ドラマ-大河-2020年代

藤原兼家が仮病を思いつく事ができた理由を紹介!大河ドラマ『光る君へ 第8話』

大河ドラマ『光る君へ 第8話』で、藤原兼家が仮病を思いつくことができた理由について、詳しく紹介しています。

打毬の発祥の国はどこなのか詳しく紹介!大河ドラマ『光る君へ 第7話』

大河ドラマ『光る君へ 第7話』で打毬が行われますが、打毬の発祥の国はどこなのか?詳しく紹介しています。

紫式部と清少納言の仲が悪いのは本当なのか紹介!大河ドラマ『光る君へ 第6話』

大河ドラマ『光る君へ 第6話』では、ついに紫式部と清少納言が出会いますが、二人は仲が悪かったのか?詳しく紹介しています。

藤原詮子(吉田羊)の「奥の手」とは何か詳しく紹介!大河ドラマ『光る君へ 第5話』

大河ドラマ『光る君へ 第5話』で、藤原詮子(演:吉田羊)の奥の手とは何か?詳しく紹介しています。

師貞親王が女好きというのは史実通り?大河ドラマ『光る君へ 第4話』

大河ドラマ『光る君へ 第4話』では、師貞親王が女好きという噂がありましたが、これは史実通りなのか?ブログで詳しく紹介しています。

『へんつぎ』のルールには3つの説があった!大河ドラマ『光る君へ 第3話』

大河ドラマ『光る君へ 第3話』では、姫たちが『へんつぎ』で遊びますが、へんつぎのルールは3つの説があったので、詳しく紹介しましょう。

まひろが代筆で6年前の不幸を忘れられた理由!大河ドラマ『光る君へ 第2話』

大河ドラマ『光る君へ 第2話』では、まひろが代筆をしていれば、6年前の不幸を忘れられる理由について、紹介しましょう。

ちやは(国仲涼子)は藤原道兼に殺された訳ではない?大河ドラマ『光る君へ 第1話』

ドラマ『光る君へ 第1話』で、ちやは(国仲涼子)が藤原道兼に殺されたのは本当なのか?詳しく紹介しています。

徳川家光が白兎を描けた理由を詳しく紹介!大河ドラマ『どうする家康 第48話』

大河ドラマ『どうする家康 第48話』では、なぜ徳川家光が、祖父・家康が白兎と知っていたのか?詳しく紹介しています。

千姫が「徳川を倒しましょう」と言った時の気持ちを紹介!大河ドラマ『どうする家康 第47話』

大河ドラマ『どうする家康 第47話』では、千姫が「徳川を倒しましょう」と言いましたが、それは本音だったのか?詳しく紹介しています。

徳川家康は大筒が大阪城の本丸を直撃するとは予想していなかった!大河ドラマ『どうする家康 第46話』

大河ドラマ『どうする家康 第46話』では、徳川家康は大筒が大阪城の本丸を直撃しないと思っていた可能性があったので、その理由について詳しく紹介しています。

二条城の豊臣秀頼は愚かだった理由を紹介!大河ドラマ『どうする家康 第45話』

大河ドラマ『どうする家康 第45話』で、豊臣秀頼が二条城に姿を見せますが、余りにも愚かな事をしたので、詳しく紹介しています。

豊臣秀頼が19歳になるまで徳川家康が動かなかった理由!大河ドラマ『どうする家康 第44話』

大河ドラマ『どうする家康 第44話』で、徳川家康は、豊臣秀頼が19歳になるまで、動こうとしなかったのか?その理由について詳しく紹介しましょう。

毛利輝元が関ヶ原へ参陣しなかった3つの理由を紹介!大河ドラマ『どうする家康 第43話』

大河ドラマ『どうする家康 第43話』では、毛利輝元が、なぜ関ヶ原へ参陣しなかったのか?その理由を3つまで紹介しています。

もう一つの蜘蛛の巣とは何か詳しく紹介!大河ドラマ『どうする家康 第42話』

大河ドラマ『どうする家康 第42話』で、石田三成が関ヶ原に指をさして「もう一つの蜘蛛の巣を張っておく」と言ったので、もう一つの蜘蛛の巣が何か?詳しく紹介しています。

石田三成が斬首されるのに干し柿を食べなかった理由!大河ドラマ『どうする家康 第41話』

大河ドラマ『どうする家康』石田三成は斬首されるのに、干し柿を食べようとしなかったので、その理由について紹介しましょう。

上杉景勝が石田三成に接近したのはある家臣が関係!大河ドラマ『どうする家康 第40話』

大河ドラマ『どうする家康 第40話』では、五大老の一人、上杉景勝が石田三成に接近するのは、ある家臣が関係していたので、詳しく紹介しています。

伝酒井の太鼓が創作だった理由を紹介!大河ドラマ『どうする家康 第39話』

大河ドラマ『どうする家康 第39話』で、伝酒井の太鼓の話が説明されていましたが、この太鼓が実は偽物だった事が判明したので、なぜ偽物と分かったのか詳しく紹介しています。

茶々が生んだ子供の父親が誰なのか紹介!大河ドラマ『どうする家康 第38話』

大河ドラマ『どうする家康 第38話』では、茶々が新たに子供を産みましたが、その父親は豊臣秀吉以外の可能性が高いので、誰が父親なのか?詳しく紹介しています。

西笑承兌(でんでん)の忠義で朝鮮との戦いが長引いた!大河ドラマ『どうする家康 第37話』

大河ドラマ『どうする家康 第37話』では、西笑承兌(でんでん)が登場しましたが、この人物の忠義のせいで、朝鮮との戦いが長引いてしまったので、その理由について紹介しています。

於愛の方の前の夫・西郷義勝について詳しく紹介!大河ドラマ『どうする家康 第36話』

大河ドラマ『どうする家康 第36話』で、於愛の方の前の夫・西郷義勝が登場しますが、西郷義勝はどのような武将だったのか?詳しく紹介しています。

稲姫(鳴海唯)が真田昌幸に逆らっても笑われた理由を紹介!大河ドラマ『どうする家康 第35話』

大河ドラマ『どうする家康 第35話』で、稲姫がいよいよ真田家に嫁ぎますが、のちに真田昌幸に逆らっても、笑われた事があったので、なぜ笑われたのか?詳しく紹介しています。

秀吉の母が人質になっても戦を無くさないのは豊臣家に弱点があった為!大河ドラマ『どうする家康 第34話』

大河ドラマ『どうする家康 第34話』で、豊臣秀吉が母さえも人質に出しておきながら、戦を無くそうとしなかったのは、豊臣家の弱点があった為であり、この弱点について紹介しています。

於義伊(おぎい)が徳川家康の後継者になれなかった理由!大河ドラマ『どうする家康 第33話』

大河ドラマ『どうする家康 第33話』で、徳川家康の次男・於義伊(おぎい)が、後継者になれなかった理由について紹介しています。

羽柴秀吉が三河中入りという危険な策を採用した5つの理由!大河ドラマ『どうする家康 第32話』

大河ドラマ『どうする家康 第32話』で、羽柴秀吉は危険を承知で、なぜか三河中入りという危険な策を採用しますが、それには5つの理由があったので、詳しく紹介しています。

石川数正の妻・鍋(木村多江)のお陰で天下の名城が出来た!大河ドラマ『どうする家康 第31話』

大河ドラマ『どうする家康 第31話』で、石川数正の妻・鍋(木村多江)が登場しますが、この鍋や石川家のお陰で、ある名城が出来上がるので詳しく紹介します。

清洲会議で丹羽長秀が羽柴秀吉に味方した理由は保身ではない!大河ドラマ『どうする家康 第30話』

大河ドラマ『どうする家康 第30話』で、清洲会議で、丹羽長秀が羽柴秀吉の味方をした理由は、保身ではなかったので詳しく紹介しています。

百地丹波(嶋田久作)は豊富秀吉を苦しめた男の師匠だった!大河ドラマ『どうする家康 第29話』

大河ドラマ『どうする家康 第29話』では、百地丹波(嶋田久作)が登場しました。実は、百地丹波は豊臣秀吉を苦しめた男の師匠だったので、詳しく紹介しています。

津田宗及たち堺の豪商が金持ちになった3つの理由を紹介!大河ドラマ『どうする家康 第28話』

大河ドラマ『どうする家康 第28話』で、津田宗及たち堺の豪商たちが、なぜ巨万の富を築いていたのか?その理由を3つまで紹介します。

乱世を鎮めるよりも太平の世を築くほうが難しい理由!大河ドラマ『どうする家康 第27話』

大河ドラマ『どうする家康 第27話』で、織田信長が「乱世を鎮めるよりも、太平の世を築くほうが難しい」と言っていたので、その理由について紹介します。