多岐川幸四郎と崔香淑が結婚した理由について紹介!朝ドラ『虎に翼 第53話』

引用:https://www.nhk.jp/p/toranitsubasa/ts/LG372WKPVV/

朝ドラ『虎に翼 第53話』では、多岐川幸四郎と崔香淑が結婚していて、佐田寅子は驚いてしまいます。

そこで、多岐川幸四郎と崔香淑たちが、なぜ結婚する事になったのか?詳しく紹介しましょう。

ドラマ『虎に翼』のキャスト

虎に翼は、2024年4月1日から放送開始されました。

演出

  • 梛川善郎
  • 安藤大佑
  • 橋本万葉

登場人物&俳優

  • 猪爪寅子-佐田寅子(演:伊藤沙莉)三淵嘉子をモデルにした人物
  • 猪爪はる(演:石田ゆり子)猪爪寅子の母親
  • 猪爪直言(演:岡部たかし)猪爪寅子の父親
  • 猪爪直道(演:上川周作)猪爪寅子の兄
  • 猪爪直明(演:三山凌輝)猪爪寅子の弟
  • 米谷花江(演:森田望智)猪爪寅子の同級生
  • 佐田優三(演:仲野太賀)猪爪家に下宿する書生
  • 山田よね(演:土居志央梨)男装をする女性
  • 桜川涼子(演:桜井ユキ華族のお嬢さま
  • 大庭梅子(演:平岩紙)猪爪寅子の同級生
  • 崔香淑(演:ハ・ヨンス)朝鮮からの留学生
  • 轟太一(演:戸塚純貴)法学部で猪爪寅子と知り会う男子
  • 花岡悟(演:岩田剛典)社交的な男性
  • 小高奈津子(演:古畑奈和)花岡悟の婚約者
  • 桂場等一郎(演:松山ケンイチ)司法の独立を重視する裁判官
  • 穂高重親(演:小林薫)猪爪寅子の恩師
  • 桜川寿子(演:筒井真理子)桜川涼子の母親
  • 大庭梅子(演:平岩紙)猪爪寅子の同級生
  • 大庭徹男(演:飯田基祐)大庭梅子の妻
  • 大庭光三郎(石塚陸翔)大庭梅子の三男
  • 桜川侑次郎(演:中村育二)桜川涼子の父親
  • 笹山(演:田中要次笹寿司の主人であり寿司職人
  • 竹中次郎(演:高橋努)新聞記者
  • 久保田聡子(演:小林涼子)猪爪寅子の先輩
  • 中山千春(演:安藤輪子)久保田聡子と同じ女子学生
  • 雲野六郎(演:塚地武雅)雲野法律事務所の代表
  • 星航一(演:岡田将生)温和な性格をした裁判官
  • 汐見圭(演:平埜生成)家庭裁判所の設立に尽力する人物
  • 稲(演:田中真弓)米谷家で働く女中
  • 久藤頼安(演:沢村一樹)猪爪寅子に協力的な人物
  • 多岐川幸四郎(演:滝藤賢一)猪爪寅子の上司
  • 横山太一郎(演:藤森慎吾)猪爪寅子に怒ってしまう見合い相手
  • 桜川涼子(演:桜井ユキ華族の令嬢
  • 田中(演:栗原英雄)夫婦間の暴力を扱う法廷の裁判長
  • 東田側の弁護士(演:長谷川忍)夫の弁護人
  • 峰子側の弁護士(演:じろう)妻の弁護人
  • 東田甚太(演:遠藤雄弥)妻に暴力を振るっていた男性
  • 峰子(演:安川まり)離婚調停中に、夫に財産の返還を求める女性
  • 花岡悟(演:岩田剛典)猪爪寅子たちに優しく接する男子
  • 轟太一(演:戸塚純貴)猪爪寅こたちに敵意を見せる男子
  • 小橋浩之(演:名村辰)女子たちに罵声を浴びせていた男子
  • 稲垣雄二(演:松川尚瑠輝)小橋浩之と一緒に、女子をバカにしていた男子
  • 雲野(演:塚地武雅)猪爪寅子を指導していく弁護士
  • 小泉(演:福室莉音)佐田寅子の後輩
  • 久藤頼安(演:沢村一樹)佐田寅子を高く評価する人物
  • 神保衛彦(演:木場勝己)桂場の恩師で帝国大学教授
  • 立花幸恵(演:伊勢志摩)婦人代議士
  • ホーナー(演:ブレイク・クロフォード)優しく佐田寅子にく接するユダヤ
  • 多岐川幸四郎(演:滝藤賢一)花岡悟を侮辱する人物

ドラマ『虎に翼 第53話』のストーリー

引用:https://www.iza.ne.jp/article/20240611-OPUUVKCSQFAMHJAVNSVCNMOSBE/photo/YTSSCKRYD5EGRKWTASQG5YHWLQ/

多岐川幸四郎は「キョウコちゃんが待っているから、帰る」と言い出して、早々と仕事を切り上げて、立ち去って行きました。

小橋浩之や稲垣雄二たちは、思わず、多岐川幸四郎について話し合ってしまいます。

「あれ?多岐川さんて、結婚していたっけ」「いや、結婚していないはずだ。どうせ女でも囲っているんだろ」

「ちょび髭は、すけべだし」

それは偏見というものですという声が、どこからか聞こえてしまうほどの偏った考えでした。

佐田寅子は『このまま、家庭裁判所がうまく出来なかったら、自分はクビになってしまうかもしれない』と危機感を抱いてしまいます。

思わず、佐田寅子は、多岐川幸四郎を追いかけていき、自分の思いを訴えます。

「あの、もう少しで家庭裁判所ができれば、私は裁判官として雇ってもらえるんです」

その話を聞いて、多岐川幸四郎は「この馬鹿たれが!なぜ、そういう事をもっと早く言わない」と怒鳴られます

多岐川幸四郎は、すぐに佐田寅子を連れて、久藤頼安に「ライアン!彼女に、私たちの大事な理念を教えるように」と言い放ちます。

そう言うと、多岐川幸四郎は「家にキョウコちゃんが待っているから、俺は帰る」と言って、帰って行きました。

佐田寅子は、久藤頼安から、今までのいきさつの話を聞いて、少年少女たちの問題は地続きである事を教え込まれました。

多岐川幸四郎は仕事熱心とも言われますが、到底信じられない様子でした。

そのあと、家に帰ると、弟から「え?お姉ちゃんの上司の人って、あの多岐川幸四郎さんなの」と驚かれます。

「有名な人なの?」「知っているも何も、あのBBS運動を初めて、日本に取り入れた人なんだよ、関西の人たちを団結した人なんだよ」

「……人違いなんじゃない?」

佐田寅子は『そんな訳あるか』と思ってしまいます。

翌日、多岐川幸四郎は、酒に酔いつぶれてしまうので、家まで送ってあげると、なぜか、そこに崔香淑が現れるのです!

『多岐川幸四郎と崔香淑が結婚した理由』

香崔淑は、性格が優しい上に、弁護士になろうとしていたので、少年少女の保護に取り組んでいた可能性は、十分に高いです。

多岐川幸四郎は、関西人たちを団結させて、日本に※BBS運動を初めて採用しようとした時に知り合ったのでしょう。

香崔淑は、多岐川幸四郎の仕事熱心な所や、人のために行動を起こす所に惹かれ会って、結婚した可能性が高いです。

※BBS運動

(子供や若者が非行に陥っても、立ち直らせて、安心して生きていける社会を築こうとするボランティア組織)

ドラマ『虎に翼 第53話』の見所とまとめ

第53話では、多岐川幸四郎が意外にも、仕事熱心で少年少女たちのために、取り組んでいる事が判明します。

しかし、佐田寅子は自分の目で見た多岐川幸四郎と、周囲の人間から聞く評価のギャップに『はて?』と思ってしまいました。

恐らく、次回で、多岐川幸四郎と崔香淑たちが結婚した理由が聞けるハズなので、楽しみですね。