AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


田辺桃子が祖父のスピーチに感動した訳とは?映画『ラーゲリより愛を込めて』

映画『ラーゲリより愛を込めて』では、山本顕一の孫娘(演:田辺桃子)が、祖父のスピーチに感動するので、その理由について詳しく紹介します。

映画『ラーゲリより愛を込めて』のキャスト

日本の歴史映画『ラーゲリより愛を込めて』は、2022年12月9日に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

主題歌

映画『ラーゲリより愛を込めて』の主題歌は、Mrs. GREEN APPLEの『Soranji』です。

映画『ラーゲリより愛を込めて』のストーリー

引用:https://lageri-movie.jp/

1945年、山本顕一は、家族と一緒に満州ハルビンにいましたが、ソ連が突如として『日ソ不可侵条約』を破って軍事侵攻してきて、父親は深傷を負ってしまいますが、妻に「お前は子供を連れて、日本へ戻るんだ!」

母親は、胸が張り裂ける思いでしたが「いつか日本で落ち合おう」と約束してくれたので、山本顕一たちを連れて帰国してしまいます。

しかし、いつまで経っても父親は戻ってこなくて、ソ連に抑留されて、病院で息を引き取ってしまうのです。

父親の仲間たちは、遺書を暗記して、それを伝えに山本家まで訪れて、父親の遺書の内容を教えてくれました。

山本顕一の父親は、抑留されていたラーゲリでも、冬の季節を過ぎたら、空が青くて広かった事に感動した事がありましたが、喉のガンで家族と再会できない事を覚悟して、遺書を仲間たちに託したのです。

それから、長い年月が経ち、山本顕一は孫娘(演:田辺桃子)の結婚式でスピーチをして「今日は空が青く、良い門出の日です」と短いスピーチをしました。

しかし、その言葉だけでも、孫娘は目頭熱くする想いで、祖父をジッと見つめてしまいます。

なぜなら、結婚式と青い空は、山本家の歴史から切っても切れないものだったからです。はたして、孫娘は、幸せな結婚生活を送れるのでしょうか?

www.akira-movies-drama.com

田辺桃子が祖父のスピーチに感動した訳』

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 田辺桃子 (@momoko__tanabe)

www.instagram.com花嫁(演:田辺桃子)は、祖父が結婚式で「青い空が広がっていて、良い門出の日です」とスピーチをしたら、思わず感動してしまいます。

なぜ、こんな短いスピーチで感動したのかと言えば、かつて山本幡男が、ラーゲリで苦しい想いをしながら、青くて広い空に感動した事を知っていたからではないでしょうか?

祖父が、山本幡男がラーゲリの空で感動した話を直接聞けたシーンはありませんでしたが、遺書の内容を伝えに来た人物が、それを詳細に伝えた可能性は極めて高いです。

それを思うと、人を感動させるスピーチというのは、長さではなくて中身だと痛感させられる映画でもありました。