百瀬弥生が南雲海の母親になりたいと思った理由を紹介!ドラマ『海のはじまり 第2話』

ドラマ『海のはじまり 第2話』では、百瀬弥生が南雲海の母親になりたい言って、彼氏から「ありがとう」と感謝をされます。

なぜ、百瀬弥生は南雲海の母親だったら、なっても良いと思ったのか?詳しく紹介しましょう。

ドラマ『海のはじまり 第2話』のキャスト

海のはじまりは、2024年7月1日から放送開始されました。

脚本&演出

  • 脚本:生方美久
  • 演出:風間太樹&&髙野舞&ジョン・ウンヒ

登場人物&俳優

  • 月岡夏(演:目黒蓮)元カノに自分の子供がいた事を知ってしまう男性
  • 百瀬弥生(演:有村架純)月岡夏と交際中の恋人
  • 月岡大和(演:木戸大聖)月岡夏の異父弟
  • 月岡和哉(演:林泰文)月岡夏の継父
  • 月岡ゆき子(演:西田尚美)月岡夏の母
  • 南雲水季(演:古川琴音)月岡夏の元カノ
  • 南雲海(演:泉谷星奈)南雲水季の娘
  • 南雲朱音(演:大竹しのぶ)南雲水季の母
  • 南雲翔平(演:利重剛)南雲朱音の夫
  • 津野晴明(演:池松壮亮)南雲水季の職場の同僚

ドラマ『海のはじまり 第2話』のストーリー

月岡夏の家に、いきなり南雲海がやってきたので、戸惑ってしまいますが、百瀬弥生が来てくれて、相手をしてくれました。

「お姉ちゃんと一緒に遊んでくれる?」「うん」

南雲海は、元気に返事をして、二人でめいいっぱい遊んだあとに、南雲朱音が迎えにやってきて「すいませんでした」と謝ります。

二人が去った後に、百瀬弥生から「それで、海ちゃんとは、どういう関係?」と言われるので、今までの事を話し始めました。

「それは仕方ないよ。だって、子供を妊娠していたって知らなかったんでしょう?」

そう言われると、言葉がのどにつまってしまい、本当は元カノが妊娠した事をしっている状況で、別れてしまった事を言えませんでした。

南雲海は、祖母から「今度からは、勝手に一人で出かけてはいけない」と言われたので、今度は断ってから、月岡夏に会おうとします。

南雲朱音は「あのね、断ったら、行っても良いという訳ではないのよ?」とやんわりと指摘しますが、月岡夏と会わせようとします。

しかし、月岡夏は、彼女にしっかりと全てを説明してから、海と会おうと考えました。

百瀬弥生と再び会って、実は妊娠していた事を知って、相手の意思が強くて、中絶する事に同意した事を打ち明けました。

実は、百瀬弥生も以前に、元彼と似たような事をした時があり、同意書を書かせた事があったのです。

百瀬弥生は色々と考えて、あとになって電話をかけて「自分が海ちゃんの母親になれるのか?選択肢に入れといて」と頼みます。

月岡夏は「ありがとう」とお礼を言いますが、二人で海を育てる事ができるのでしょうか?

『百瀬弥生が南雲海の母親になりたいと思った理由』

百瀬弥生が南雲海の母親になりたいと思ったのは、自分が以前に付き合っていた子供を中絶した事が関係しているのでしょう。

自分は、子供をおろしたことをあまり考えようとしていなかったのに、彼氏が「俺が子供を殺しちゃったんじゃないか」と言われてしまいました。

おそらく、その時、自分は新しい生命を殺してしまったんだという罪の意識から、海の母親になってあげたいと思ったはずです。

もちろん、好きな彼氏の子供であり、純粋で真っ直ぐそうな少女だからという事も、母親になりたい理由になったのでしょう。

ドラマ『海のはじまり 第2話』の見所とまとめ

引用:https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/

第2話では、月岡夏がついに恋人に打ち明けましたが、百瀬弥生も似たような事があったとは驚かされましたね。

百瀬弥生が、海の母親になれるのか?選択肢に入れるように頼んだのは、自分が子供を産めなかった事の贖罪があるのかもしれません。

しかし、母親になろうとは思っても、あの祖母は少し意地悪そうな所があるので、大丈夫なのか?心配ですね。