秀島修平(田中樹)のような選手が拍手された事がある?ドラマ『オールドルーキー 第3話』

ドラマ『オールドルーキー 第3話』で登場した秀島修平(田中樹)のような選手が、日本の空港で、実際に拍手された事があったので詳しく紹介します。

ドラマ『オールドルーキー 第3話』のキャスト

オールドルーキーは、2022年6月26日から放送開始されました。

企画&演出

登場人物&俳優

  • 新町亮太郎(演:綾野剛)日本代表の元サッカー選手
  • 新町果奈子(演:榮倉奈々)新町亮太郎の妻
  • 糸山留美(演:生田絵梨花)新町果奈子の妹
  • 新町泉実(演:稲垣来泉)新町亮太郎の長女
  • 新町明紗(演:泉谷星奈)新町亮太郎の次女
  • 高柳雅史(演:反町隆史)ビクトリーの社長
  • 深沢塔子(演:芳根京子)ビクトリーの若手社員
  • 城拓也(演:中川大志)高学歴の若手社員
  • 真崎かほり(演:岡崎紗絵)社長秘書ですが、新町亮太郎を蔑む
  • 梅屋敷聡太(演:増田貴久)ビクトリーのエース社員
  • 葛飾五郎(演:高橋克実)事なかれ主義のベテラン社員
  • 秀島修平(演:田中樹)マラソン界のエース

ドラマ『オールドルーキー 第3話』のストーリー

深沢塔子や新町亮太郎たちは、日本のマラソン界のエース 秀島修平を担当する事になりますが、このエースは「日本記録を更新して優勝する」と言い切ってしまい、マスコミから注目されます。

ところが、大会が始まったら、まだまだゴールが遠かったのに、ペースをあげすぎてしまい、途中で失速していき、結果的に1位から10位にまでさがって終わってしまいました。

茫然自失になってしまいますが、深沢塔子は「マスコミが待っています、出て説明をして下さい」と頼み込みます。新町亮太郎は「いや、でも。今の状態では」と心配しますが、深沢塔子が推される形で秀島修平は記者会見する事になります。

しかし、マスコミから「優勝するって言いましたよね?」「ペースを上げるのが早かったんじゃないすか!」「なんで負けたんですか」と矢継ぎ早に批判されてしまって、思わずブチギレてしまったのです。

秀島修平は、高柳雅史に「ビクトリーは辞めなくてもいいけど、担当を深沢塔子さんから、新町亮太郎さんに替えて下さい」と言い放ってしまい、新町亮太郎は『俺じゃ、無理だ』と思ってしまいます。

しかし、高柳雅史は「秀島君は君を指名したんだ。上手くやれば、正社員にする」と言うので、何とか、マネジメントしようとしますが上手くいきませんでした。

新町亮太郎は、なんとか秀島修平を説得して、再び深沢塔子が指名される事になりますが、深沢塔子は「私じゃ無理です。アスリートの気持ちにはアスリートにしか分かりません」と断ってしまいます。

はたして、秀島修平は、どうなってしまうのでしょうか?

『秀島修平(田中樹)のような選手が拍手された事がある』

秀島修平(田中樹)は、ビックマウスと批判された事がありますが、本田圭佑選手もビックマウスと批判された事がありました。

それほどの選手がいても、国際試合に負けた事があって、日本の空港ではマスコミが待ち構えていました。

しかし、本田圭佑選手にも色々なスケジュールがあったのでしょうか?日本の空港には本田圭佑選手が現れる事がありません。

そんな時に、マスコミから批判覚悟の上で現れたのが大久保嘉人選手でした。

かつて空港に姿を現したJリーガーの顔に水をかけた事件もあったので、恐らく批判される事を覚悟の上で現れたのでしょう。この時は幸いにも多くのサポーターが、大久保嘉人選手たちを拍手で迎えてくれました。

このドラマでは、秀島修平(田中樹)が批判覚悟の上で記者会見を開いて批判されてしまいましたが、男気を見せてくれた大久保嘉人は拍手で迎えられた訳ですね。

田中樹の出演映画『ブラック校則』

田中樹さんは、映画『ブラック校則』に出演していて、大好きな女子を守るために、理不尽なブラック校則に立ち向かおうとします。

実際に、日本ではいきすぎたブラック校則が存在しているので、本当に校則は厳しいだけで良いのか?それを問いかけるような映画になっています。

もしも、子供がいて、どのぐらいの校則の学校に登校させるべきなのか?悩んでいる場合には、映画『ブラック校則』はオススメの作品です。

動画配信『Hulu』に入会すれば、映画『ブラック校則』を見る事ができます。月額料金は1,026円(税込価格)と高めではありませんし、初めて入会する場合には14日間のうちに退会したら無料で済みます。

そのため、気楽に入会する事ができるので、まだHuluを入会した事がない方は、ためしに入会して見ておく事も悪くはないでしょう。

ドラマ『オールドルーキー 第3話』の見所とまとめ

引用:https://www.tbs.co.jp/OLDROOKIE_tbs/

第3話では、秀島修平(田中樹)がビックマウスな発言をしてしまいますが、ブチギレ会見をした時には、かなり批判されてしまいまいたね。

恐らく、こういう時に批判してくる人間というのは、成功していた人間に嫉妬していて、批判できる時を待っているだけなのでしょう。

ハッキリ言って、人として最悪な感じがするので、何だかなぁと思ってしまいますね。