AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


愛原絵理(成海璃子)が女優なのに収入が少なかった理由!ドラマ『祈りのカルテ 第5話』

ドラマ『祈りのカルテ 第5話』では、愛原絵理(演:成海璃子)が女優なのに、子供たちを救えるほどのお金が無かったので、その理由について紹介します。

ドラマ『祈りのカルテ 第5話』のキャスト

祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録は、2022年10月8日から放送開始されました。

脚本&演出&原作

登場人物&俳優

ドラマ『祈りのカルテ 第5話』のストーリー

純正医科大学附属の循環器内科で、諏訪野や、みどりたちは研修を受けるために、特別病棟で働く事になります。

そこで、上林晃太郎から「この患者さんが入院しているのは絶対に口外しないこと」と念を押されるので『誰が入院しているんだろう』と思っていると、そこにいたのは女優の愛原絵理でした。

ところが、その後に、愛原絵理が純正医科大学附属に入院された事が、報道されてしまい、事務所の人間たちは「ここにいる病院の誰かがマスコミにリークしたんじゃないですか?」

上林晃太郎は「いえ、我々は医師としての誇りを持っているので、そんな事はありえません」とキッパリと言い放ちます。

実は、四十住沙智は、愛原絵理の妹だったので、曽根田みどりに頼み込んで、姉に合わせてもらいます。

しかし、愛原絵理は「よく、私に顔を会わせられたね、こんな体になったのも、あんたのせいだからね」と言い放ってしまい「ごめん、お姉ちゃん……バイバイ」と立ち去っていきました。

曽根田みどりの病気を治すために、多くの寄付が集まりますが、それは同じ病気の子供たちを治すために寄付される事になったのです。

それは、曽根田みどりが承知をした上で、わざと高飛車な態度を取って、寄付しようとする事を悟られないようにしていました。曽根田みどりは脳死状態に陥ってしまいますが、助ける事はできないのでしょうか?

『愛原絵理(成海璃子)が女優なのに収入が少なかった理由』

引用:https://www.ntv.co.jp/inorinokarte/story/

愛原絵理(成海璃子)は、女優なのに難病をかかえた子供たちを助けるほどのお金がありませんでした。

なぜ、こんな事が起きるのかと言えば、女優の収入は、歩合制と給料制があるからです。

給料制であれば、仕事内容に関係なく、一定の給料がもらえます。それに対して、歩合制であれば、主演としてドラマに出演したら、1クールだけで何千万円になる事もあります。

参照元https://careergarden.jp/haiyuu/salary/

しかし、大抵の事務所は、他の仕事をしないように契約を迫ってしまうので、愛原絵理の事務所のように稼げない所だと、女優であっても収入は少なくなってしまいます。

実際に、女優として活躍していた北原里英さんでさえ「港区の億ションに住むのは諦めた」とコメントした事があったほどです。

女優とは言っても、億を超えるほど稼げる方もいれば、サラリーマンとあまり変わらない収入がいるのも事実な訳なんですね。

ドラマ『祈りのカルテ』を見られる動画配信

動画配信『Hulu』に初入会したら、ドラマ『祈りのカルテ 第1〜5話』を14日間は無料で見る事ができます。

Huluは初入会を14日過ぎたら、月額料金1,026円(税込)かかりますが、多くの日本テレビ系のドラマを見る事ができるので、ドラマ好きの方にはオススメの動画配信サービスです。

ドラマ『祈りのカルテ 第5話』の見所とまとめ

引用:https://www.ntv.co.jp/inorinokarte/

第5話では、愛原絵理(成海璃子)が高飛車な態度を取ってしまいますが、妹に強気な事を言った時に、涙ぐんでしまうので『きっと、何か訳があるんだろう』と思ってしまいましたね。

成瀬莉子さんは、本当は主演を張れるほどの女優なので、ゲスト出演なのは、少し残念な気もするので、次は成瀬莉子さん主演の映画やドラマなどを見てみたいです。