AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


ボブには認められなかった資本主義!映画『Mr.インクレディブル』

映画『Mr.インクレディブル』では、ボブ(Mr. インクレディブル)が資本主義を認めようとしなかったので、何に問題があったのか詳しく紹介しましょう。

映画『Mr.インクレディブル』のキャスト

アメリカ合衆国のディズニー映画『Mr.インクレディブル』は、2004年12月4日に日本で上映されました。

監督&脚本

スーパーヒーロが訴訟を起こされてしまう映画『Mr.インクレディブル』を制作したのが、ブラッド・バード監督です。

登場人物と声優

法律によって、不自由な生活を送るようになってしまう映画『Mr.インクレディブル』に登場する人物や声優さんたちは、以下の通りです。

映画『Mr.インクレディブル』のストーリー

警察から追われていた凶悪犯を捕まえようとしたMr.インクレディブルの前に、熱狂的なファンであるバディが現れます。

何とか相棒にしてもらおうとしますが、Mr.インクレディブルは彼を邪魔者だと思って「俺に相棒はいらない」と言って、冷たくあしらってしまうのです。

Mr.インクレディブル(本名:ロバートで通称ボブ)はバディを冷たくあしらおうとしたら、そのバディの体に爆弾がつけられている事に気付きます。その爆弾を取ろうとしますが、ショックを受けてしまうバディは外へ出てしまいます。

そして、バディの付けられた爆弾によって、線路が壊れてしまうのです。そこへ列車が近づいてきたので、Mr.インクレディブルは人並み外れた怪力で、何とか列車を止めました。

Mr.インクレディブルは警察にバディを突き出しますが、今回の事件によって、多くの被害を出してしまい、スーパーヒーロたちは大勢の国民たちから訴訟を起こされてしまいます。

そこで政府は、スーパーヒーローを守るために、訴訟による賠償金を支払わない代わりに、今後はスーパーヒーロとしての活動を禁止する法律を施行しました。これによって、ボブは不慣れな保険の仕事をする羽目になってしまいます。

Mr.インクレディブルは、良きライバルだったスーパーヒーローであるイラスティガール(本名:ヘレン)と結婚していました。

しかし、保険会社に就職しても上司と衝突してしまってクビになってしまい、途方に暮れてしまいます。そんな時に、ミラージュという女が「私たちと一緒にスーパーヒーローとして行動したら、多額の報酬を支払う」と連絡してきたのです。

妻に内緒で、ヒーローとして活動しようとしますが、上手くいくのでしょうか?

『ボブには認められなかった資本主義!』

ボブは昔の栄光が忘れられなくて、保険の仕事をしていても、困ったお客に次々に保険金を支払う社員でした。そんな部下を快く思わない上司は「守るべきは客ではなく株主だ!」と激怒されてしまうのです。

これに納得できなくて、思わずボブは上司をボコボコにしてしまいます。

しかし、資本主義というのは、株主(資産家)を大事にする制度なので、ボブにとっては困っている客よりも、金持ちの株主を大事にしようとする考えには、納得できなかったのでしょう。

Mr.インクレディブル』と他の映画を比較

アニメのヒーロー映画は、日本でも作られている最中で、それが『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』です。自分ぐらいの世代であれば、まさにドラゴンボール世代であり、子供の時にはよく見ていたTVアニメでした。

しかし、人造人間は以前にも作られていた事があり、クリリンの妻となる人物も人造人間です。

まぁ、クリリンと言っても、ドラゴンボールをよく知らない人からすれば「クリリンって誰だよ」って話かもしれませんね(苦笑)。

このアニメの物語は、ドラゴンボールを全て集めたら、シェンロンが現れて、一つだけ願いを叶えてくれるものであり、少年の孫悟空がブルマたちと一緒に冒険をしていくアニメです。

そんな孫悟空もすっかり大人になり、息子の孫悟飯と一緒に活躍していく訳ですが、2022年4月22日に上映されるので、今から楽しみですね。

映画『Mr.インクレディブル』の感想

ボブの行動によって、家族に危機が迫ってしまう映画『Mr.インクレディブル』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

映画『Mr.インクレディブル』のオススメ層

今までヒーローとして活躍していた夫が真面目に会社勤めしようとしていましたが、妻に内緒でヒーロー活動しようとしてしまいます。

よく、現実の夫婦でも、妻に内緒で転職したり、いきなり会社を辞めたりして、あとでバレて離婚にまで発展する事があります。そういった事を考えたら、夫婦で今作を見て、夫婦として、どうするべきか?一緒に考えてみるのも悪くはないでしょう。

  • 夫婦:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『Mr.インクレディブル』の残念な所

世界中にいるスーパーヒーロは、密かにバディによって始末されていました。その事実に驚愕するMr.インクレディブルですが、できればスーパーヒーローたちが始末されていくシーンも見たかったですね。

軽くスーパーヒーローたちが始末されている結果だけが分かる展開だったので、そこが少し残念でした。

そして、Mr.インクレディブルがバディを冷たくあしらいますが、あれだけ緊迫した状況で騒がしくしていたら、冷たくあしわれても当然だろうと思ってしまいましたね。

映画『Mr.インクレディブル』の見所

ヘレンは、特別な能力を持った子供達を育てるのに、四苦八苦していた事もあって、スーパーヒーロー映画でも、子供だけではなく育児に苦労している親御さんも一緒に楽しめる映画になっています。

さらに、スーパーヒーローとして活動できなくなった彼らが、一般人として頑張ろうとする姿は、子供の頃にみていた夢を諦めて、社会人として頑張る姿にも重なるので、多くの方たちが親近感を持って見られる所も、この映画の大きな見所ですね。