AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


サムは死んでいなくて実は生きている!映画『アンチャーテッド』

映画『アンチャーテッド』では、ネイサンの兄が死んだと思われていたのに、実は生きていたので詳しく紹介しましょう。

映画『アンチャーテッド』のキャスト

アメリカ合衆国のアクション系のアドベンチャー映画『アンチャーテッド』は、日本では2022年2月18日に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

  • ネイサン・ドレイク(演:トム・ホランド)兄と会うために宝探しする人物
  • ビクター・サリー・サリバン(演:マーク・ウォールバーグ)ネイサンの相棒
  • サミュエル・サム・ドレイク(演:ルディ・パンコウ)ネイサンの兄
  • クロエ・フレイザー(演:ソフィア・アリ)ネイサンを騙す女性
  • サンティアゴ・モンカーダ(演:アントニオ・バンデラス)父親より宝探しを優先する人物
  • ジョー・ブラドック(演:タティ・ガブリエル)ネイサンたちを妨害する女性

映画『アンチャーテッド』のストーリー

ネイサンは、幼い頃に兄と生き別れてしまいましたが、サリーから「お前の兄サムは消息不明だが、あいつも50億ドルもの宝を探していた。もし、宝を見つける事ができたら、兄と会えるかもしれない」。

その言葉に心が揺れ動き、一緒に宝探しの冒険に出る事になりました。

手始めに、50億ドルの宝を手に入れるために必要な鍵を盗み出そうとしますが、凄腕の女性ハンターのブラドックも鍵を狙っていて、屋敷で激しい戦いが繰り広げられてしまいます。

ネイサンは、注意を引きつけるために、天井からぶらさがっていた蛍光灯に飛び移って、屋敷の中はパニックに陥ってしまうのです。苦労した末に、二人は鍵を手に入れて、途中から参加してきたクロエも2本目の鍵を持ってきて、一緒に出発します。

しかし、クロエは途中で裏切って、宝を示す地図を渡してしまいます。モンカーダは『これで宝は俺の物だ』と思っていたら、部下のブラドックにナイフで首を切られてしまって、即死してしまいました。

ネイサンたちは、クロエに裏切られても、何とか、50億円もの宝が眠る船まで、たどり着きます。このまま、ヘリで船を運んで帰る事になりますが、ブラドックがしつこくネイサンを殺害しようと追いかけてきました。

空から落ちそうになるネイサンは「サリー、助けてくれ」と手を伸ばそうとしますが、黄金の延べ棒を入れたバッグが海に落ちそうになってしまいます。

何よりも宝を優先してきたサリーは、宝よりもネイサンのほうを優先して助けてくれるのでしょうか?

『サムは死んでいなくて実は生きている!』

サリーは「宝を見つけられたら、兄と会えるかもしれない」とネイサンを誘っておきながら、実は、サムはブラドックに襲われて命を落としてしまいました。

しかし、ラストシーンで牢獄に入っていた男がハガキに「誰も信用するな」と書きながら、名前に『S』と書いていました。

この『S』は恐らく、サムの事ではないでしょうか?ブラドックに襲われながらも、なんとか生き延びて、弟のネイサンにハガキを送ろうとしていたのでしょう。

アンチャーテッド』と他の映画を比較

映画『アンチャーテッド』は、世界に旅立ち50億ドルの宝を見つけようとしますが、映画『ドクター・ドリトル』も冒険に出る作品になっていて、壮大さで言えば引けを取りません。

派手なアクションシーンでは、アンチャーテッドのほうに軍杯があがりますが、ドクタードリトル は可愛らしい動物とドリトルが話し合うシーンがあって、心が和む場面もあるので、なかなか見所の多い映画になっています。

映画『アンチャーテッド』のまとめ

アンチャーテッドを見た感想について、詳しく解説します。

映画『アンチャーテッド』のオススメ層

大人たちが、50億の宝探しに血眼になる映画ですが、冒険に出るシーンもあるので、お子様が見ても、心が弾む映画になっていると言えます。

しかし、恋愛シーンはかなり少ない映画なので、女性より男性寄りの作品ですね。

派手なアクションシーンでは、ネイサンが何度も高い所から落ちないように奮闘するシーンがあるので、高所恐怖症の方は気をつけてみたほうが良いです(苦笑)。

  • 高所恐怖症の方:⭐️
  • 男性:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 女性:⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️

映画『アンチャーテッド』の残念な所

サムが弟と生き別れてしまいますが、できればサムが襲われてしまう回顧シーンも出して欲しかったですね。

あくまでも、サリーがネイサンに「実はこうだった」と過去を話す程度に収まっているので、そこは凄くもったいない感じがしました。

そして、ネイサンが上空でなんとか踏ん張って、落ちないように奮闘しますが「いやいや、現実であれば、とっくに落ちているだろう」とツッコミどころ満載の所があったので、そこはもう少し何とかならなかったのだろうかと引いてしまいます。

映画『アンチャーテッド』の見所

予告を見ただけで迫力があったのですが、やはりヘリから車がいきなりドーンと突進してくるのは、インパクトがあって良かったです。

さらに、ヘリで巨大船を空輸するのも迫力があって、凄かったですね。まぁ、あれも小型ヘリで運べる重さか?と突っ込みたくなるシーンではありましたが、迫力があったので、良しとしましょう(苦笑)。