荒木太一を襲った強盗犯はんnについて詳しく紹介!ドラマ『街並み照らすヤツら 第6話』

ドラマ『街並み照らすヤツら 第6話』で、荒木太一が強盗に襲われてしまいました。

そこで、荒木太一を襲った強盗犯について、詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。

ドラマ『街並み照らすヤツら 第6話』のキャスト

街並み照らすヤツらは、2024年4月27日から放送開始されました。

脚本&監督

  • 脚本:高田亮&清水匡
  • 監督:前田弘二&鯨岡弘識&中里洋一&長野晋也

登場人物&俳優

  • 竹野正義(演:森本慎太郎)ケーキ店『恋の実』のオーナー
  • 竹野彩(演:森川葵)竹野正義の妻
  • 深川莉菜(演:月島琉衣)酒店の娘
  • 深川龍一(演:皆川猿時)深川莉菜の父
  • 荒木太一(演:浜野謙太)ビリヤード店のオーナー
  • シュン(演:曽田陵介)竹野彩に一目惚れする男性
  • マサキ(演:萩原護)ビリヤード店の常連客
  • 大村一郎(演:船越英一郎)地元商店会の会長
  • 光一(演:伊藤健太郎)大村一郎の息子
  • 白鳥敬文(演:竹中直人)謎の男性
  • 向井哲雄(演:竹財輝之助)時計店の店主
  • 倉田(演:板尾創路)和菓子屋の店主
  • 澤本絵梨香(演:吉川愛)所轄署の新米刑事
  • 日下部茂利(演:宇野祥平)澤本絵梨香の同僚

ドラマ『街並み照らすヤツら 第話』のストーリー

引用:https://www.ntv.co.jp/machinami-ntv/story/

荒木太一が放火犯の容疑者として捕まってしまい、竹野正義まで取り調べを受ける事になります。

当初は、荒木太一は「黙秘します」と言い放っていましたが、日下部茂利は静かに追い込んでいきます。

「そんな事を言う奴は、だいたい、犯人って決まっているんだよ。もしくは警察にたてつきたいのか?それともテレビをよく見る奴か」

荒木太一は『俺にはテレパシーが使えるんだ、考えるんだ……そうだ』と思いついて「俺たちは星を見ていたんです」と主張します。

日下部茂利は、それを聞いて、すぐに竹野正義がいるほうの取り調べ室に行き「お前たちは二人で何をしていた」と聞きます。

竹野正義は、必死に荒木太一が何を喋ったのか?予測をして「あの、倉庫でお化けがいないか見に行ったんです」と答えてしまいました。

「しばらく、お前ら、帰れないと思えよ」

日下部茂利はそう言い放ち、取調室から出て行ってしまい『違ったのかぁ』とガックリと落ち込んでしまいます。

ところが、白鳥敬文が放火した事を自白したので、二人は釈放される事になりました。

二人は「やったぁ」と喜び合いますが、日下部茂利から「お前たちにはまだ聞きたい事がある、自宅にいろよ」と言われます。

それでも、竹野正義は妻が心配で、実家へ行きますが、日下部茂利は『あいつは強盗したから、妻の実家へ逃げ込んだな』と疑いました。

荒木太一は、自宅にいると、本当の強盗に追われて、襲われてしまいます。

しかも、シュンは竹野彩の実家まで突き止めてしまい、危機が迫っていたのです!

『荒木太一を襲った強盗について詳しく紹介』

荒木太一を襲った強盗は、少なくとも商店街の者たちではないでしょう。

商店街の者たちは『俺たちの事をバラさないように口封じしよう』と思うような連中ではありません。

何より、竹野正義を慕っているので、竹野正義と一緒に行動していた荒木太一を襲うような事はしないはずです。

そうなってくると、荒木太一を襲った強盗犯は、この商店街で強盗しても、警察が捕まえる事できないので、自分たちもしてみようと思ったハズです。

そう考えると、強盗たちは、商店街以外から来た者の可能性が高いですね。

ドラマ『街並み照らすヤツら 第6話』の見所とまとめ

引用:https://www.ntv.co.jp/machinami-ntv/

第6話では、日下部茂利の巧みな取り調べ術に、二人が追い込まれていくシーンが、凄く面白かったですね。

しかも、竹野彩は竹野正義の事が好きになってしまって、竹野彩に宣戦布告してしまい、かなりややこしくなってきました。

吉川愛さんと森川葵さんたちが、喧嘩していく演技を見られるのは、なかなか他のドラマではないので、注目していきたいですね。