アメリカで訴訟が多い理由を詳しく紹介!朝ドラ『虎に翼 第71話』

引用:https://www.nhk.jp/p/toranitsubasa/ts/LG372WKPVV/

朝ドラ『虎に翼 第71話』では、アメリカで訴訟が多い話題でもちきりでしたが、それは現代でも同じです。

なぜ、アメリカでは日本よりも、訴訟が多いのか?その理由について詳しく紹介しましょう。

ドラマ『虎に翼』のキャスト

虎に翼は、2024年4月1日から放送開始されました。

演出

  • 梛川善郎
  • 安藤大佑
  • 橋本万葉

登場人物&俳優

  • 猪爪寅子-佐田寅子(演:伊藤沙莉)三淵嘉子をモデルにした人物
  • 佐田優未(演:竹澤咲子)佐田寅子の娘
  • 猪爪はる(演:石田ゆり子)猪爪寅子の母親
  • 猪爪直言(演:岡部たかし)猪爪寅子の父親
  • 猪爪直道(演:上川周作)猪爪寅子の兄
  • 猪爪直明(演:三山凌輝)猪爪寅子の弟
  • 米谷花江(演:森田望智)猪爪寅子の同級生
  • 佐田優三(演:仲野太賀)猪爪家に下宿する書生
  • 山田よね(演:土居志央梨)男装をする女性
  • 桜川涼子(演:桜井ユキ華族のお嬢さま
  • 大庭梅子(演:平岩紙)猪爪寅子の同級生で、汐見の妻
  • 崔香淑(演:ハ・ヨンス)朝鮮からの留学生
  • 轟太一(演:戸塚純貴)法学部で猪爪寅子と知り会う男子
  • 花岡悟(演:岩田剛典)社交的な男性
  • 小高奈津子(演:古畑奈和)花岡悟の婚約者
  • 桂場等一郎(演:松山ケンイチ)司法の独立を重視する裁判官
  • 穂高重親(演:小林薫)猪爪寅子の恩師
  • 桜川寿子(演:筒井真理子)桜川涼子の母親
  • 大庭梅子(演:平岩紙)猪爪寅子の同級生
  • 大庭徹男(演:飯田基祐)大庭梅子の妻
  • 大庭光三郎(石塚陸翔)大庭梅子の三男
  • 桜川侑次郎(演:中村育二)桜川涼子の父親
  • 笹山(演:田中要次笹寿司の主人であり寿司職人
  • 竹中次郎(演:高橋努)新聞記者
  • 久保田聡子(演:小林涼子)猪爪寅子の先輩
  • 中山千春(演:安藤輪子)久保田聡子と同じ女子学生
  • 雲野六郎(演:塚地武雅)雲野法律事務所の代表
  • 星航一(演:岡田将生)温和な性格をした裁判官
  • 汐見圭(演:平埜生成)家庭裁判所の設立に尽力する人物
  • 稲(演:田中真弓)米谷家で働く女中
  • 久藤頼安(演:沢村一樹)猪爪寅子に協力的な人物
  • 多岐川幸四郎(演:滝藤賢一)猪爪寅子の上司
  • 横山太一郎(演:藤森慎吾)猪爪寅子に怒ってしまう見合い相手
  • 桜川涼子(演:桜井ユキ華族の令嬢
  • 田中(演:栗原英雄)夫婦間の暴力を扱う法廷の裁判長
  • 東田側の弁護士(演:長谷川忍)夫の弁護人
  • 峰子側の弁護士(演:じろう)妻の弁護人
  • 東田甚太(演:遠藤雄弥)妻に暴力を振るっていた男性
  • 峰子(演:安川まり)離婚調停中に、夫に財産の返還を求める女性
  • 花岡悟(演:岩田剛典)猪爪寅子たちに優しく接する男子
  • 轟太一(演:戸塚純貴)猪爪寅こたちに敵意を見せる男子
  • 小橋浩之(演:名村辰)女子たちに罵声を浴びせていた男子
  • 稲垣雄二(演:松川尚瑠輝)小橋浩之と一緒に、女子をバカにしていた男子
  • 雲野(演:塚地武雅)猪爪寅子を指導していく弁護士
  • 小泉(演:福室莉音)佐田寅子の後輩
  • 久藤頼安(演:沢村一樹)佐田寅子を高く評価する人物
  • 神保衛彦(演:木場勝己)桂場の恩師で帝国大学教授
  • 立花幸恵(演:伊勢志摩)婦人代議士
  • ホーナー(演:ブレイク・クロフォード)優しく佐田寅子にく接するユダヤ
  • 多岐川幸四郎(演:滝藤賢一)花岡悟を侮辱する人物
  • 汐見(演:平埜生成)多岐川幸四郎のもとで働く人物
  • 道男(演:和田庵)スリの少年たちのリーダー
  • 元山すみれ(演:武田玲奈)大庭家の遺産を狙う妾
  • 大庭徹太(演:見津賢)大庭梅子の長男
  • 大庭徹二(演:掘家一希)大庭梅子の次男
  • 大庭光三郎(演:本田響矢)大庭梅子の三男
  • 大庭静子(演:於保佐代子)大庭徹太の妻
  • 茨田りつ子(演:菊地凛子別れのブルースで有名な歌手
  • 星朋彦(演:平田満)初代最高裁判所長官
  • 星航一(演:岡田将生)意味深な事を言う青年
  • 梶山裕司(演:菟田高城)フランス人の女性と離婚しようとする男性
  • 梶山ルイーズ(演:太田緑ロランス)梶山裕司の妻
  • 梶山栄二(演:中本ユリス)梶山夫婦の息子

ドラマ『虎に翼 第71話』のストーリー

引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/07/08/gazo/20240415s00041000478000p.html#goog_rewarded

佐田寅子は、アメリカ合衆国では、調査員が多い事を報告すると、多岐川幸四郎は『やはり、調査員を増やさねば』と意気込みます。

しかし、桂場等一郎から「多岐川さんは人材が湯水のようにわき出るとお思いで?」と指摘されました。

久藤頼安は「確かに、今はどこも人材不足だから」とぼやきますが「それでも、人材確保するのが、あんたらの仕事だろうが」と怒ってしまいます。

猪爪家では、佐田寅子たちが帰る時間になると、子供たちが勉強する振りをしようとします。

猪爪直明は「何も、勉強するフリをしなくても」と言いますが「いいの、寅ちゃんは、こういう事をすると喜ぶから」と答えてしまいました。

そこに、佐田寅子が帰ってきて「おりこうにしていた?」と聞くと「うん、勉強をして、花江さんの手伝いをしてたいよ」と教えられます。

その言葉を聞いたら、喜びますが、今度はマスコミが「あなたは、ご婦人の希望の星だから、取材させてくれないか?」と頼み込みます。

竹中次郎は、今はフリーの記者になりましたが、命の恩人とも言える人物なので、その取材を受ける事になりました。

しかし、竹中次郎は佐田寅子があまり料理ができないので「普段は、していないのでは?」と指摘してしまいます。

ようやく取材が終わりますが、猪爪家では大きな変化が起きていました。

それは、子供たちは佐田寅子の前だけはおりこうにして、米谷花江の前ではのびのびとするようになっていたのです。

米谷花江は、佐田寅子がロクに片付けもしない有様を見て、複雑な表情を浮かべてしまいます。

もはや、猪爪家にたまっている不満という名の風船は、ふくらみつづけていて、いつ破裂してもおかくしない状況でした。

はたして、猪爪家は、今後どうなってしまうのでしょうか?

アメリカで訴訟が多い理由』

アメリカで訴訟が多い理由は、賠償金が日本や欧州に比べて、高い事があげられます。

もしも、日本のように賠償額が少なければ『訴えて勝ったとしても、このぐらいの金額では』と思いがちです。

しかし、アメリカのように莫大な賠償金をもらえれば、裁判でお金がかかったとしても、訴えてやるという事になってしまいます。

参照元https://www.door-kigyouhoumu.net/mailmagazine/6

以前、ダチョウ倶楽部で「訴えてやる!」という一発芸が人気になりましが、日本は、そう簡単に訴えられないのが実情です。

このように、アメリカは訴訟大国となったので、猫を電子レンジで乾かそうとしたら、死んでしまったので、訴訟を起こした話まであります。

これは、おばあちゃんが説明書に『猫を入れてはいけない』と書いてあったから、入れたのに、猫が死んだと訴えたのです。

おばあちゃんは、水で濡れた猫を乾かしたかっただけのようでした。

参照元https://nekochan.jp/column/article/4357#goog_rewarded

その結果、おばあさんは裁判に勝ち、賠償金を手に入れたという訳ですが、さすがにこれは都市伝説です。

しかし、そのような都市伝説が生まれるほど、アメリカは訴訟大国になっている訳なんですね。

ドラマ『虎に翼 第71話』の見所とまとめ

第71話でも、猪爪家の不協和音が生じていますが、それでも米谷花江がジッと耐えている感じでしたね。

こうしてみると、女性によっては、不満があってもずっと我慢しているので、にぶい人間にとっては、何も問題がないように思ってしまいます。

もしかしたら、男女が分かれてしまう場面と、似ているのかもしれません。

そういった事を考えたら、男性は佐田寅子のようにならないように、気をつけたほうがいいですね。