AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


岩倉舞に嫌味を言った山田役の大浦千佳について紹介!朝ドラマ『舞いあがれ! 第63話』

引用:https://www.nhk.or.jp/maiagare/

朝ドラマ『舞いあがれ! 第63話』で、岩倉舞に嫌味を言った山田役の大浦千佳さんについて、詳しく紹介します。

ドラマ『舞いあがれ! 第63話』のキャスト

舞いあがれ!は、2022年10月3日から放送開始されました。

演出

  • 演出:田中正&野田雄介&小谷高義&松木健祐 

登場人物&俳優

  • 岩倉舞(演:福原遥パイロットを目指す女性
  • 岩倉浩太(演:高橋克典)岩倉舞の父親で、町工場の経営者
  • 岩倉めぐみ(演:永作博美)岩倉舞の母親
  • 岩倉悠人(演:横山裕)岩倉舞の兄
  • 才津祥子(演:高畑淳子)岩倉舞の祖母
  • 梅津貴司(演:赤楚衛二お好み焼き屋『うめづ』の息子
  • 梅津貴司-幼少期(演:齋藤絢永)幼い頃の梅津貴司
  • 梅津勝(演:山口智充お好み焼き屋『うめづ』の主人
  • 梅津雪乃(演:くわばたりえお好み焼き屋『うめづ』の女将
  • 望月久留美(演:山下美月)岩倉舞の同級生
  • 望月久留美-幼少期(演:大野さき)幼い頃の望月久留美
  • 望月佳晴(演:松尾諭)望月久留美の父親
  • 柏木弘明(演:目黒蓮)航空一家で育ったエリート
  • 矢野倫子(演:山崎紘菜)商社で働いていた帰国子女
  • 中澤真一(演:濱正悟パイロットを夢見て仕事を辞める人物
  • 吉田大誠(演:醍醐虎汰朗)奨学金で学校に通う男性
  • 水島祐樹(演:佐野弘樹)水島ストアの社長の息子
  • 大河内守(演:吉川晃司)航空学校 帯広校の教官
  • 柏木弘明(演:目黒蓮)エリート男子でも性格が悪い人物
  • 都築英二(演:阿南健治)生徒を厳しくチェックする教官
  • 笠巻久之(演:古舘寛治)岩倉浩太の会社のベテラン社員
  • 結城章(演:葵揚)笠巻久之の後輩
  • 森重美知留(演:辻本みず希)才津祥子の家を訪れる女性
  • 森重朝陽(演:又野暁仁)森重美知留の息子

ドラマ『舞いあがれ! 第63話』のストーリー

岩倉舞は、父親の町工場のネジの不良品を検品する仕事をしていましたが、少し肩がこって、自分の肩をトントンと叩いていました。

そうしたら、近くにいた女性従業員から「そんなに、仕事が大変ですか?」と聞かれるので「ちょっと力が入っていたみたいで」「ふぅん、私、がんばったわぁというアピールかと思いましたわ」

嫌味を言うだけ言って立ち去って行きましたが、岩倉舞は、そんな女性従業員を告げ口する事もなく、仕事を頑張ろうとするのです。

岩倉浩太は、どうやって難局を乗り切るべきか?会議を開きますが「安い輸入材料を扱うのはどうですか?」という意見が出ると「それはあかん、IWAKURAのネジは、高品質なのが信条や」

「笠巻さんはどうですか?」「安い金型を長持ちして作るぐらいしか、思い当たらん」「けど、簡単な事ちゃうで」「それをやるのが、あなたの仕事では?」「やれるもんなら、やってるわ!」

思わず怒鳴り声をあげる従業員まで出てしまって、岩倉浩太は「何を言うてもええけど、落ち着いて話そうか」となだめて、何も良い案は出ませんでした。

仕事が終わり、結城章は笠巻久之に「親戚から給料を倍にして出すから」と言われて、転職を誘われている事を打ち明けて、どうするべきか悩んでいたのです。

そんな状況でも、ようやくIWAKURAに大きな仕事が入ってきて、活気に沸きますが、岩倉悠人がIWAKURAの工場をを見上げながら「……さて、この工場。なんぼになるやろか」と不気味な事をつぶやいてしまうのです。

『岩倉舞に嫌味を言った山田役の大浦千佳について紹介』

引用:https://www.vip-times.co.jp/?talent_id=W13-0692

岩倉舞が、休憩中に自分の肩を叩いてていたら、山田(演:大浦千佳)が「そんなに、仕事が大変ですか?」と、最初は優しい言葉をかけたかと思っていたら「私、がんばったわぁというアピールかと思いましたわ」と嫌味を言ってきます。

この嫌味な役を演じていたのは、大浦千佳さんという女優で『水族館ガール』や『クロスロード』に出演してきました。

その他にも、多くの舞台に出演している実力派の女優です。そんな大浦千佳さんのプロフィールは、以下の通りです。

ドラマ『舞いあがれ! 第63話』の見所とまとめ

第63話で、事務員の山田(演:大浦千佳)が嫌味を言ってきますが、普通に考えて、社長の娘に、あんな事を言う従業員が、実際に工場にいるのか?と疑問がわくドラマでしたね。

どうも『舞いあがれ』は、最初は面白かったのに、途中から、だんだんと疑問がわく所が増えていく感じになってきました。