島木陽菜役の女優について詳しく紹介!ドラマ『科捜研の女 season24 第1話』

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken2024/

ドラマ『科捜研の女 season24 第1話』で、島木陽菜がランタンを悪用されて、殺害されてしまいました。

そこで、島木陽菜役を演じていた女優について、詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。

ドラマ『科捜研の女 season24 第1話』のキャスト

科捜研の女 season24は、2024年7月3日から放送開始されました。

制作

登場人物&俳優

科捜研の登場人物や俳優たちは、以下の通りです。

科捜研
  • マリコ(演:沢口靖子)法医担当でリーダー的存在
  • 君嶋直樹(演:小池徹平)物理担当で、ムードメーカーな存在
  • 宇佐見裕也(演:風間トオル)化学担当
  • 日野和正(演:斉藤暁)文書担当で、予算にうるさい性格
  • 加瀬淳平(演:加藤諒)会計係で、榊マリコに協力的
  • 涌田亜美(演:山本ひかる)映像データ担当で、冷静沈着な女性
京都府警察本部
その他

ドラマ『科捜研の女 season24 第1話』のストーリー

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken2024/story/0001/

科捜研に、加瀬淳平が派遣されてきましたが、科捜研がどんな鑑定をして、どれほど予算を使うのか?興味がわいて仕方ありませんでした。

そんなある日、京都市内のビジネスホテルで客や従業員たち30人以上が嘔吐(おうと)して、次々と倒れていきました。

科捜研のメンバーたちは『何事か?』と思って、すぐに臨戦態勢に入り、科学の力を使って調べようとします。

土門薫も、詳しく捜査しようと考えて、被害者の父親・佐藤剛に事情を聞こうとします。

しかし、佐藤剛は息子について、何も強い思い入れを持たず、葬儀もせず、簡単に済ませようと考えていました。

土門薫たちは、そんな父親を見て、少し呆然としてしまいますが、榊マリコは『ランタン』に注目します。

この事件の被害者の女性は、ランタンを飛ばしてから亡くなっていたので、多くのランタンを飛ばして捜査しようと思いつきます。

日野和正は『そんな事をしたら、また金がかかってしまう』と思って、大反対してしまいました。

それでも、加瀬淳平が積極的に協力しようとして、榊マリコは『心強い人が来てくれた』と喜んでしまいます。

科捜研は、大掛かりな捜査に取りかかりますが、これで、多くの人々を殺害した犯人を見つけられるのでしょうか?

『島木陽菜役の女優について詳しく紹介』

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/6bd8a01086e454f2563fbe1cb6c2e103cb99792f

島木陽菜役を演じていた女優は、豊島心桜さんという方です。

豊島心桜さんは、週刊プレイボーイの表紙をかざった事があるほど、アイドルとして活躍してきました。

テレビ東京系『君が獣になる前に』では、男性に乱暴される役で、体当たりの演技を見せて、女優としても知られるようになります。

そんな豊島心桜さんのプロフィールは、以下の通りです。

ドラマ『科捜研の女 season24 第1話』の見所とまとめ

第1話では、加瀬淳平(演:加藤諒)が科捜研に来てくれて、ますます賑やかになった感じでしたね。

多くの被害者が出たので、テロかと思いきや、犯人は意外な動機で、とんでもない事をしたという感じでした。

豊島心桜さんは、凄く綺麗な女優だなぁと思っていたら、新潟出身とは驚かされました。

もしかしたら、同じ新潟出身の馬場ふみかさんのライバルになっていくかもしれませんね。