原菜乃華の演技力!下手なのか上手なのか作品別に紹介

原菜乃華さんの演技力が高いのか?気になる方は多いと思うので、下手なのか上手なのか作品別に紹介していきます。

原菜乃華の『真犯人フラグ』の演技力!下手ではなく上手に見える理由

ドラマ『真犯人フラグ』では、相良凌介(演:西島秀俊)が妻子がいつまでも帰って来ないので、おかしいと思って、警察に探すようにお願いしても、誘拐されたと決まっていないので、ロクに捜査してくれません。

そこで、友達に頼んで、SNSで家族がいなくなった事を訴えたら、注目が集まっていき、警察も動かさるを得なくなってきました。

そして、娘の相良光莉(演:原菜乃華)が監禁されている映像が流れてしまい、衝撃を受けてしまいます。しかし、その裏で、信頼していた仲間の裏切りがあって、次第に追い詰められていくのです。

原菜乃華さんは、このドラマでは、最初は可哀想な被害者を演じていましたが、実はその裏でとんでもない裏切り行為を働いていて、その思いがけない展開に多くの視聴者を驚かせました。

見事に、視聴者をあざむくほど、原菜乃華さんの演技はリアリティがあり、上手なものがありました。

もしも、原菜乃華さんの演技力に懐疑的な方は、このドラマを見てみる事をオススメします。

原菜乃華の『罪の声』の演技は下手か上手か微妙

映画『罪の声』では、記者の阿久津英士(演:小栗旬)が、昔、多くの企業を脅迫していた声に注目します。

その声は、小学生ぐらいの声であり、犯人は子供を利用していて、その子供は、今頃は大人になっているハズと睨みます。

その頃、曽根俊也(演:星野源)が、偶然にも自分の昔の声を録音した機械を見つけますが、それは昔、企業を脅迫していた時に使われているものと知ってショックを受けてしまいました。

昔の事件について調べていくうちに、刑事だったのにも関わらず、反社会的な組織からワイロを受け取って、逃亡してしまった者がいた事が判明します。

その刑事の娘・生島望(演:原菜乃華)には、大きな夢があったのに、父親の失態で、家族と一緒に逃亡する羽目になってしまい、学校の教師は心配をしていました。

色々な人間の想いが交差する中で、昔の事件の犯人が誰か?追求していく事になります。

原菜乃華さんは、この映画では、あまり登場シーンが少なかったので、演技が下手か上手か?それを見極めるのは凄く難しいです。

しかし、ナチュラルに笑顔を見せる所は、将来に向かって希望をふくらます感情を見事に表していたので、演技力は高いほうの女優と言えるでしょう。

原菜乃華の『ナンバMG5』の演技力!下手に見えてしまう?

f:id:akira2013web:20220416154213p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/nanbaMG5/index.html

ドラマ『ナンバMG5』では、難破剛(演:間宮祥太朗)が、ヤンキーだからの家庭に生まれましたが、普通の学校生活を送りたいと思って、家族に黙って密かに普通校に入学します。

しかし、それが途中で妹の難破吟子(演:原菜乃華)にバレてしまいます。最初こそショックを受けましたが、兄のためを思って、陰ながら応援していこうとしました。

そんなある日、兄の難破猛(演:満島真之介)にまでバレてしまい、弟だったら喧嘩で天下を取ると思っていたのにと憤り、兄弟同士で殴り合いの喧嘩に発展してしまうのです!

www.akira-movies-drama.com

原菜乃華さんは、兄思いのヤンキー役を演じていましたが、あまり感情を強く表に出す訳ではなく、表情もあまり変わっているように見えませんでした。

涙を流そうとするシーンもあったのですが、ドラマ『真犯人フラグ』ほどの切羽詰まった感じは見受けられなかったので、このドラマだけを見れば、演技が下手に見えてしまうかもしれません。