AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


エルサが歓迎したのに民がソッポを向く!映画『アナと雪の女王/家族の思い出』

 

映画『アナと雪の女王/家族の思い出』では、 エルサが歓迎したのに民がソッポを向くので、その経緯や理由について、詳しく紹介しましょう。

映画『アナと雪の女王/家族の思い出』のキャスト

アメリカ合衆国で製作された小編のディズニー映画『アナと雪の女王/家族の思い出』は、2018年3月16日に日本で上映されました。上映時間は約22分になります。

監督&脚本

アレンデール王国でクリスマスパーティーが行われていく『アナと雪の女王/家族の思い出』は、スティービー・ワーマーズ監督が制作しました。

  • 監督:スティービー・ワーマーズ
  • 脚本:ジャック・スカエファー 

登場人物&声優

アナとエルサたちが、家族の思い出や伝統を思い出そうとする映画『アナと雪の女王/家族の思い出』に登場する人物や声優さんたちは、以下の通りです。

  • エルサ(声:松たか子)アレンデール王国の女王
  • アナ(声:神田沙也加)エルサの妹
  • オラフ(声:ピエール瀧)陽気な雪ダルマ
  • クリストフ(声:原慎一郎)エルサに仕える少しドジな男

映画『アナと雪の女王/家族の思い出』のストーリー

アレンデールのお城では、クリスマスパーティーが準備されていましたが、オラフは待ちきれず「サプラーイズ!」と叫んでしまって、アナから「オラフ、まだだってば」と注意されていました。

そこへエルサ女王がやってきて「アナの言う通りよオラフ、サプライズのクリスマスパーティーはユールの鐘が鳴ってから」と優しく語りかけてきました。

そして、いよいよユールの鐘が運ばれてきて、エルサ女王とアナが鐘を鳴らしたら、国民たちは、自宅でパーティーを開くために帰ってしまいます。それが、家族の伝統だからです。

これには、エルサ女王やアナたちは落ち込んでしまって、オラフから「君たちの伝統って、何?教えて教えて」と聞いてきますが、エルサ女王は「家族の伝統が無いのは私のせい」と立ち去っていきました。

そこで、オラフは姉妹たちを励ますために、これから家族の伝統を城に持ち込もうとトナカイのスヴェンと出かける事にしました。

オラフは国民たちの家を次々に訪れて、クリスマスで行われる家族の伝統を聞きながら、様々な道具をスヴェンが運ぶソリに乗せていきます。所が、荷物の中には石炭が入っていて、石炭の火がまだ消えていなかったのです。

そうとは知らずに石炭の火が、次々に道具へ燃え広がっていきました。さらにトナカイがソリを引っ張っていくヒモが1本きれてしまって、ソリを制御できなくなっていったのです。

はたして、オラフは家族の伝統を持ち帰る事ができるのでしょうか?

『エルサが歓迎したのに民がソッポを向いた理由』

エルサ女王が、クリスマスの日に歓迎しますが、民は鐘の音を聞いたら、それに満足して家に帰ってしまいました。

いくら、家族と一緒に暮らす事が伝統とは言え、このような事ができるのは、エルサ女王が民に優しいので、気軽に帰れたという事も関係していたのでしょう。

しかし、それが災いして、民に先に帰られるのは気の毒という感じもするので、女王というのは、なかなか難しい立場だなと考えさせられる映画です。

アナと雪の女王/家族の思い出』と他の映画を比較

今作では、エルサ女王が優しさと切なさが同居するような感じでしたが、映画『アナと雪の女王』では、何もかも嫌になって国中を氷漬けにしてしまうのです。

自分だけの白を山奥で作って、そこに駆け込みますが、そこで、あの有名な歌が流れていくので、アナと雪の女王が好きな方であれば、見ておくのも悪くはないでしょう。

映画『アナと雪の女王/家族の思い出』の感想

オラフが何とかエルサ女王たちを励まそうとしますが、逆に励まされて行く映画『アナと雪の女王/家族の思い出』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

映画『アナと雪の女王/家族の思い出』のオススメ層

雪だるまのオラフが、落ち込んでしまったエルサ女王たちを励まそうとするので、男性というよりは女性のほうが、見たほうが心がホッとする映画でしょう。
しかし、あり得ない失敗もするので、そこは見る人によって、好きになれるかどうか?好みが分かれる所かもしれません。

  • 女性:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 男性:⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『アナと雪の女王/家族の思い出』の残念な所

オラフが、少しドジな事をしてしまいますが、全く反省しようとしないで、スヴェンに飽きられてしまいます。そのシーンをみたら、さすがに「この雪ダルマの性格は何とかならないものかなぁ」と思ってしまいました。

そのいい加減さがオラフの良い所かもしれないので、この辺りは見る方の好みによって、微笑ましくも見れたら、少しうっとうしく思えたりする所でしょう。

それにしても、内容としては名作になりそうだったのに、短編アニメーションだったのが残念でしたね。これであれば、しっかりと長編アニメーションとして制作しても良かったのではないかなと思いました。

アナと雪の女王/家族の思い出』の見所

アナと雪の女王の1作目が、あまりにもディズニーの名作だったので、それに比べたら、やはり見劣りするのは仕方のない部分でした。しかし、クリスマスの美しい映像や、楽しそうな歌などが登場するのは、この映画の大きな見所ですね。

この映画は、短い内容になっていますが、これからクリスマスを祝う時期になったら、家族で一緒に見られたら、気持ちよくクリスマスパーティを開く事ができるでしょう。