AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


小河ケイコ(岸井ゆきの)が試合中に勘違いした事とは?映画『ケイコ 目を澄ませて』

映画『ケイコ 目を澄ませて』では、小河ケイコ(岸井ゆきの)は素直な性格をしていましたが、試合中に勘違いをするシーンがあったので詳しく紹介します。

映画『ケイコ 目を澄ませて』のキャスト

日本のヒューマン映画『ケイコ 目を澄ませて』は、2022年12月16日に公開されました。

監督&脚本&原案

登場人物&俳優

  • 小河ケイコ(演:岸井ゆきの)両耳が聴こえないプロボクサー
  • 会長(演:三浦友和)歴史の長いボクシングジムを守り続けてきた男性
  • 林誠(演:三浦誠己)小河ケイコを熱く指導するコーチ
  • 松本進太郎(演:松浦慎一郎)感情に流されがちなコーチ
  • 小河聖司(演:佐藤緋美)小河ケイコと仲の良い男性
  • 会長の妻(演:仙道敦子)会長をずっと支えてきた妻

映画『ケイコ 目を澄ませて』のストーリー

小河ケイコは、両耳が聴こえないのに、プロボクサーになりたくて、歴史の長いボクシングジムへ通い続けて、プロボクサーとしてデビューをして、活躍を続けていました。

林誠は、そんなハンデを背負う小河ケイコに熱く指導をして、ミット打ちでボクサーとしての技量を高めようとしていました。

小河ケイコは、ボクシングの試合に挑み、押し込まれる所があっても、なんとか判定勝ちをして、ボクシングジムのコーチたちは大喜びします。

しかし、小河ケイコの母親だけは心配そうな表情を浮かべて、娘をジッと見つめてしまうのです。

記者は、ボクシングジムの会長に「小河選手は才能があると思いますか?」とストレートな質問をぶつけると「才能はないかなぁ」とつぶやいてしまい、林誠は思わず吹き出すほど笑ってしまいます。

しかし、会長は「それでもね、人間としての器量があるんですよ」と彼女の素直な性格を褒め称えました。

小河ケイコは、このボクシングジムで順調にプロボクサーとしての才能を高められるかと思われましたが、ここで通う練習生たちは次々に辞めていく上に、会長が不治の病にかかってしまい、ボクシングジムが閉鎖する事が決まってしまいます。

会長は、小河ケイコが他のボクシングジムへ通えるように頭を下げますが「ここは難しい。家から遠い」と文字に書いてしまい、松本進太郎コーチから「がっかりだよ」と吐き捨てられてしまいます。

小河ケイコとしては、いつまでも会長のボクシングジムへ通いたいと思っていて、感情が不安定な状態で、次の試合に挑む事になります。

はたして、こんな状況で試合に勝つ事ができるのでしょうか?

『小河ケイコ(岸井ゆきの)が試合中に勘違いした事』

小河ケイコ(岸井ゆきの)は、試合に挑んだ時に、相手に足を踏まれてしまい、体を避けられない状態でパンチをもらってしまい、レフェリーに抗議しようとしても、全く取り合ってもらえませんでした。

反則しやがって!と思って、頭に血がのぼり、コーチがリング外から必死にアドバイスを送ろうとしても、全くコーチを見ようともしないで、大ぶりのパンチばかり繰り出して、ついにKO負けしてしまったのです。

ところが、試合が終わり、数日後に対戦した相手が、試合をしてくれた事について頭を下げて感謝してきました。

小河ケイコは、何も言う事はできませんでしたが、涙をこらえるような表情を浮かべてしまいます。

恐らくですが、相手は足を踏もうと思って、踏んだのではなくて、偶然に足を踏んでしまったのでしょう。

しかし、試合中なので、足を踏んでいる事に気付かず、そのまま戦ってしまったのではないでしょうか?

もし、反則してでも勝とうとする選手であれば、試合が終わった後に、頭を下げてお礼など言わないでしょう。

小河ケイコも、あの時は反則してきたと思ったけど、ワザとじゃなかったんだと分かり、それで言いようもない表情を浮かべた可能性が高いです。

会長から「ケイコは目が良い」と褒められていましたが、ボクシングジムが閉鎖される事によって、心が乱れて目が濁った可能性があります。

そんな事ではいけないという想いも込めて、この映画のタイトルが『ケイコ 目を澄ませて』という言葉が使われたのかもしれませんね。

『ケイコ 目を澄ませて』と他の映画を比較

映画『きみの瞳が問いかけている』でも、今作と同じように、ボクシングがテーマになっている上に、目が見えない女性が頑張ろうとする所があり、共通点が多い作品です。

ただし『きみの瞳が問いかけている』では、ボクシングをする篠崎塁(演:横浜流星)が体に不自由な所がある訳ではなくて、愛する女性(演:吉高由里子)が目が見えないので、相違点はあります。

しかも、彼女の目が見えなくなった原因を作ったのが、篠崎塁であり、その真実を知って苦悩する姿は、見るだけで涙腺が崩壊してしまう方は多いのではないでしょうか?

映画『ケイコ 目を澄ませて』のまとめ

引用:https://happinet-phantom.com/keiko-movie/#cast

ケイコ 目を澄ませてを見た感想について、詳しく解説します。

映画『ケイコ 目を澄ませて』のオススメ層

耳が聞こえない女性が、ボクシングに打ち込むストーリーなので、体に不自由な所があり、なかなかポジティブになれない方には、この映画を見て勇気をもらって欲しいですね。

しかも、今までの岸井ゆきのさんとは全く違う演技を見る事もできるので、岸井ゆきのファンにも、オススメの映画です。

  • 体に不自由な所がある方:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 岸井ゆきのファン:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • ボクシングが好きな方:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『ケイコ 目を澄ませて』の残念な所

小河ケイコ(岸井ゆきの)が、会長から褒められたのに、目が曇ってしまい、相手を疑い、その結果、試合に負けてしまったのは残念な所でした。

しかも、会長が良かれと思って、他のボクシングジムを勧めたのに「家が遠い」と嘘をつくなど、今までのケイコらしからぬ事ばかりで、何かと残念な所が多かったですね。

映画『ケイコ 目を澄ませて』の見所

小河ケイコは、素直な性格ですが、素直すぎるために、それが仇となってしまう所があるように思えます。

素直な性格であるがゆえに、納得できなくなったら、相手を素直に信じられなくなたり、嘘をついたりしたと思いますが、それも含めて人間かなと思う映画でした。

今作では、岸井ゆきのさんが、あまり喋ろうとしない役で、その代わり表情によって、相手に気持ちを伝えようとする所があり、演技力の高さをまざまざと見せつけられる想いでしたね。

しかも、岸井ゆきのさんが、ボクシングに打ち込む姿や、相手を疑い、狼のような目で、猛獣のように「アアアアア!」と叫ぶ所は、鳥肌が立つぐらい迫力があって良かったです。