AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


景井ひなのドラマ『チェイサーゲーム』の役柄は性格を反映したもの?

景井ひなさんは、ドラマ『チェイサーゲーム』に出演した事がありますが、その役柄は性格を反映した可能性があるので詳しく紹介します。

景井ひなのドラマ『チェイサーゲーム』の役は正直な女子社員

ドラマ『チェイサーゲーム』では、新堂龍也(演:渡邊圭祐)がゲームメーカーで働いていたら、シニアに昇進して中央管理職となり大喜びします。

しかし、担当するチームは問題児ばかりで、いきなり苦労する事になり、上層部の人間から「お前に必要だったのは、終わらないかもしれないという報告だ!お前は凡人だ」とキツくお灸をすえられてしまうのです。

シニアになったばかりは、そんな事になるとは知らずに、久井田慶(演:景井ひな)から「ぶっちゃけ、9年でシニア昇進って遅いんですよ」と真っ正直な指摘をしてしまい「どストレートだな」と苦笑いしてしまいます。

実は、景井ひなさんは動画配信する時も、真っ正直な事を打ち明ける事が多々あるので、こういった役柄は性格を反映した可能性が高いかもしれませんね。

景井ひながドラマ『チェイサーゲーム』でコスプレを披露!

www.instagram.com景井ひなさんは、ドラマ『チェイサーゲーム』でコスプレを披露した事もありましたが、実はプライベートでも動画配信で、コスプレを披露した事がありました。

そのため、ドラマでコスプレを披露するのも、景井ひなさんのコスプレ好きを反映した可能性が高いと言えるでしょう。

景井ひながドラマ『チェイサーゲーム』で弱音を連発したのは?

www.instagram.com景井ひなさんは、ドラマ『チェイサーゲーム』で、あまり仕事ができなくて、他の社員に聞いたり、シニアに「私より、他の方のほうが」と弱音を連発する事もありました。

それでは、実際の景井ひなさんはどうかと言われたら、女優をしたりTik Tokで様々な事に挑戦したりして、好奇心旺盛で弱音を簡単に吐かない性格をしています。

そのため、弱音を連発してしまう所は、あまり景井ひなさんの性格を反映したとは言えない所ですね。

チェイサーゲームでは、景井ひなさんが窮地に陥るシーンが多くあるので、ファンにしてみれば、応援したくなる作品なので、まだ見ていない方は、一度でも良いの見てみる事をオススメします。