映画『リメンバー・ミー』偉大なエルネストは実はクズ?

映画『リメンバー・ミー』では、音楽を愛する少年ミゲルが、尊敬していたミュージシャンのエルネストが、実はどうしようもないクズだったので詳しく紹介しましょう。

映画『リメンバー・ミー』のキャスト

アメリカ合衆国のディズニーのミュージカル映画『リメンバーミー 』は、2018年3月16日に日本で上映されました。

監督&脚本

奇跡の曲を歌い上げる映画『リメンバーミー 』を制作したのが、リー・アンクリッチ監督です。

  • 監督 リー・アンクリッチ
  • 脚本 エイドリアン・モリー

登場人物&声優

家族と音楽の両立の難しさを描いた映画『リメンバーミー 』に登場する人物や、声優さんたちは以下の通りです。

映画『リメンバー・ミー』のストーリー

ミゲルの家族は、昔から音楽を毛嫌いしていて、ギターを触る事すら許されていませんでした。なぜなら、ある身内の人間がギターを手に持って、出かけていったら、二度と妻の元に戻る事がなくて、家族が凄く苦労したからです。

そんな環境で育つミゲルでしたが、リメンバーミー という名曲を作り出した偉大なミュージシャンのエルネストを尊敬していました。

ところが、エルネストが自分の先祖と知って、音楽の道を進もうとしますが、それに怒ったひいおばあちゃんのエレナが、ギターを叩き壊してしまったのです。これにミゲルは「こんな家族もう嫌だ」と、悔し涙を流して走り去っていきます。

外へ飛び出した後に『死者の国のコンテスト』に出場しようとしますが、楽器がなければ出場できないルールだったので、エルネストのギターが飾られていた部屋に無断で侵入して、ギターを弾いてしまいます。

そうしたら、多くの者たちが、ミゲルの存在に気付かなくなってしまい、多くの人々はミゲルの体をすり抜けていったのです。途方に暮れていたら、先祖の霊たちと出会い、死者の国へ連れていかれる事にしました。

死者の国の係の物から「ミゲルが死者の日に死者の物を盗んだ事によって呪いをかけられた」と教えてくれます。

そして、ミゲルが祭壇から遺影を落としてしまった事で、ママイメルダだけが現世へ渡れなくなっている事まで知りました。

日の出までに現世に戻らなければ、二度と生き返る事ができなかったので、そのためには家族から許しを乞う必要がありました。しかしママイメルダは生き返る条件として、音楽を二度とやらないように要求したので、ミゲルは逃亡してしまいます。

はたして、ミゲルはどうなってしまうのでしょうか?

『偉大なエルネストは実はクズ?』

ミゲルの先祖と言われていたエルネストは、実はヘクターが作った曲『リメンバー・ミー』を勝手に奪って、デビューしていました。

そればかりか、エルネストはヘクターを毒殺して、自分の悪行が暴かれないように工作していたのです。ミゲルが尊敬していたエルネストは、偉大なミュージスではなくて、どうしようもないクズだったと言えますね。

リメンバー・ミー』の豆知識

家族を切り裂いたはずの音楽ですが、その音楽で再び家族を繋ぎとめようとする映画『リメンバー・ミー』に関連する豆知識を紹介するので、ご覧になってみてください。

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり

リメンバー・ミーでは、死者の国で家族を救おうとする映画ですが、実はこのような映画は他にもあって、それが『DESTINY 鎌倉ものがたり』です。このDESTINY 鎌倉ものがたりでは、作家の一色正和が手違いで亡くなってしまった妻を救うために死者の国へ旅立つ内容になっています。

国や救う対象が違っていますが、その内容は少し似ているのでリメンバー・ミーが好きな方であれば、DESTINY 鎌倉ものがたりを見れば、その違いを楽しめるでしょう。

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『リメンバー・ミー』や『DESTINY 鎌倉ものがたり』などを見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2021年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

映画『リメンバー・ミー 』の主題歌

リメンバー・ミーの劇中歌でもあり、主題歌でもある『リメンバー・ミー 』の曲は、下の広告をクリックしたら、購入する事ができます。

歌っている人は、この映画の主役が歌っている時の声とは違いますが、同じ歌詞であり、その伸びのある歌声を聞けばリメンバー・ミーの素晴らしい世界を味わう事ができるでしょう。

映画『リメンバー・ミー』のまとめ

ミゲルが着いた死者の国

引用:https://eiga.com/movie/84135/gallery/2/

音楽を愛するミゲルが、家族と音楽の狭間で揺れ動く映画『リメンバー・ミー』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

リメンバー・ミー』のオススメ層

少年ミゲルが家族たちに反発しながらも、なんとか家族を団結させていく歌を捧げるので、ぜひ家族一緒に見て欲しい映画ですね。

さらに、音楽には限りない可能性がある事も伝えているので、音楽関係者が見ても満足できる映画と言えるでしょう。

  • 音楽関係者:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • ファミリー層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 夫婦:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

リメンバー・ミー』の残念な所

ミゲルが尊敬していたエルネストが、実は最悪の男で、ヘクターを陥れてしまう内容には、さすがに絶句しました。

今まで尊敬していたミュージシャンが身内で喜んでいたはずのミゲルでしたが、穴に突き落とすわ、本当の家族の命を奪うわで残酷な内容になっています。さすがに見ていて、ミゲルが可哀想に思えてきましたね。

ただでさえ、身内から大事にしていた楽器を叩き壊されてしまうので、ラストまで見ている事が辛く感じてしまう内容になっているので、その辺りは覚悟して見たほうが良いですね。

リメンバー・ミー』の見所

ミゲルが現世に戻ってきて、性懲りも無くギターを手に持って、ママ・ココに歌を聞かせようとした時に、エレナは怒って再びギターを取り上げようとします。しかし、ミゲルの父親がそれを静止してくれるのです。

もうママ・ココは年老いて家族の事さえ分からなくなっていました。そのため、父はわずかの希望を抱いて、ミゲルに歌わせようとしたのでしょう。

そして多くの家族が見守る中で、ミゲルが、寂しくも祈るような音色でリメンバー・ミーを歌い上げるシーンは、この映画の最大の見所ですね。