AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


怜華役の高田里穂と朝日奈央の意外な関係性を紹介!ドラマ『クロサギ 第8話』

ドラマ『クロサギ 第8話』で、怜華役を演じていた高田里穂さんと、朝日奈央さんの意外な関係性について紹介するので参考にしてみて下さい。

ドラマ『クロサギ 第8話』のキャスト

クロサギは、2022年10月21日から放送開始されました。

脚本&演出&原作

登場人物&俳優

ドラマ『クロサギ 第8話』のストーリー

黒崎高志郎は、宝条兼人の収入源が他にもある事を知って、怜華に近づいて、医療法人の宇佐美孝也理事長から、金を巻き上げようと企みます。

ところが、宇佐美孝也に会うと「うちに医療器具を購入していただければ、あなた個人にキックバックする事が可能です」と言ってしまい「お引き取り願いましょうか?」

黒崎高志郎は「そうですか、分かりました」と立ち去って行きますが、怜華が泣きながら頼み込んでしまうと、宇佐美孝也は「分かった分かった。あいつを稼がせたら良いんだろう」と面倒くさがられてしまいます。

しかし、理事長が立ち去ると、怜華は嘘泣きを辞めて、ケロッとした感じで、すぐに黒崎高志郎へ電話をして「今度はいつ会えるの?」と誘ってしまいます。

黒崎高志郎は、桂木敏夫から「北海道にいるシロサギを狙ってくれ」と頼まれていたのに、親の仇を取るために、北海道へ行ったフリをして、医療法人から金を巻き上げようとしてしまいまいた。

しかし、桂木敏夫は、そんな事は分かりきっていて「面倒くせぇ…もう終わりかな」と、つぶやいてしまいます。

黒崎高志郎は、医療機器を渡す代わりに、キックバックする約束をしていたのに、本物の医療機器を渡さずに、10億円ものお金を騙し取ってしまいました。

宇佐美孝也は、いきりたちますが、黒崎高志郎から「背後にいるのは誰なの?それを言わないと、この病院の違法行為をネットにバラしちゃうよ」と脅しますが、どうなってしまうのでしょうか?

『怜華役の高田里穂朝日奈央の意外な関係性を紹介』

怜華役を演じていた高田里穂さんは、タレントの朝日奈央さんと凄く仲の良い関係で、頬を寄せ合うほどです。

高田里穂さんは、朝日奈央さんの事を太陽のようにまぶしいと言うほど、可愛らしくて魅力的と思っていて、その仲は、恋人のように睦じい関係です。

二人は、ドラマ『リミット』で共演した事をキッカケに、仲が良くなっていって、今では、ほぼ恋人かと思うほどの仲の良さになりました。

ドラマ『クロサギ 第8話』の見所とまとめ

引用:https://www.tbs.co.jp/kurosagi_tbs/

第8話では、怜華役の高田里穂さんが、重そうなバッグで、クロサギ(演:平野紫耀)の頭をぶっ叩いてしまって『痛そうだなぁ』と思ってしまいましたね。

しかも、次回は吉川氷柱に危機が迫ってしまうので、黒島結菜さん好きとしては、凄く心配してしまう展開です。