DIC岡里帆はかわいいが誤った考えを持っている?映画が物語っている

DIC岡里帆(演:吉岡里帆)は、かわいいが誤った考えを持っている所もあるので、その根拠について、映画を利用して解説しましょう。

DIC岡里帆はかわいいが化学愛は甘くない?

DIC岡里帆(演:吉岡里帆)は、化学によって人を救えるのではないか?そんな考えを持っているようですが、映画『AI崩壊』では、その化学が大惨事を引き起こしてしまいます。

AI崩壊では、桐生浩介(演:大沢たかお)が、愛する妻を病気から救えなかった事を後悔して『のぞみ』という優れたAIを作り出します。

のぞみは、あらゆるものをサポートして、日本人は優れた科学技術によって、快適な生活を送っていました。

ところが、途中から『のぞみ』は暴走を始めてしまい、多くの日本人が大惨事に巻き込まれてしまいます。桐生浩介は、開発者として追われる身になってしまいますが、優れた科学技術が、時には人に大惨事に招く可能性がある事を示しています。

DIC岡里帆は、かわいい女性で、崇高な考えを持っていますが、化学は、諸刃のつるぎのような所があるので、気をつけたい所です。

DIC岡里帆のかわいい画像

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000051337.html

DIC岡里帆が、かわいいと思えるのは、凄く愛くるしい顔立ちをしているのに、作業着のような服をまとっていて、そのギャップに萌えている方が多いからでしょう。

吉岡里帆さんは、今まで可愛いキャラクターを演じる事が多かっただけに、このような格好をしているのは、珍しくて、大きな注目を集めています。

かわいいDIC岡里帆が化学愛にこだわる理由

www.instagram.comかわいいDIC岡里帆が、化学愛にこだわるのは大好きな人間が、豊かな生活を持続していくためには、化学が必要と思っていたからです。

ただし、化学が好きであっても、万能と思っている訳でもなくて「化学愛で、人を救えるか。」とつぶやいてしまいます。

DIC岡里帆は、化学メーカー「DIC」の『化学で彩りと快適を提案する』というビジョンを掲げていた言葉に惚れ込んでいました。

今までの化学によって、地球の温暖化が進んだのではないか?という説と、いや温暖化は人類の行いとは関係がないという説があります。

DIC岡里帆は、化学の底力を信じていましたが、いまだに温暖化の歯止めはかかっていないので、いくら化学が万能と思っていなかったとは言え、化学を信じすぎているように思えます。

最近の科学の進化はとどまる所を知らず、AI技術も進化しているので、映画のように暴走する日がいつか来るかもしれないので、DIC岡里帆の考えは少し危うい所もありますね。