チャリティの父親が正直者を制裁する?映画『グレイテスト・ショーマン』

映画『グレイテスト・ショーマン』では、チャリティの父親が正直者を制裁してしまうので、詳しく紹介しましょう。

グレイテスト・ショーマン』のキャスト

アメリカ合衆国で製作されたミュージカル映画グレイテスト・ショーマン』は、2018年2月16日に日本で上映されました。DVDの収録時間は約104分になります。  

監督&脚本

ミュージカル映画ラ・ラ・ランド』を製作したベンジ・パセックやジャスティン・ポールが、今度は同じミュージカル映画グレイテスト・ショーマン』を製作しました。

登場人物&役者

貧乏だったP・T・バーナムがショーを開く事によって成功していく映画『グレイテスト・ショーマン』に登場する人物や役者さんたちは以下の通りです。

グレイテスト・ショーマン』のストーリー

貧乏だった少年P・T・バーナムは、ある上流階級の家で使用人として働いていて、その家のチャリティという可愛らしい女の子と恋を育むようになります。

P・T・バーナムは大人になり、違う所で貧乏ながらも必死に働いて、チャリティーを迎えにいきます。そこでチャリティーの父親から「娘は戻ってくる、君の貧乏な暮らしに愛想をつかしてな」と捨て台詞を吐き捨てられてしまうのです。

しかしチャリティーはP・T・バーナムのもとへ駆け寄り、二人だけの家庭生活が始まります。やがて、P・T・バーナムとチャリーティーの間に二人の娘ができますが、決して楽な生活ではありませんでした。

さらにP・T・バーナムの働いている会社が所有している船が海の底へ沈没してしまい、上司は部下たち全員を解雇してしまうので、P・T・バーナムは無職になってしまうのです。

P・T・バーナムはチャリティーに「君に苦労ばかりかける」と言いますが「私は満足よ」と微笑みます。

そんな最悪の日に見えましたが、娘の誕生日という事もあって、P・T・バーナムは灯りの上から特性のカバーをつけて、部屋中に光の模様を回転させて娘を喜ばせます。そして、その美しい光景にP・T・バーナムはショーを開催する事を思いつきました。

ショーは最初こそ上手くいかなかったのですが、多くの人材をかき集めて、次第に成功を納めていきました。

しかし、ショーを開いている場所が放火されてしまい、今まで家族をかえりみないで仕事をしてきた夫に対して、チャリティーは娘を連れて家を出ていきます。

全てを失ったP・T・バーナムのもとに、多くのメンバーが励まそうとしますが、はたしてP・T・バーナムは立ち直る事ができるのでしょうか?

『チャリティの父親が正直者を制裁』

チャリティーが食事中に飲み物を口にしている時に、P・T・バーナムは遠くから笑わせようとしてしまい、チャリティーは思わず飲み物を吹き出して笑ってしまいます。

それを観たチャリティーの父親が「そのドレスは高い物なんだぞ」と怒り出したのです。

そこで、P・T・バーナムが「違うんです、僕が笑わせようとしてしまったんです」と言ったら、チャリティーの父親は「正直に言って偉いぞ」と言っておきながら、思いっきりP・T・バーナムの頬をひっぱたいたのです。

正直者がバカを見るという言葉がありますが、なんという父親なんだろうと思ってしまい、ドン引きしてしまう場面でしたね。

グレイテスト・ショーマン』の豆知識

グレイテスト・ショーマンを製作したスッタフが、以前に製作したラ・ラ・ランドも多くの方たちから人気を集める映画でした。

そこで、ラ・ラ・ランドのストーリーや、グレイテスト・ショーマンに関連する情報を紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

映画『ラ・ラ・ランド

映画『ラ・ラ・ランド』は、ジャズに生きようとするセブが、女優を目指していたミアと巡り会う所からストーリーが展開されていきます。二人は、お互いを励ましあって、自分の夢を叶えようとしますが、そこには多くの挫折がありました。

決してハッピーエンドとは言えないラストシーンを迎える事になってしまいますが、歌と踊りと泣かせるストーリーが多くの方たちから高い評価を受けたミュージカル映画でした。

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『グレイテスト・ショーマン』や『ラ・ラ・ランド』などを見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2021年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラック

グレイテスト・ショーマンは、ミュージカル映画という事もあって、多くの歌が映画の中で登場します。その数多くある歌を収録しているのが、グレイテスト・ショーマンのオリジナル・サウンドトラックです。

この映画を好きになった方であれば、満足できる歌がそろっています。

映画『グレイテスト・ショーマン』の感想

グレイテスト・ショーマンは、貧乏だった男がショーによって成功を納めていきますが、その先には大きな挫折と悲劇が待ち構えていました。そのような映画を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

映画『グレイテスト・ショーマン』のオススメ層

貧乏だった男が、上流階級の少女と身分違いの恋をしていき、やがてショーで成功を収めます。しまし、次第に家庭よりも仕事を優先していき、家族が破滅していくので、仕事を優先しがちな方に見て欲しい映画ですね。

  • 仕事優先しがちな人:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • ファミリー層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️⭐️

映画『グレイテスト・ショーマン』の残念な所

P・T・バーナムが貧乏な時に、娘の誕生日を祝うために光の仕掛けを演出して、そこからショーを成功するヒントをつかみとります。

そこまでは良かったのですが、貧乏時代のシーンがあまりにも早く終わって、成功してから少しずつ家族との間に隙間が生じていく事になります。

自分としては、もう少し貧乏だったシーンを多くしなければ、ショーで成功した感激が薄れてしまうなぁと思ってしまいました。

そのようなストーリー展開になっているので、多くの方たちが成功するまでが少し早いなと思ってしまうかもしれません。

映画『グレイテスト・ショーマン』の見所

貧乏だった男が、どん底の状態から、はい上がって成功を納めるストーリはありがちな内容と言えます。

しかし、この映画では貧乏のどん底からショーで成功を納めても、そこから、もう一度どん底に突き落とされてしまうのです。

そのため、一見ありがちに見えるストーリーとは少し違うミュージカル映画になっている所が、この映画の大きな見所と言えるでしょう。