夏帆と岡田将生のドラマ『オトメン』の魅力や注目ポイントを解説!

夏帆さんと岡田将生さんが共演したドラマ『オトメン(乙男)』の魅力や注目ポイントについて紹介しましょう。

夏帆岡田将生のドラマ『オトメン』の魅力は壮絶なストーリー

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 【夏帆/写真集『おとととい』official】 (@kaho_otototoi_official)

www.instagram.com(引用)オトメンとは、男らしい男性が、実は乙女の心を密かに隠している事でしたが、主人公の正宗飛鳥(演:高月彩良)も男なのに、乙女になりたくて、子供の時はぬいぐるみを大事にするような少年でした。

しかし、父親が「実は、お父さん、女性として生きたかったんだ」と打ち明けて家を出て行ってしまいました。

母親はショックで倒れてしまい「飛鳥、お前はお父さんみたいになっちゃダメよ」とお願いします。

その日を境に、大事だったぬいぐるみをしまって、男の中の男になろうと決意をして、立派な大和男児になった正宗飛鳥(演:岡田将生)は、文武両道を兼ね備えた男になりました。

ある学校で、都塚りょう(演:夏帆)が、カツアゲしようとした男子たちを目撃して止めようとすると、逆にすごんできたので、正宗飛鳥は「手がすべった」と言って、竹刀で撃退してしまったのです。

このように、本当は乙女になりたかったのに、父親が信じられない事をしてしまい、本音を隠して、文武両道に目指すストーリーは、オトメンの大きな魅力と言えるでしょう。

夏帆岡田将生のドラマ『オトメン』の注目ポイントはキャスト陣

夏帆さんと岡田将生さんが共演しているドラマ『オトメン』は、豪華なキャスト陣が集結しています。

夏帆さんや岡田将生さんだけでも、凄く豪華ですが、その他にも、桐谷美玲さん・武井咲さん・山本未來さん・瀬戸康史さん・鶴見辰吾さんたちも出演していました。

桐谷美玲さんや武井咲さんたちは結婚してから、女優の仕事をお休みしていて、このお二人が共演しているドラマは、それほど多くないので、凄く注目すべきポイントと言えます。

さらに、若くて美男美女の俳優や女優だけではなく、実力派のベテラン俳優の鶴見辰吾さんや山本未來さんまでいて、かなりバランスの取れたキャスト陣であり、そのバランスの良さも魅力的です。

しかも、瀬戸康史さんは、ドラマ『霊媒探偵』や、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にも出演するほどの俳優になっているので、その方が若い頃の演技も見られるのも注目ポイントですね。