井川遥の演技力は下手なのか上手なのか?作品別に紹介!

井川遥さんの演技力は下手なのか上手なのか?作品別に紹介するので、参考にしてみて下さい。

井川遥の『持続可能な恋』の演技力は下手ではなくて上手

ドラマ『持続可能な恋ですか?』では、沢田林太郎(演:松重豊)が、娘の沢田杏花(演:上野樹里)が、いつまでも結婚してくれない事を心配していました。

自分も妻がいない状況だったので、婚活をする際に、娘と一緒にする事を思いつきます。

いやがる娘を強引に誘って、自分は年下の日向明里(演:井川遥)と知り合い、恋に落ちていくのです。

www.akira-movies-drama.com井川遥さんは、かなり年上の男性と婚活をする事になるので、難しい役でしたが、独特の雰囲気と気品によって、男性と接する演技は、他の女優ではなかなか出せないものでした。

表情やしゃべり方を変える訳ではなかったのですが、その独特な雰囲気を活かした方法は、見る人を惹きつける魅力があるので、井川遥さんの演技力は下手ではなく上手と言えるでしょう。

井川遥の『さかなのこ』の演技力は下手か上手か微妙?

映画『さかなのこ』は、ミー坊(演:のん)が、お魚博士になりたくて、奮闘しようとしますが、周りから理解されない上に、お魚に関連する仕事をしようとしても、上手くいかない毎日でした。

www.instagram.com(引用)そんなミー坊に対して、母親のミチコ(演:井川遥)は「うちの娘は、魚が好きなんです。それで良いじゃないですか」と言って、周りの反対や懸念に耳を貸さず、つねに娘の味方をしようとします。

www.akira-movies-drama.comこの映画では、井川遥さんは聖母のように優しい眼差しで、娘を見守る役を演じていましたが、同じ表情を浮かべるシーンが多かったので、演技力が上手なのか下手なのか?それを判断するのは、凄く難しい作品と言えます。

井川遥の『罠の戦争』の演技力が上手を言える根拠

ドラマ『罠の戦争』では、鷲津亨(演:草彅剛)が、犬飼孝介大臣(演:本田博太郎)に尽くしていたのに、息子が誰かに突き落とされて重症に陥ったとしても、これを事故だと思って、我慢しろと要求されてしまいます。

鷲津亨は、その場では秘書という立場から、大臣の要求に従ってしまいますが、妻の鷲津可南子(演:井川遥)は、遠くから、その光景を見て憤慨してしまいます。

しかし、鷲津亨は、妻に対して「犬飼大臣に復讐してやる」と誓って、上司やクセのある秘書たちに罠をしかけて、戦争を行おうとするのです。

www.akira-movies-drama.com井川遥さんは、このドラマでも優しい母親役を演じていましたが、夫が議員に従って子供を守ろうとしない姿勢に抗議しようとした時に、落ち着いた表情ながら目には怒りの気持ちが、こもっていました。

怒りの気持ちを見せる時には、目をつりあげたり、見開いたりする女優が多くいますが、あまり表情を変えなくても、目をうるませながら、相手を凝視する事によって、怒りの気持ちを表せていたのは、凄かったですね。

そのシーンを見れば、井川遥さんの演技力が上手な事が分かるハズです。