AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


林田利光(小手伸也)が左遷した理由は仕事だけではない?ドラマ『スタンドUPスタート 第1話』

ドラマ『スタンドUPスタート 第1話』では、林田利光小手伸也)が左遷した理由は仕事の失敗だけではない可能性があるので、詳しく解説します。

ドラマ『スタンドUPスタート 第1話』のキャスト

スタンドUPスタート 第1話は、2023年1月18日から放送開始されました。

企画&脚本&原作

  • 企画:狩野雄太
  • 脚本:モラル&伊達さん
  • 原作:福田秀

登場人物&俳優

スタンドUPスタートの登場人物と俳優は、以下の通りです。

三星一家
三ツ星重工
  • 高島瑞貴(演:戸次重幸)社長室長
  • 山口浩二(演:高橋克実)常務
  • 加賀谷剛(演:鈴木浩介)グローバル推進事業部本部長
サンシャインファンド
  • M-エム(演:雨宮天)大陽の専属秘書
三星大陽の関係者たち
  • 小野田虎魂(演:吉野北人)ゲーム会社の社長でも、三星大陽を兄のように慕う
  • 林田利光(演:小手伸也)保険会社『リリーフ保険』の部長
  • 羽賀佳乃(演:山下美月)みその銀行の融資部門の行員
  • 立山隼人(演:水沢林太郎)起業を目指す大学生
  • 武藤浩(演:塚地武雅)三ツ星重工の元社員
  • 音野奈緒(演:安達祐実)シニア向けマンションの管理人
  • 根岸(演:植村颯太)ハイパースティック」の社員で、小野田虎魂の部下
その他

ドラマ『スタンドUPスタート 第1話』のストーリー

林田利光は、キャバクラで酒を飲みながら、他の客を見て「あんな馬鹿騒ぎしか出来ないのか」とぼやくと、それを聞いた小野田虎魂が「今何て言った?」とかられまれてしまいます。

そこに、三星大陽がやってきて「どうもすいませんね、うちの若いもんが」と言いながら、林田利光の名刺を見て「でもね、こんな嘘の名刺を作ってホステスの機嫌を取るより、ロゼ(ワイン)の1本でも入れたら、どう?」

見事に、嘘をついていた事を見破られてしまい、悔しくなり、お店をあとにして橋の上でたそがれていたら、三星大陽が「早まるなぁ!」と突進してきたのです!

「な、なんだぁ?」と驚きますが、二人とも橋から川へ落ちてしまいますが、三星大陽は人間に投資をして、日本を起業先進国にしようとしていました。

実は、林田利光は、普段は部下を厳しく叱責しますが、周りの社員たちは「よく言うよなぁ、みその銀行から左遷されたくせに」とヒソヒソ話をされていたのです。

三星大陽は、林田利光につきまとうようになり、起業するように勧めてきますが『こんな、うさん臭い奴を信用できるか、それに俺は、今の現状に満足している』と思い込もうとしていました。

ところが、三星大陽は、仕事経験の無かった専業主婦の音野奈緒に、マンションの管理人に勧めて、見事に成功させていた事を知ります。

林田利光は、その事実を知って、三星大陽の話に乗りますが、はたして上手く起業できるのでしょうか?

『林田利光小手伸也)が左遷した理由は仕事だけではない』

引用:https://www.fujitv.co.jp/stand_up_start/story/story01.html

林田利光小手伸也)は仕事に失敗して、左遷させられますが、理由は、それだけではないでしょう。

林田利光は、三星大陽と出会うまでは、部下を厳しく叱責する性格だったので、恐らく、みその銀行の元部下の羽賀佳乃(演:山下美月)にも、厳しい言葉をぶつけていた可能性があります。

それを根に持った羽賀佳乃が「パワハラではないか?」と、田中通久部長(演:勝村政信)に訴えたのではないでしょうか?

その証拠に、林田利光が久しぶりに、みその銀行へ行った時に、羽賀佳乃は氷のように冷たい眼差しで睨んでいました。

ドラマ『スタンドUPスタート 第1話』の見所とまとめ

引用:https://www.fujitv.co.jp/stand_up_start/story/story01.html

第1話では、三星大陽が、左遷させられた林田利光小手伸也)や、家庭で苦しんでいた音野奈緒(演:安達祐実)を見事に救ってくれましたね。

引用:日本と諸外国の起業数・会社設立数を比較 なぜ日本の起業意識は低い? | 27,800円で一般社団法人設立【KiND行政書士法人:東京】全国対応!

日本は、確かに先進国の中では、起業率が圧倒的に低くて『社団法人.jp』によれば、日本は、米国・英国・ドイツ・フランスに比べて、大きな差をつけられてしまいます。

三星大陽は、その日本の弱点を克服しながら、人生で大きな失敗をして苦しんでいる人間たちを救っていくので、なかなか面白いドラマですね。