AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


谷口里枝(安藤サクラ)がある男Xから声をかけられた理由!映画『ある男』

映画『ある男』では、谷口里枝(安藤サクラ)がある男Xから声をかけられたので、詳しく紹介しましょう。

映画『ある男』のキャスト

日本のドラマ映画『ある男』は、年に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

  • 城戸章良(演:妻夫木聡)ある男『X』の素性を調べる弁護士
  • 谷口大祐-ある男X(演:窪田正孝)死んでから偽名を使った事がバレる男
  • 谷口里枝(演:安藤サクラ)ある男Xと結婚していた女性
  • 後藤美涼(演:清野菜名)谷口大祐と付き合っていた事がある女性
  • 谷口恭一(演:眞島秀和)谷口大祐の兄で、老舗旅館の跡取り
  • 中北(演:小籔千豊)城戸章良をサポートする男性
  • 谷口大祐-本物(演:仲野太賀)ある男Xと取引していた可能性がある男性
  • 谷口悠人(演:坂元愛登)谷口里枝の息子
  • 谷口花(演:小野井奈々)ある男Xと谷口里枝の息子
  • 武本初江(演:山口美也子)谷口里枝の母親
  • 伊東(演:きたろう)林業で、現場指揮を取るリーダー
  • 小菅(演:でんでん)ボクシングジムで、ある男Xに期待していた人物
  • 柳沢(演:カトウシンスケ)小菅のもとで、働く男性
  • 茜(演:河合優実)ある男Xと交際していた事がある女性
  • 城戸香織(演:真木よう子)城戸章良の妻
  • 小見浦憲男(演:柄本明)詐欺罪で捕まった事がある男性

映画『ある男』のストーリー

文房具店で商売をしていた谷口里枝は、涙を流しながらレジで立っていたら、そこに風変わりな谷口大祐が入ってきました。

谷口大祐は、絵を書いていたので、何回も文房具を買いに来るようになり「あの…もし、良かったら友達になってくれませんか?」と頼まれて『変わった人だな』と思いつつも、二人はプライベートでも合うようになっていきます。

やがて、二人は結婚をする事になり、前の夫との間で出来た息子も、谷口大祐を慕って、父親が仕事をしていた山にまでついていくほどでした。

谷口大祐は、林業で木を伐採する仕事をしていましたが、不注意により、木の下敷きになり命を落としてしまったのです!

家族が沈痛な思いにさいなまれる中、葬儀が行われて、谷口大祐の兄 恭一がやってきますが、遺影を見て「誰ですか、この人?うちの弟じゃないですよ」

谷口里枝は「うちの夫ですけど」「いえ、大祐じゃないです」二人は顔を見合わせて「じゃあ、誰ですか?この人」

困り果ててしまい、谷口里枝は前の夫と離婚した時にお世話になった弁護士 城戸章良に、夫が何者であるか?頼む事になりました。

城戸章良は、戸籍を交換して捕まった詐欺師 小見浦憲男に「名前が不明な人なので、Xと名付けましたが、あなたが、このXと谷口大祐の戸籍を交換したんじゃないですか?」

「先生は何も分かっていないんじゃないですか」

ふてぶてしい態度をとる受刑者でしたが、この男からヒントを貰う事ができて、Xはある過去を隠すために、次々に名前を交換している事が判明します。

はたして、ある男Xは、どんな過去を消したくて戸籍を交換していったのでしょうか?

『谷口里枝(安藤サクラ)がある男Xから声をかけられた理由』

ある男X(演:窪田正孝)は、ボクシングジムで頑張っていた頃、茜とは上手くいかず、やがて文房具店に訪れる事になりました。

そこで、なぜか谷口里枝(演:安藤サクラ)に「友達になってくれませんか」と声をかけて、結婚する事になりましたが、その理由は何だったのでしょうか?

それは、谷口里枝がもう一人の息子の治療方法を巡って、前の夫とすれ違いが起きるようになって、離婚してしまった事が関係しているのでしょう。

自分と同じように、過去をひきずって、大きな傷を残していたので、シンパシーを感じて、この人と仲良くなりたいと思い、声をかけた可能性が高いです。

『ある男』と他の映画を比較

今作のように、林業を題材にした映画は、他にもあって、それが『WOOD JOB!
神去なあなあ日常〜』です。

この映画でも、清野菜名さんが出演していますが、林業で働くようになったクラスメートを訪ねる役を演じていて、仲間たちが少し林業をバカにしてしまいます。

それに、平野勇気(演:染谷将太)が怒ってしまいますが、都会育ちの男が、少しずつ林業に魅せられていくストーリーになっているので、林業に興味がある方には、オススメの映画ですね。

映画『ある男』のまとめ

引用:https://eiga.com/movie/95596/gallery/

ある男を見た感想について、詳しく解説します。

映画『ある男』のオススメ層

離婚して傷ついた女性が、ふらりとやってきた客と結婚する事になり、幸せをつかんだのに、いきなり仕事で最愛の夫を亡くしてしまいます。

ところが、葬儀で夫が偽名を使っている事が分かり、家族がバラバラになりそうになったのに、それでも大事な人だった事に変わりがないはずと思って、妻や息子たちが、Xを信じようとします。

その家族愛は、多くの者を魅了してくれるので、ぜひ、家族そろって見る事をオススメしたい映画ですね。

ただし、在日外国人が差別されるシーンが結構出てくるので、在日外国人の方には、あまりオススメできないので注意が必要です。

  • 在日外国人:⭐️
  • ファミリー層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『ある男』の残念な所

谷口恭一(演:眞島秀和)が、ある男Xの素性を知ってしまい、谷口里枝の前で、とことん侮辱してしまうので『いくら何でも、非常識にもほどがある』と思ってしまいましたね。

しかし、そこで弁護士が、思い切って、物を机に『バーン』と叩きつけて、暗に黙れと意思表示したのは、唯一の救いだったかもしれません。

映画『ある男』の見所

ある男Xが、なぜ偽名を使っていたのか?それが、この映画の大きな見所と言えますね。

誰でも、1つや2つは隠したい過去があり、それは弁護士も同じであり、この映画を見たら、偽名を使う事が悪くても、それをしたかった気持ちが少しは分かるハズです。