈴木淳一&藤澤季世子&明石広人
  • 脚本:今井雅子&富安美尋
  • 演出:林雅貴&丸谷俊平
  • 原作:タダノなつ

登場人物&俳優

  • 萬木昭史(演:京本大我)不思議な雰囲気がある講師
  • 千田原一花(演:藤原さくら)萬木昭史先生に恋をする女子
  • 千田原大樹(演:佐々木大光)千田原一花の弟
  • 千田原一枝(演:富田靖子)千田原兄弟の母
  • 土橋じゅん(演:駒井蓮)千田原一花の親友
  • 清水かおり(演:山之内すず)千田原一花の親友
  • 山根恵子(演:朝加真由美)萬木昭史からミニトマトを託される人物
  • 渋川哲治(演:きたろう)萬木昭史の恩師

ドラマ『束の間の一花 第8話』のストーリー

千田原一花は「私は大学へ行きたいです」と打ち明けると、萬木昭史から「千田原さん、大学へ行っているでしょう」「私は先生がいる大学へ行きたいんです」

萬木昭史は、その気持ちは嬉しくても、大学へ復帰する事は簡単ではないと思ってしまいます。

しかし、千田原一花は「任せて下さい」と張り切って、大学へ登校して「萬木先生の講義は素晴らしいので、特別講義でも良いので」と交渉を始めます。

感触はあまり良くなかったので、友達の清水かおりや土橋じゅんたちにも協力してもらって、三人揃って「萬木先生の講義に救われたんです」と力説してしまうのです。

千田原一花は、先生の講義の復活に向けて青色のTシャツに『ゆるゆる』と書かれた物を作って、家族にも着てもらいます。

さらに、街中で萬木昭史にポーズを取ってもらって、カメラで写真撮影し始めるので「これは何を撮っているの?」と聞かれてしまうので「これはポスター用です」

色々と準備をして、学校へかけあいますが「だから、もう講義は空いていないので、来年からです」と言われてしまい「だから、来年じゃ待てないんです」

そこに渋川哲治が「ちょっと、お話いいですか?」と声をかけてきて「はい」と返事をすると「彼は、私の生徒だった頃から知っています。そして、彼が学校を辞めた理由も」

「どうでしょうか?私の授業を1コマ貸しますので、そこで萬木先生に講義してもらうというのは?」「良いんですか!」

千田原一花は、嬉しくなり、すぐに電話をかけますが、萬木昭史は口から血を吐いてしまい「本当にありがとう、でも復帰計画はもう無理だ」とつぶやいてしまうのです。

『渋川哲治役のきたろうは子供の時に教師から嫌がらせをされた』

引用:https://thetv.jp/person/0000002102/

ドラマ『束の間の一花』で、渋川哲治役を演じている、きたろうさんは子供の時に、教師から嫌がらせをされた事がありました。

それは、授業で思ったような結果を出せなかったか?もしくは宿題ができなかったか?どちらかだったのですが、それに頭に来た教師が「今日は、この子と遊んではいけません」と他の生徒に言い放ってしまいました。

きたろうさんは、これを根に持っていたのか?バラエティ番組で、それを打ち明けてしまいますが、友達は授業が終わると、きたろうさんの所へ駆け寄り、一緒に遊んでくれたのです。

もう10年以上も前に、たまたまテレビ番組を見ていたら、そんな話を知ってしまったので『やはり、こういう性格の悪い教師っているよなぁ』と思ってしまいましたね。

性格の優しい教師もいるとは思いますが、自分がいた学校にも、性格の悪い今日は多かった記憶があります。

それでも、きたろうさんは友達から好かれていたんだなぁとも思える話で、ほっこりとしました。

今では、きたろうさんは教師の役をしていて、何やら、因縁めいた感じがします。

ドラマ『束の間の一花 第8話』の見所とまとめ

引用:https://www.ntv.co.jp/tukanomanoitika/

第8話では、渋川哲治(演:きたろう)が凄く性格の優しい感じがして、こういう先生ばかりだったら、良いのになぁと思う内容でした。

萬木昭史が、ついに吐血してしまいますが、千田原一花はどうなるのか?少し心配な展開ですね。