AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


田中福男(八嶋智人)が禁断の行為で技師から軽蔑される?ドラマ『ラジエーションハウス2 第9話』

ドラマ『ラジエーションハウス2 第9話』では、田中福男(八嶋智人)が禁断の行為を働いてしまい、放射線技師たちから軽蔑されるので、どんな事をしたのか紹介します。

ドラマ『ラジエーションハウス2 第9話』のキャスト

ラジエーションハウス  第2シリーズは、フジテレビ系列で、2019年4月8日〜6月17日の間に放送されました。

脚本&原作

登場人物&俳優

  • 五十嵐唯織(演:窪田正孝)好きな人のために放射線技師になった男性
  • 甘春杏(演:本田翼)幼馴染の五十嵐唯織を忘れてしまった女医
  • 広瀬裕乃(演:広瀬アリス)五十嵐唯織と同期の放射線技師
  • 小野寺俊夫(演:遠藤憲一放射線技師長
  • 黒羽たまき(演:山口紗弥加)技師長を何とも思わない部下
  • 軒下五郎(演:浜野謙太)女好きの放射線技師
  • 威能圭(演:丸山智己)口数が少なくて冷静な放射線技師
  • 悠木倫(演:矢野聖人)五十嵐唯織を認める放射線技師
  • 田中福男(演:八嶋智人放射線技師としてわきまえようとする人物
  • 辻村駿太郎(演:鈴木伸之)技師に対しての対応を変えた医師
  • 鏑木安富(演:浅野和之放射線技師の再就職をサポートする医師
  • 大森渚(演:和久井映見)甘春総合病院の元院長
  • 灰島将人(演:髙嶋政宏)甘春総合病院の新院長
  • 幸子(演:猫背椿)田中福男の元妻
  • 山田福造(演:石井正則)医療メーカーの営業マン
  • ボヌール(演:厚切りジェイソン)幸子の再婚相手

ドラマ『ラジエーションハウス2 第9話』のストーリー

田中福男は、自分の名前に『福』と付けてもらえたのに、運が悪く就職したばかりの会社がリストラされてしまい、妻にも見捨てられてしまって散々な人生でした。

それでも、めげずに、医者に自分の技術を売りもうとしたら「そんな事をする暇があれば、基礎こそ身につけて欲しいものだな」とけなされてしまうのです。

五十嵐唯織は「大丈夫ですか?」と声をかけようとしたら、田中福男は電話の着信に気付いて「えぇ」と驚いて走り去ってしまいます。

そこに医療メーカーの営業マン 山田福造が、自社の医療道具を販売しようとしたら、全く相手にされず、落ち込みながら帰っていきました。

外では、田中福男が元妻から「再婚する事になりました、今度こそ幸せになります」と連絡がきて「今度こそって」と力なくつぶやいていました。

山田福造は、自分と同じく不幸な人生に陥っていた田中福男と知り合って「もし良ければ、うちの実家の寿司屋で一緒に働いてみませんか?」と誘ってみたら「それは良いかもしれません」と意気投合しかけました。

ところが、田中福男が職場に戻ったら、秘密のノートを拾われてしまって、同僚や先輩たちから毛嫌いされてしまったのです。

田中福男は「いいですよ、みなさんから嫌われたって、私はもう技師を辞めて、寿司職人になるつもりなんで」と開き直ってしまいます。

技師たちは「冗談でしょ?」と呆れ果ててしまいますが、そんな時に山田福造の耳の検査をする事になってしまいます。

しかし、耳が聞こえづらくなっている原因が判明できなくて、田中福男は「やっぱりストレスなんじゃないですか、そりゃそうですよ」と世知辛い世の中を嘆いてしまいました。

はたして、五十嵐唯織たちは山田福造の耳の症状を改善できるのでしょうか?

『田中福男(八嶋智人)が働いた禁断の行為』

田中福男(八嶋智人)は、ラジエーションハウスのゴシップニュースをノートにメモをしていましたが、そのノートをある場所に置き忘れてしまって、鏑木安富に拾われてしまいます。

鏑木安富は、ラジエーションハウスまでやってきて「皆さんのゴシップニュースが書かれていますよ。書いたのは田中くんです」と打ち明けられます。

放射線技師たちは、何が書いてあるんだ?と思ったら、広瀬裕乃が五十嵐唯織に片思いしている事や、軒下五郎が婚活に800万円も費やしている事まで書かれていて、技師長がデベソである事や黒羽たまきは元ヤンキーなど、ただの悪口もありました。

これには、放射線技師たちが激怒して、詰め寄りますが、まぁ当然ですよね(苦笑)。不幸中の幸いだったのは、広瀬裕乃が片思いをしている内容について、五十嵐唯織に知られなかった事ですね。

ドラマ『ラジエーションハウス2 第9話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220322205125p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/index.html

第9話は、少し重要度が高くない感じのストーリーでしたが、たまには良いのかもしれません。

それにしても、職場のゴシップニュースをメモするのは、さすがに悪趣味ですね。トレンドブログの場合であれば、多少のゴシップ記事を書かなくてはアクセスを増やせませんが、そのようなブログにならないように注意したい所です。