AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


損切りの意味や重要性について詳しく紹介!朝ドラマ『舞いあがれ! 第64話』

引用:https://www.nhk.or.jp/maiagare/

朝ドラマ『舞いあがれ! 第64話』では、岩倉悠人が父親と喧嘩してでも、損切りを進めるので、この損切りの意味や重要性について紹介しましょう。

ドラマ『舞いあがれ! 第64話』のキャスト

舞いあがれ!は、2022年10月3日から放送開始されました。

演出

  • 演出:田中正&野田雄介&小谷高義&松木健祐 

登場人物&俳優

  • 岩倉舞(演:福原遥パイロットを目指す女性
  • 岩倉浩太(演:高橋克典)岩倉舞の父親で、町工場の経営者
  • 岩倉めぐみ(演:永作博美)岩倉舞の母親
  • 岩倉悠人(演:横山裕)岩倉舞の兄
  • 才津祥子(演:高畑淳子)岩倉舞の祖母
  • 梅津貴司(演:赤楚衛二お好み焼き屋『うめづ』の息子
  • 梅津貴司-幼少期(演:齋藤絢永)幼い頃の梅津貴司
  • 梅津勝(演:山口智充お好み焼き屋『うめづ』の主人
  • 梅津雪乃(演:くわばたりえお好み焼き屋『うめづ』の女将
  • 望月久留美(演:山下美月)岩倉舞の同級生
  • 望月久留美-幼少期(演:大野さき)幼い頃の望月久留美
  • 望月佳晴(演:松尾諭)望月久留美の父親
  • 柏木弘明(演:目黒蓮)航空一家で育ったエリート
  • 矢野倫子(演:山崎紘菜)商社で働いていた帰国子女
  • 中澤真一(演:濱正悟パイロットを夢見て仕事を辞める人物
  • 吉田大誠(演:醍醐虎汰朗)奨学金で学校に通う男性
  • 水島祐樹(演:佐野弘樹)水島ストアの社長の息子
  • 大河内守(演:吉川晃司)航空学校 帯広校の教官
  • 柏木弘明(演:目黒蓮)エリート男子でも性格が悪い人物
  • 都築英二(演:阿南健治)生徒を厳しくチェックする教官
  • 笠巻久之(演:古舘寛治)岩倉浩太の会社のベテラン社員
  • 結城章(演:葵揚)笠巻久之の後輩
  • 森重美知留(演:辻本みず希)才津祥子の家を訪れる女性
  • 森重朝陽(演:又野暁仁)森重美知留の息子

ドラマ『舞いあがれ! 第64話』のストーリー

岩倉悠人は、珍しく工場にぶらりと現れるので、岩倉見は「お兄ちゃん?どうしたん」と驚いて「ちょっとな、仕事のついでに」

そのまま、岩倉悠人は工場に入っていきますが「相変わらず、うるさいなぁ」と悪態をつきますが「お兄ちゃん、昔から工場の音、苦手がやもんなぁ」「あぁ、匂いもな」

岩倉舞は、笠巻久之や結城章たちに「笠巻さん、章にいちゃん。兄が帰ってきました」と紹介すると、二人は「誰かと思ったわ、久しぶりやなぁ、帰ってきたんか」

「えぇ、仕事でちょっと。この機械、なんぼ、ぐらいするんですか?」

笠巻久之は「1500万ぐらいする、5台ぐらいある」と教えられると「梅津へ行ってくる」と、すぐに帰って行くので、結城章は「何しに来たんやろう」と戸惑ってしまうのです。

その日の夜、岩倉悠人は、久しぶりに実家で家族と食事する事になりますが「やせ我慢せんで、売ったら、ええのに、工場も」と言ってしまい、父親「工場って、何の話や?」

「まだ新しい機械は綺麗や、今なら、まだ買い手がつくし」と言い始めて、岩倉舞は「お兄ちゃん」とつぶやいて、静まり返ってしまいます。

しかし、岩倉悠人は「リーマンショックで倒産してきた会社をいっぱい見てきた。

「なぁ、親父。損切りって知ってる?値下がりした株を見限って売る事やけど。この損切りが、みんな下手でな。いつか巻き返せると思ってな。親父、借金、増えているんやろ?工場売るほうがええんちゃう?」

父親は「工場はちょっとずつ大きくしてきたんや、皆んなと一緒に一歩ずつ。お金に変えられんのじゃ」「分からん親父やな。皆んな損切りできんのは、自分の失敗を認めたくないからや。話にならん!」と吐き捨てて、岩倉悠人は帰って行きました。

母親は、岩倉舞に「悠人も心配しているんやろうけど」と参ってしまいます。

岩倉舞は、後になって喫茶店で兄と待ち合わせをして、工場を救うように頼んでも「お前のやってる事は、その場しのぎの親切で、無責任やぞ」と言われてしまうのです!

損切りの意味や重要性について詳しく紹介』

引用:https://www.nhk.or.jp/maiagare/movie/week14/

岩倉悠人が、損切りを勧めてしまいましたが、この損切りとは、投資家が下落している株を売却して、損失を確定させる事を言います。

なぜ、この損切りが重要なのかと言えば、仮に株の価格が半分に下がった状態で売ったら、大損なので、巻き返すまで頑張ろうとしてしまいます。

しかし、半額まで落ち込んだ価格が、3分の1・4分の1・5分の1とさらに減り続けてしまえば、損額はさらに増加してしまいます。

半額で売却したら、凄く損をするように見えても、早めに売却して損切りしたほうが、被害を最小限に抑えられるので、岩倉悠人は父親に嫌われてでも損切りを勧めてしまったのです。

株と工場では違うように見えますが、工場を維持する事によって、借金は増え続けるので、その構図は同じなので、早めに売却して損切りする事も重要と言えるでしょう。

ドラマ『舞いあがれ! 第64話』の見所とまとめ

岩倉悠人が、損切りを勧めてて、父親と喧嘩してしまいますが、あの理論は凄く正しいですね。

ただし、新しい仕事も入ってきたので、工場が巻き返せるのかどうか?凄く興味深い所です。

ラストシーンで、岩倉舞が恋人に電話したのも気になるので、次回が楽しみですね。