AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


山本モジミ(演:北川景子)が子供たちに自画自賛した訳とは?映画『ラーゲリより愛を込めて』

映画『ラーゲリより愛を込めて』では、山本モジミ(演:北川景子)が子供たちに自画自賛してしまうので、詳しく紹介します。

映画『ラーゲリより愛を込めて』のキャスト

日本の歴史映画『ラーゲリより愛を込めて』は、2022年12月9日に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

主題歌

映画『ラーゲリより愛を込めて』の主題歌は、Mrs. GREEN APPLEの『Soranji』です。

映画『ラーゲリより愛を込めて』のストーリー

引用:https://lageri-movie.jp/

1945年、山本モジミ(演:北川景子)は、夫や子供たちと満州ハルビンにいましたが、ソ連がいきなり日ソ不可侵条約を破って来て、無差別砲撃を加えてきました。

夫は、砲撃により身動きできないほどの怪我をしてしまいますが「子供と一緒に日本へ戻ってくれ、日本で落ち合おう」と約束しれくたので、苦渋の決断で夫を残して、子供達と一緒に日本へ帰国してしまいした。

山本モジミは、子供たちを何とか育てていたら、昔の知人に声をかけられて、学校で先生をする事になります。

しかし、自己紹介するのに、自分の名前を黒板に書くのを忘れてしまい、生徒たちから「おかしな先生」と笑われてしまいますが、決して怒らず「本当ねぇ」と自分でも笑ってしまいました。

日本本土は空襲を受けたと言っても、桜が咲き誇り、確実に復興していました。しかし、夫はソ連に抑留されてしまい、言われのない罪で、極寒の中、シベリアの開発をさせられていたのです。

日本には、大陸から次々に兵隊たちが帰国してきたので、山本モジミは夫の名前を書いた紙を持って「山本幡男を知りませんか?山本幡男を知りませんか?」と懸命に叫びますが、一向に夫の姿は見えません。

はたして、夫と落ちあえる日は来るのでしょうか?

www.akira-movies-drama.com

『山本モジミ(演:北川景子)が子供たちに自画自賛した訳』

山本モジミ(演:北川景子)は、日本へ帰国してからも、夫が「いつか日本で落ち合おう」と約束してくれたので、その日をずっと待ち続けていました。

しかし、大陸から帰国者たちが多く戻ってきたにも関わらず、いつまでも夫の姿は見えません。

ついに、子供たちから「お母さん、もう諦めよう」と言われてしまいますが「お父さんは絶対に生きている」と言い聞かせて、決して夫との再会を諦めませんでした。

そんなある日、ソ連が抑留していた者たちに、日本と連絡する事をようやく許可したので、山本幡男は妻宛てに手紙を送ってきたのです。

山本モジミは、その手紙を見て、子供たちに「ほらね、お父さんはやっぱり生きていたでしょう」と自画自賛してしまいました。