堀田真由が探偵を目指した理由は意外なもの?ドラマ『クロステイル 〜探偵教室〜 第1話』

ドラマ『クロステイル 〜探偵教室〜 第1話』で、芹沢朋香(演:堀田真由)が探偵を目指した理由は、意外なモノだったので詳しく解説します。

ドラマ『クロステイル 〜探偵教室〜 第1話』のキャスト

クロステイル 〜探偵教室〜 第話は、から放送開始されました。

脚本&原作

登場人物&俳優

  • 飛田匡(演:鈴鹿央士)父親を探すために探偵を目指す少年
  • 飛田迅平(演:板尾創路)飛田匡の父親
  • 飛田千穂子(演:山口香緒里)飛田匡の母親
  • 芹沢朋香(演:堀田真由)飛田匡の同期で、他人の秘密に興味がある女性
  • 新偕理子(演:檀れい)ジョーカー探偵社の代表
  • 藤巻敦也(演:草川拓弥)ホストをしながら探偵を目指すが性格は悪い
  • 堀之内純子(演:篠田麻里子)ジョーカー探偵学校の美しい女子生徒
  • 南武辰彦(演:髙田延彦)ジョーカー探偵学校の鬼教師
  • 野木明生(演:福山翔大)元陸上選手で、探偵を目指す人物
  • 丸川喜三郎(演:伊藤正之)クラスの最年長
  • 都賀真一(演:遊佐亮介)IT学校に通っていながら、探偵を目指す人物
  • 皆川瑠依(演:冨樫真)生徒に厳しく指導する女教師

ドラマ『クロステイル 〜探偵教室〜 第1話』のストーリー

飛田匡は、学校を卒業間近で、就職活動を控えていました。そんな時でも、朝から父親と母親はイチャイチャして、少しウンザリとしてしまいます。

父親の飛田迅平は有名な小説家でしたが、ある日を境に家出をしてしまい、母親を息子に押し付けて、いなくなってしまったのです。

『なんだよ、それ』と思ってしまって、探偵社に父親を探してもらおうとしますが、思ったよりも料金が高額で諦めて帰ろうとします。ところが、壁には『25万円を支払えば、探偵として学べる』という張り紙がありました。

そこで、飛田匡は探偵になって、父親を探そうとしますが、ジョーカー探偵学校では、鬼のように厳しい南武辰彦教師が、探偵としてのイロハを叩き込もうとします。

本来の探偵は、身バレを防ぐために遠隔から対象者を尾行するものですが、対象者をしっかりと監視し続けるために、近距離で尾行をする『クロステイル』を実践していく事になりました。

しかし、全生徒が南武辰彦を尾行しようとしても、上手く巻かれてしまい、藤巻敦也は階段付近で写真撮影しようとしたら、警察たちから盗撮を疑われて連行されてしまうのです。

飛田匡や芹沢朋香たちは、体を悪くして倒れ込んだ老婆を見捨てられず、対象者を見逃してしまいました。

南武辰彦は「お前たちは全員失格だ、明日もう一回だけ補習を行う。それでダメなら諦めろ」と吐き捨ててしまいますが、合格できる生徒はいるのでしょうか?

『堀田真由が探偵を目指した理由は悪趣味なもの』

芹沢朋香(演:堀田真由)は、飛田匡が父親を探すために探偵になろうとしているのを知って、それを密かに楽しんでいました。

きっと荒んだ生活をしているんだろうと思っていたら、陰キャラではなかったので、少しガックリときていました。この事から、芹沢朋香は人の秘密を探る事が好きなので、それが探偵になろうと思ったキッカケでしょう。

少し悪趣味な感じがしますが、探偵としては重要な素質かもしれません。

そんな役を演じた堀田真由さんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:堀田真由
  • 星座:おひつじ座
  • 趣味:くつ収集
  • 出身地:滋賀県
  • 生年月日:1998年4月2日

ドラマ『クロステイル 〜探偵教室〜 第1話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220413213322p:plain

引用:https://www.tokai-tv.com/crosstail/

第1話では、芹沢朋香(演:堀田真由)が飛田匡に優しく接してあげますが、その一方で人の秘密を握って、少し楽しんでいるような所もあり、少し小悪魔な感じもしましたね。

南武辰彦(演:髙田延彦)は、少し怖い鬼講師ですが、ラストシーンでは少し優しい事

も言っていたので、今後はどのようにして探偵を育てていくのか?見守っていきたいです。