AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


里崎健一郎(小堺一機)が疑わしきは罰せずと言った理由!ドラマ『女神の教室 第1話』

ドラマ『女神の教室 第1話』で、里崎健一郎(小堺一機)が「疑わしきは罰せず」と言ってしまう必要が何故あるのか?詳しく紹介します。

ドラマ『女神の教室 第1話』のキャスト

女神の教室は、2023年1月9日から放送開始されました。

監督&脚本&監修

登場人物&俳優

  • 柊木雫(演:北川景子)青南大学法科大学院へ教員として派遣された裁判官
  • 藍井仁(演:山田裕貴)司法試験のノウハウばかりを教える研究家教員
  • 里崎健一郎(演:小堺一機)教務主任
  • 守宮清正(演:及川光博)学院長
  • 照井雪乃(演:南沙良)柊木雫に厳しく当たる生徒
  • 真中信太郎(演:高橋文哉)弱者を救う弁護士の理想を掲げる生徒
  • 桐矢純平(演:前田旺志郎)多くの人間に優しく接する男子
  • 水沢拓磨(演:前田拳太郎)孤立しがちな生徒
  • 天野向日葵(演:河村花)自分の才能を諦めがちな女子
  • 安藤麻理恵(演:佐藤仁美)弁護士
  • 横溝太一(演:宮野真守東京地検公判部所属に所属する検察官
  • 風見颯(演:尾上松也)警視庁捜査一課の刑事

ドラマ『女神の教室 第1話』のストーリー

柊木雫は、裁判官として働いていたのに、いきなり青南大学法科大学院の教員を務めるようにと言われてしまうので「それは兼任という事でしょうか?」と聞きますが「いえ、専任です」

「そうですかぁ」と返事してしまいますが、一人になった時に眉間にシワを寄せて、いらだってしまいます。

青南大学法科大学院で、裁判とは何か?その実技を教えようとしますが、生徒の照井雪乃から試験に受かるための講義をして下さいと言われてしまい「そ、そう?」と戸惑ってしまいました。

他の生徒たちも、試験に合格して法律家になる事が最優先であり、余計な知識はいらないと考えていたのです。

少し孤立しがちでしたが、桐矢純平は「皆んなの事を悪く思わないで下さい、必死なんですよ」と教えられます。

そんなある日、生徒たちが実技で模擬裁判を行う事になり、エリートの照井雪乃や真中信太郎たちが検察側となり、落ちこぼれと思われていた桐矢純平・天野向日葵たちが、水沢拓磨とタッグを組む事になりました。

天野向日葵が被告となり、桐矢純平・水沢拓磨たちが弁護人を務める事になります。

被告人は夫からDVを振るわれていて、刺殺してしまった事から、正当防衛できるかどうか?そこが争点となるハズでした。

しかし、柊木雫の話を聞いていくうちに、3人の中で何か変化が起き始めて、被告人の心に寄り添い、関係者たちと何があったのか?調べはじめます。

はたして、落ちこぼれと思われていた生徒たちが、エリートたちに目にものを見せる事ができるのでしょうか?

『里崎健一郎(小堺一機)が疑わしきは罰せずと言った理由』

日本の裁判では『疑わしきは罰せず』という言葉を大事にしていますが、そんな事を大事にしていたら、被告人を罰する事ができなくなってしまいます。

それでも、明確な証拠がない限りは、罰してはいけないと決めているのは、冤罪を防ぐためです。

参照元https://www.potato.ne.jp/shirakaba/hkeizai/28.html

被告人を取り逃がす可能性も高まりますが、それ以上に無実の人間を犯罪者にしないために、里崎健一郎(小堺一機)が「疑わしきは罰せず」と言う必要があったのです。

ドラマ『女神の教室 第1話』の見所とまとめ

引用:https://www.fujitv.co.jp/themis/

第1話では、南沙良さんが予想以上に突っかかる演技をして、驚かされました。演技とは言え、北川景子さんが可愛そうだなとは思っていましたが、南沙良さんの演技力の高さをまざまざと見せつけられる内容でした。

里崎健一郎(小堺一機)が「疑わしきは罰せず』と言った言葉は、有名であり、やはり冤罪を防がなくてはいけません。

そして、藍井仁役の山田裕貴さんと、北川景子さんの対決も見応えがあり、もしかしたら2023年冬ドラマで一番面白い作品かもしれませんね。