AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


岩倉悠人(横山裕)が工場を継ぐ可能性について解説!朝ドラマ『舞いあがれ! 第67話』

引用:https://www.nhk.or.jp/maiagare/

朝ドラマ『舞いあがれ! 』で、岩倉悠人(横山裕)が工場を継ぐ可能性について解説してみたので、参考にしてみて下さい。

ドラマ『舞いあがれ! 第67話』のキャスト

舞いあがれ!は、2022年10月3日から放送開始されました。

演出

  • 演出:田中正&野田雄介&小谷高義&松木健祐 

登場人物&俳優

  • 岩倉舞(演:福原遥パイロットを目指す女性
  • 岩倉浩太(演:高橋克典)岩倉舞の父親で、町工場の経営者
  • 岩倉めぐみ(演:永作博美)岩倉舞の母親
  • 岩倉悠人(演:横山裕)岩倉舞の兄
  • 才津祥子(演:高畑淳子)岩倉舞の祖母
  • 梅津貴司(演:赤楚衛二お好み焼き屋『うめづ』の息子
  • 梅津貴司-幼少期(演:齋藤絢永)幼い頃の梅津貴司
  • 梅津勝(演:山口智充お好み焼き屋『うめづ』の主人
  • 梅津雪乃(演:くわばたりえお好み焼き屋『うめづ』の女将
  • 望月久留美(演:山下美月)岩倉舞の同級生
  • 望月久留美-幼少期(演:大野さき)幼い頃の望月久留美
  • 望月佳晴(演:松尾諭)望月久留美の父親
  • 柏木弘明(演:目黒蓮)航空一家で育ったエリート
  • 矢野倫子(演:山崎紘菜)商社で働いていた帰国子女
  • 中澤真一(演:濱正悟パイロットを夢見て仕事を辞める人物
  • 吉田大誠(演:醍醐虎汰朗)奨学金で学校に通う男性
  • 水島祐樹(演:佐野弘樹)水島ストアの社長の息子
  • 大河内守(演:吉川晃司)航空学校 帯広校の教官
  • 柏木弘明(演:目黒蓮)エリート男子でも性格が悪い人物
  • 都築英二(演:阿南健治)生徒を厳しくチェックする教官
  • 笠巻久之(演:古舘寛治)岩倉浩太の会社のベテラン社員
  • 結城章(演:葵揚)笠巻久之の後輩
  • 森重美知留(演:辻本みず希)才津祥子の家を訪れる女性
  • 森重朝陽(演:又野暁仁)森重美知留の息子

ドラマ『舞いあがれ! 第67話』のストーリー

岩倉めぐみは葬儀が終わり、参列してくれた方たちに「色々とお世話になり、本当にありがとうございました」と頭を下げると、梅津雪乃から「めぐみさん、ちゃんと寝たほうがええよ」

その優しい言葉に思わず、涙ぐんでしまって、岩倉悠人は何も言葉をかけてあげられなくなってしまいました。

家に入り、岩倉恵は夫を失ってしまい「お母ちゃん、よく頑張ってこれたねぇ」と立ち直れずにいましたが、才津祥子から「めぐみがおったけん。だから、夢中に働けた」

自宅に戻ると、岩倉悠人から「工場、どうするつもりや?」と聞こうとすると、妹の舞から「お兄ちゃん、今はお父ちゃんが亡くなったばかりなんや、お母ちゃんの気持ちも考えてあげて」

「こういうのは早いほうがええ。親父が亡くなって、前より状況が悪くなってる」と説得しようとしても、岩倉恵は「もうちょっと考えさせて」

才津祥子は、岩倉悠人の部屋に入って「工場を継ぐ気はなかぁ?」と聞いても「ないです、僕は一流の投資家になるために努力してきたんです。投資家の立場から、工場を売却するのがベストです」と断言してしまいます。

銀行からは「誰が会社を継ぐのでしょうか?もし、工場を今、たたむのであれば、借金を作らないで済みますが、時間が経つと、資産価値が下がって工場をたたんでも借金が残ります」

岩倉めぐみは、すぐに答えを出せなかったのですが、このまま工場をたたんでしまうのでしょうか?

『岩倉悠人(横山裕)が工場を継ぐ可能性』

引用:https://www.nhk.or.jp/maiagare/movie/week15/

岩倉悠人(横山裕)は、父親が生きていた時でも、工場を売るべきと主張していました。

それなのに、父親が亡くなり、状況を悪くなっている状態で、祖母から説得されたとしても、岩倉悠人が工場を継ぐ可能性は極めて低いと言えます。

しかし、朝ドラなので、ここで岩倉悠人が継がなくて工場が終わってしまえば、ドラマとして成り立たないというのもあります。

恐らくですが、工場を継がない事よりも継ぐ可能性のほうがありますが、一番可能性があるとしたら、母親の岩倉恵が工場を継いで、岩倉悠人が投資家としてサポートしたりアドバイスしたりする可能性が一番高いでしょう。

ドラマ『舞いあがれ! 第67話』の見所とまとめ

岩倉悠人(横山裕)が、父親が亡くなっても「工場を売却すべき」と主張しますが、妹の岩倉舞が『今は、その話をすべきではない』と考えてしまいます。

しかし、岩倉舞は良い顔をして、結局は父親が追い込まれて亡くなってしまいました。

そういった事を考えたら、一番、最善の道を考えているのが岩倉悠人であり、時には非情を言うべき時がありますね。