サラ役の女優について詳しく紹介!ドラマ『新宿野戦病院 第1話』

ドラマ『新宿野戦病院』のトー横では、サラが仲間とつるんで、遊んでばかりいました。

そこで、サラ役を演じていた女優は、どんな方なのか?詳しく紹介しましょう。

ドラマ『新宿野戦病院 第1話』のキャスト

新宿野戦病院は、2024年7月3日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

ヨウコと周辺人物たち
  • ヨウコ・ニシ・フリーマン(演:小池栄子)元軍医にして医師
  • 高峰享(演:仲野太賀)美容皮膚科医
  • 南舞(演:橋本愛NPO法人『Not Alone』の新宿エリア代表
  • 岡本勇太(演:濱田岳)新宿・歌舞伎町の交番に勤務する警察官
  • 高峰啓三(演:生瀬勝久)不動産コンサルタント
  • 若井あかね(演:中井千聖)南舞の同僚
  • リツコ・ニシ・フリーマン(演:余貴美子)ヨウコの実母
聖まごころ病院

ドラマ『新宿野戦病院 第1話』のストーリー

引用:https://www.fujitv.co.jp/shinjuku-yasen/story/story01.html

南舞は、新宿・歌舞伎町の魅力を世界にアピールしようと考えて、動画配信を続けていました。

そんな時に、お酒に酔っ払った女性と遭遇してしまい、動揺してしまいます。

ホストのマモルは大量出血してしまい、病院へ緊急搬送されるハズでしたが、医師不足で、どこにも受け入れてもらえません。

そこで、聖まごころ病院に搬送される事になってしまうと「あんな所へ行くぐらいなら」と騒ぎ始めてしまいました。

聖まごころ病院では、次々に患者が搬送されていきますが、医師たちはやる気のない者たちばかりで「拒否で」と突っぱね用とします。

経理担当の白木愛は、そんな医師たちの要求に耳を貸さず、次々に患者を受け入れていきます。

高峰享は「俺は、外科医じゃないんだよ」と愚痴をこぼしますが、南舞を見て驚いてしまいます。

なぜなら、南舞は凄く美しい女性なのに、歌舞伎町で、割の合わないNPO法人をしていたからです。

『なんで、あれだけ美人なのに、そんな事をしているんだ?』と理解に苦しんでしまいます。

歌舞伎町で、発泡事件が起きてしまい、再び、 聖まごころ病院に患者たちが運ばれてきます。

高峰享は治療を拒もうとしますが、元軍医のヨウコ・ニシ・フリーマンは、荒っぽいオペで、救おうとするのです!

『マモルの恋人・サラ役の女優について詳しく紹介』

引用:https://www.horipro.co.jp/natsumetowa/

サラ役を演じている女優は、夏目透羽さんという方です。

夏目透羽さんは、大手の芸能事務所『ホリプロ』に所属していて、ボーイッシュな感じがして、中性的な魅力がある方です。

女優としては、まだスタートしたばかりの方ですが、ホリプロに所属している事から、これから多くの映画やドラマに出演しそうですね。

そんな夏目透羽さんのプロフォールは、以下の通りです。

  • 名前:夏目透羽
  • 趣味:料理・もんじゃを焼く事
  • 特技:ピアノ
  • 身長:157cm
  • 出身地:埼玉県
  • 生年月日:2004年6月14日

ドラマ『新宿野戦病院 第1話』の見所とまとめ

引用:https://www.fujitv.co.jp/shinjuku-yasen/

第1話では、実力派俳優の仲野太賀さんや、橋本愛さんたちが出演していましたが、かなりハイテンションな人物たちばかりでした。

ぶっ飛んだ感じがするので、この辺りは個人差があるので、視聴率が高くなるのか?下がっていくのか?興味深い所です。

NPO法人は立派な仕事ですが、高峰享のように、損得勘定で動く人間には、割の合わない仕事にしか見えないのでしょう。