AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


江藤良香(松岡茉優)のオタク心が折れた原因を紹介!映画『勝手にふるえてろ』オタク女子の片思いが暴走して周囲を振り回す!

映画『勝手にふるえてろ』では、江藤良香(松岡茉優)のオタク心が折れてしまうので、その原因について、詳しく紹介しましょう。

勝手にふるえてろ』のキャスト

日本で製作された映画『勝手にふるえてろ』は、2017年12月23日に上映されました。DVDの収録時間は、約117分になります。 

監督&脚本&原作

綿矢りさ先生の恋愛小説を実写化した映画『勝手にふるえてろ』は、大九明子監督が製作しました。

登場人物と役者

オタク女子が暴走していき、周囲の人間たちを振り回す映画『勝手にふるえてろ』に登場する人物や役者たちを紹介します。

勝手にふるえてろ』のストーリー

会社で、江藤良香は、月島来留美から同じ営業一課のタカスギ君に好意を抱いていた事を知らされて「会社と恋愛を分けたいから、私には無理」と呆れてしまいます。

しかし、久留美から「良香が昔から同じ男性に片思いを抱いている事のほうが、ありえない」と笑われてしまいます。

実は、良香が学生時代の頃から好きだった男性がいて、それがイチ(一宮)でした。

学生時代から今まで、脳内ではイチと付き合っていると妄想をして耐えていたのです。そんなある日、会社の飲み会があったので出席する事になりますが、肥満体型の男性社員がお腹をデーンと出してしまったのです。

それを見た良香は幻滅して部屋を出てしまって、思わず「ファーーーーーーック!」と叫んで「ファクファクファクファク」とつぶやき出します。

廊下に避難した良香に、霧島が近づいてきて記念に写真を撮ってきて「画像を送るのでLINEを教えてもらって良いですか」と言ってきたのです。

仕方なくLINEを教える良香ですが、実は、霧島が飲み会を主催したのは自分が良香と近づくために一課の人間たちにお願いして開いてもらった事を打ち明けます。

そしてニと思われていた霧島は「俺と付き合ってください」と告白してきますが、それに返事をしないまま、良香はイチと近づきたくて同窓会を開く事にしました。それはニが自分にアプローチしてきた方法を真似るためでした。

はたして、江藤良香の思惑通りにイチと付き合う事はできるのでしょうか?

『江藤良香(松岡茉優)のオタク心が折れた原因』

江藤良香(松岡茉優)は、同窓会で念願のイチと再会を果たす事ができて、学生時代の頃よりも普通の会話ができるようになりまいた。

ところが、大好きだったイチは、自分の事をすっかりと忘れていて「誰だったかな」と言ってきたので、今まで一途に好きだったオタク心が折れてしまったのです。

学生時代の頃は、あまり喋っていなかったので、美しい思い出から妄想できていたのに、勇気を出して喋りかけていったら、オタク心がポキッと折れてしまうのは残酷な話ですね。

映画『勝手にふるえてろ』を見られる動画配信

勝手にふるえてろを見られる動画配信はU-NEXTです(2021年11月時点)。

下の広告をタップ(クリック)したら、U-NEXTを登録できるページにアクセスできます。初入会の方であれば、31日間はU-NEXTの基本料金は無料です。

勝手にふるえてろ』の豆知識

暴走するオタク女子を演じているのが、最近注目度が高まっている松岡茉優さんです。

そこで、松岡茉優さんを詳しく知らない方のために、こちらの女優さんの情報や『勝手にふるえてろ』に関連する情報などを紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

松岡茉優さんのプロフィール

私が、松岡茉優さんを知ったのが映画『ちはやふる-下の句』です。松岡茉優さんは、この映画で、カルタクイーンと呼ばれる若宮詩暢を演じていました。冷静な性格ですが、アニメオタクというギャップが異彩を放つキャラクターでした。

そのため、偶然にも映画は違っていても、松岡茉優さんはオタク系女子をどちらとも演じている事になります。

そのような共通点はありますが、冷静な若宮詩暢役と、弾けた性格の良香を演じきる事ができているので、松岡茉優さんの今後の活躍から目が離せませんね。

日本のオタク文化

昔の日本は、アニメにばかり夢中になってしまう者は『オタク』と呼ばれて、少し敬遠されてしまう時代がありました。所が、最近では日本のアニメは世界中に広がっていき、日本のオタク文化が見直されてきたのです。

この映画の良香は、アニメをノートに必死に書き込むようなオタク女子ですが、オタクは好きな人に告白しづらい方は多くいます。

実際に、日本では『草食系男子』や『肉食系女子』などの言葉もあって、奥手な男子や積極的な女子なども注目されるようになりました。

そして、表面上は草食系なのに、実際はガツガツといく男子の事を『ロールキャベツ系男子』と呼ばれています。

これは外側はキャベツなのに中に肉が入っているからです。良香は、草食系と肉食系の間にいるような性格をしているので『ロールキャベツ系女子』と言えるかもしれませんね。

勝手にふるえてろ』の感想

映画『勝手にふるえてろ』を見た感想を紹介するので、この映画をまだ見ていない方は参考にしてみて下さい。

勝手にふるえてろ』のオススメ層

オタクなOLが、あまり好きではなかった男性社員が同窓会で近づいてくるので、その作品を逆手にとって、自分もイチと近くために同窓会を利用しようとします。

少し特殊な恋愛映画なので、引きこもりがちな方を応援するような作品という感じがしますね。

  • オタク女子:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • オタク男子:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️

勝手にふるえてろ』の残念な所

この映画を見る前は、オタク女子がはじけた性格で、面白おかしくみれるコメディー系の恋愛映画かなと思っていました。

ところが、実際に見たらコメディーになれそうな所はいくつかありましたが、それ以上に真剣に恋愛に悩む女性を取り上げた映画になっていました。

そのため、予告がコメディーを多く取り入れているように感じさせるものだったので、笑える要素が少し少なくなっているのが残念な所でしたね。それでも、良香が「ファーック!」と叫ぶ所は面白かったです。

勝手にふるえてろ』の見所

良香が、ハンバーガーの店員・釣り人・駅員たちにイチやニの話をしていき、はしゃいでいく所は、少し性格がはじけているなぁと思いますが、やはりコメディー系より本格的な恋愛映画という感じがしました。

実際に、ニからアプローチされた内容を真似て、イチに近づくあたりは、好きな男性に必死に近づこうとする乙女な心がよく伝わってきました。

そのため、コメディーとして見たら少し物足りなく感じる映画ですが、恋愛映画として見たら、女性の一途な所が見れる内容になっているのが、この映画の大きな見所になっています。