AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


淡島芹奈役の優希美青が女優以外でなりたかった職業を紹介!ドラマ『それでも結婚したいと、ヤツらが言った 第2話』

ドラマ『 それでも結婚したいと、ヤツらが言った 第2話』で、淡島芹奈役を演じていた優希美青さんは、女優以外でなりたかった職業があったので詳しく紹介します。

ドラマ『それでも結婚したいと、ヤツらが言った 第2話』のキャスト

それでも結婚したいと、ヤツらが言ったは、2023年1月4日から放送開始されました。

監督&脚本

  • 監督:有働佳史&芝﨑弘記
  • 脚本:大歳倫弘&保木本真也

登場人物&俳優

  • 篠原天音-チュー子(演:演 - 鈴木ゆうか)合理的に考える長女
  • 淡島芹奈-チュル美(演:優希美青)明るい性格の次女
  • 御子柴隼人-チュー太(演:西岡星汰)シェフに乗り移る末っ子
  • 後藤田昭一-チュー吉(演:濱津隆之)少し投げやりな父親
  • 桜井康平(演:福山翔大)篠原天音の先輩プランナー
  • 桐沢信江(演:久保田磨希)篠原天音の上司
  • 大黒天(演:中野周平)お宮に住む神様
  • 新山由美(演:筧美和子)結婚式に張り切る新婦
  • 新山隆文(演:前原滉)結婚式に消極的な姿勢になってしまう新郎
  • 新山清美(演:速水今日子)新山隆文の母親

ドラマ『それでも結婚したいと、ヤツらが言った 第2話』のストーリー

篠原天音は、結婚式の準備を進めていましたが、新山隆文の母親である清美が「結婚式にはキャビアを入れてくれないと、皆んなが喜んでくれない」と言い出してしまい、キャビアを入れるかどうかで揉めてしまいます。

キャビアを入れてしまえば、予算オーバーになってしまうので、新婦の新山由美が考えていたウェディングドレスを採用するのが難しくなってしまいました。

篠原天音は、新婦の希望通りのウェディングドレスを着てもらおうと思って、違う食材を使った『キャビアもどき』を作り上げました。

この食材であれば、味がキャビアに似ている上に、予算も抑えられるので、ウェディングドレスの予定を変更する必要も無かったのですが、また新郎の母親が予定を変更してきたのです。

キャビアは、もう良いから、催し物に力を入れたい」と言い出したので、新郎新婦たちは困り果ててしまいます。

そこで、篠原天音たちが、代わりに、新山清美に直接交渉しようとしたら、実は新山由美の母親が結婚式に参加できるように、あれこれと注文をして時間稼ぎしようとしていた事が判明します。

しかし、そこに新山由美がやってきて「余計な事はしないで下さい」と、母親が結婚式に出席する事に反対してしまうのです。

新山由美は、母親が勝手な性格をしていたので、それについて苛立っていました。はたして、この結婚式は、どうなってしまうのでしょうか?

『淡島芹奈役の優希美青が女優以外でなりたかった職業を紹介』

淡島芹奈役の優希美青さんは「もしも女優になれなかったら、警察官になりたかたんです」とコメントしていた事がありました。

これだけでも意外な事でしたが「なぜ、警察官になりたかったんですか?」とインタビューされると「警察官になれたら、コナンくんに会えると思ったからです」と少し天然みたいな発言が飛び出しました。

あれだけ可愛らしい容姿から、思わぬ天然な発言も飛び出すのが、優希美青さんの魅力なのかもしれませんね。

ドラマ『それでも結婚したいと、ヤツらが言った 第2話』の見所とまとめ

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/sorekon/intro/

第2話では、淡島芹奈(演:優希美青)が、ほぼ登場しなくて、長女ばかり目立ってしまったので、そこが少し残念な所でした。

それでも、次回からは、違う人の結婚式になりそうなので、そこに期待したい所です。