身体障害者手帳で携帯電話の料金が安くなる?朝ドラ『虎に翼 第66話』

引用:https://www.nhk.jp/p/toranitsubasa/ts/LG372WKPVV/

朝ドラ『虎に翼 第66話』では、身体障害者手帳の話題になりますが、実は身体障害者手帳によって、携帯電話の料金が安くなる場合があります。

そこで、身体障害者手帳で安くなる携帯電話の料金について、紹介するので参考にしてみて下さい。

ドラマ『虎に翼』のキャスト

虎に翼は、2024年4月1日から放送開始されました。

演出

  • 梛川善郎
  • 安藤大佑
  • 橋本万葉

登場人物&俳優

  • 猪爪寅子-佐田寅子(演:伊藤沙莉)三淵嘉子をモデルにした人物
  • 佐田優未(演:竹澤咲子)佐田寅子の娘
  • 猪爪はる(演:石田ゆり子)猪爪寅子の母親
  • 猪爪直言(演:岡部たかし)猪爪寅子の父親
  • 猪爪直道(演:上川周作)猪爪寅子の兄
  • 猪爪直明(演:三山凌輝)猪爪寅子の弟
  • 米谷花江(演:森田望智)猪爪寅子の同級生
  • 佐田優三(演:仲野太賀)猪爪家に下宿する書生
  • 山田よね(演:土居志央梨)男装をする女性
  • 桜川涼子(演:桜井ユキ華族のお嬢さま
  • 大庭梅子(演:平岩紙)猪爪寅子の同級生で、汐見の妻
  • 崔香淑(演:ハ・ヨンス)朝鮮からの留学生
  • 轟太一(演:戸塚純貴)法学部で猪爪寅子と知り会う男子
  • 花岡悟(演:岩田剛典)社交的な男性
  • 小高奈津子(演:古畑奈和)花岡悟の婚約者
  • 桂場等一郎(演:松山ケンイチ)司法の独立を重視する裁判官
  • 穂高重親(演:小林薫)猪爪寅子の恩師
  • 桜川寿子(演:筒井真理子)桜川涼子の母親
  • 大庭梅子(演:平岩紙)猪爪寅子の同級生
  • 大庭徹男(演:飯田基祐)大庭梅子の妻
  • 大庭光三郎(石塚陸翔)大庭梅子の三男
  • 桜川侑次郎(演:中村育二)桜川涼子の父親
  • 笹山(演:田中要次笹寿司の主人であり寿司職人
  • 竹中次郎(演:高橋努)新聞記者
  • 久保田聡子(演:小林涼子)猪爪寅子の先輩
  • 中山千春(演:安藤輪子)久保田聡子と同じ女子学生
  • 雲野六郎(演:塚地武雅)雲野法律事務所の代表
  • 星航一(演:岡田将生)温和な性格をした裁判官
  • 汐見圭(演:平埜生成)家庭裁判所の設立に尽力する人物
  • 稲(演:田中真弓)米谷家で働く女中
  • 久藤頼安(演:沢村一樹)猪爪寅子に協力的な人物
  • 多岐川幸四郎(演:滝藤賢一)猪爪寅子の上司
  • 横山太一郎(演:藤森慎吾)猪爪寅子に怒ってしまう見合い相手
  • 桜川涼子(演:桜井ユキ華族の令嬢
  • 田中(演:栗原英雄)夫婦間の暴力を扱う法廷の裁判長
  • 東田側の弁護士(演:長谷川忍)夫の弁護人
  • 峰子側の弁護士(演:じろう)妻の弁護人
  • 東田甚太(演:遠藤雄弥)妻に暴力を振るっていた男性
  • 峰子(演:安川まり)離婚調停中に、夫に財産の返還を求める女性
  • 花岡悟(演:岩田剛典)猪爪寅子たちに優しく接する男子
  • 轟太一(演:戸塚純貴)猪爪寅こたちに敵意を見せる男子
  • 小橋浩之(演:名村辰)女子たちに罵声を浴びせていた男子
  • 稲垣雄二(演:松川尚瑠輝)小橋浩之と一緒に、女子をバカにしていた男子
  • 雲野(演:塚地武雅)猪爪寅子を指導していく弁護士
  • 小泉(演:福室莉音)佐田寅子の後輩
  • 久藤頼安(演:沢村一樹)佐田寅子を高く評価する人物
  • 神保衛彦(演:木場勝己)桂場の恩師で帝国大学教授
  • 立花幸恵(演:伊勢志摩)婦人代議士
  • ホーナー(演:ブレイク・クロフォード)優しく佐田寅子にく接するユダヤ
  • 多岐川幸四郎(演:滝藤賢一)花岡悟を侮辱する人物
  • 汐見(演:平埜生成)多岐川幸四郎のもとで働く人物
  • 道男(演:和田庵)スリの少年たちのリーダー
  • 元山すみれ(演:武田玲奈)大庭家の遺産を狙う妾
  • 大庭徹太(演:見津賢)大庭梅子の長男
  • 大庭徹二(演:掘家一希)大庭梅子の次男
  • 大庭光三郎(演:本田響矢)大庭梅子の三男
  • 大庭静子(演:於保佐代子)大庭徹太の妻
  • 茨田りつ子(演:菊地凛子別れのブルースで有名な歌手
  • 星航一(演:岡田将生)意味深な事を言う青年

ドラマ『虎に翼 第66話』のストーリー

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/5ce203bab0cb69c4c72bb2475b150e234c4728cd

佐田寅子は、マスコミから取材されるので、家庭裁判所が苦難の末に、設立したことを誇らしげに語っていました。

取材が終わると、マスコミの男性は「あの、私も、家族も、佐田さんのファンでして……サインを!」と頼み込みます。

「え?」と戸惑いますが「喜んで」と笑顔で応えますが、それは茨田りつ子のコメントが大きく関係していました。

実は、茨田りつ子は「何かお困りのご婦人がいたら、佐田寅子さんを頼って」と言ってしまったのです。

しかし、関係者たちの中には「あんまり、こういう理想ばかり言われては困る。浮かれてんじゃないよ」と文句を言う者もいました。

佐田寅子は、不満を抱きながら、夜遅くまで仕事をして、家に帰る頃には、子供が寝ていて、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

翌朝になっても、家で仕事をしていて、いつの間にか寝ていました。

弟は『仕方ないな』という感じの表情を浮かべながら「姉ちゃん起きて、姉ちゃん!」と叩き起こします。

翌朝になると、佐田優未は、何も不満を言わず、母親に、学校で何があったのか笑顔で話してくれて、思わず頬がゆるみました。

山田よねと轟太一たちは、障がい者たちに対して、身体者障がい手帳を持ったほうが良いことを力説します。

星航一が現れて、佐田寅子は一緒に仕事をすることになりますが、意味深な事を言ってくるので『すごくやりづらい』と思ってしまうのです!

身体障害者手帳で安くなる携帯電話の料金』

実は、日本の携帯電話のキャリアによっては、身体障害者手帳や携帯電話をショップに持って行き、手続きをすると料金が安くなります。

代表的な例で言えば、auでは『スマイルハート割引』というものが受けられるようになります。

スマイルハート割引とは、料金プランによって、基本料金から187〜407円まで安くなります。

参照元https://www.au.com/mobile/charge/charge-discount/smile-heart/

しかも、auや一般電話に通話した場合には通話料が50%も割引になり、他社携帯電話やPHSにかけた場合でも20%も割引になるのです。

SMS送信料金も、auや一般電話に送信した場合には送信料が50%も割引になり、他社携帯電話やPHSに送信した場合でも20%割引されます。

そのため、auユーザーが、身体障害者手帳を持っている場合には、スマイルハート割引の手続きをしたほうがお得ですね。

ただし、2024年7月時点の情報なので、注意して下さい。

ドラマ『虎に翼 第66話』の見所とまとめ

第66話では、佐田寅子が誇らしげに、家庭裁判所の設立の苦難について、語っていました。

しかし、家庭裁判所が設立する前に、いがみあっていた人間たちにとってみれば、それは余計な話であり、憤慨してしまいます。

確かに、自分たちが意地を張り合ったように思われては、迷惑だと思うのは仕方ない所です。