AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


天野向日葵役を演じた河村花にはプライベートで忘れられない先生がいる?ドラマ『女神の教室 第2話』

ドラマ『女神の教室 第2話』で、天野向日葵役を演じていた河村花さんは、プライベートで忘れられない先生がいるので詳しく紹介します。

ドラマ『女神の教室 第2話』のキャスト

女神の教室は、2023年1月9日から放送開始されました。

監督&脚本&監修

登場人物&俳優

  • 柊木雫(演:北川景子)青南大学法科大学院へ教員として派遣された裁判官
  • 藍井仁(演:山田裕貴)司法試験のノウハウばかりを教える研究家教員
  • 里崎健一郎(演:小堺一機)教務主任
  • 守宮清正(演:及川光博)学院長
  • 照井雪乃(演:南沙良)柊木雫に厳しく当たる生徒
  • 真中信太郎(演:高橋文哉)弱者を救う弁護士の理想を掲げる生徒
  • 桐矢純平(演:前田旺志郎)多くの人間に優しく接する男子
  • 水沢拓磨(演:前田拳太郎)孤立しがちな生徒
  • 天野向日葵(演:河村花)自分の才能を諦めがちな女子
  • 安藤麻理恵(演:佐藤仁美)弁護士
  • 横溝太一(演:宮野真守東京地検公判部所属に所属する検察官
  • 風見颯(演:尾上松也)警視庁捜査一課の刑事

ドラマ『女神の教室 第2話』のストーリー

柊木雫は、藍井仁が成績の悪い生徒に対して「もっと早く諦めるべきだった」と冷たい言葉を浴びせていた事を知って「どうして、そんな事を言ったんですか!」

「それじゃ、あなたは、生徒が何年も勉強して、無職になった場合はどうするんですか?」相変わらず、二人は分かり合えず、意地を張り合う日々が続いてしまいました。

水沢拓磨は、警備の仕事をしながら学業も両立させようとしていて、思わず遅刻してしまって、里崎健一郎主任に呼び出されてしまい「今の成績を分かっているの?このままだと留年しちゃうよ?」

あまりにも厳しい現実に、打ちのめされそうになります。

柊木雫の講義が始まり、タトゥーを入れた人物が銭湯に入ろうとするので、店員がそれを拒絶しようとして、押してしまったら、転倒してしまい怪我をして慰謝料を請求した事について話し合う事になりました。

多くの生徒たちは、そんな弁護は受けられませんと言いますが、真中信太郎だけが「僕は弁護を引き受けても言いです」と答えるので、柊木雫は目を輝かせて注目します。

ところが、水沢拓磨は、タトゥーを入れた男性にお金を渡している所を見られてしまって、真中信太郎たちは「だから、依頼人に肩入れしていたのかぁ」と話し合ってしまいます。

真中信太郎たちは、水沢拓磨に「付き合うべき人間は、考えたほうがいい」と忠告しようとすると、胸ぐらをつかまれてしまい、大問題に発展してしまいます。

水沢拓磨は暴力を振るおうとした事が知られて、退学処分の話まで出てしまいますが、どうなってしまうのでしょうか?

『天野向日葵役がプライベートで忘れられない先生がいる』

天野向日葵役を演じていた河村花さんには、忘れられない先生がいました。

その先生は、美術の先生で、選択授業で教えてくれる方でしたが「おじさんなんですけど、教室に先生を呼ぶ時に、おぉ来たかぁと言ってくれて。友達のような感覚にさせてくれたのが嬉しかった」と嬉しかったとコメントしていました。

もしかしたら、この時の経験が、今作の生徒役として活きているのかもしれませんね。

ドラマ『女神の教室 第2話』の見所とまとめ

引用:https://www.fujitv.co.jp/themis/

第2話では、天野向日葵(演:河村花)が、父親の意向で辞めさせられそうになりますが、この先も学生を続けられるのか?気になる所です。

真中信太郎は、人が良さそうに振る舞いますが、それが本当に演技かどうか?それは今後の学生生活で分かるでしょう。