ドラマ-サスペンス

ドラマ『13(サーティーン)』の全話のストーリーと見所

幼い少女が13年間も監禁されていたというショッキングなサスペンスドラマ『13(サーティーン)』の全話のストーリーや見所などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

相川麻美と相川宗一ではどっちが素晴らしい親?ドラマ『13 第4話』

ドラマ『サーティーン 第4話(最終話)』では、 相川百合亜(演:桜庭ななみ)が家に帰ってから、母の相川麻美と父の相川宗一が、それぞれ問題のある親という事が分かりました。そこで、父と母ではどちらのほうが素晴らしい親か検証してみました。

相川百合亜の母のだらしなさが事件の引き金?ドラマ『13 第3話』

ドラマ『13(サーティーン)第3話』では、相川百合亜(桜庭ななみ)が誘拐された事件の引き金をひいたのは、何と母親である事が分かってしまうので、詳しく紹介しましょう。

日置歩(井上祐貴)の優しさは見せかけのもの?ドラマ『13 第2話』

ドラマ『13(サーティーン)第2話』では、日置歩(演:井上祐貴)の優しさが見せかけのものだったので、詳しく紹介しましょう。

相川千帆(石川瑠華)は史上最悪の妹?ドラマ13 第1話

ドラマ『13(サーティーン)第1話』では、姉が13年もの長い間に渡って監禁されていたのに、妹の相川千帆(演:石川瑠華)が最低な接し方をしてくるので、詳しく紹介しましょう。