AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


小林涼子が女の魅力を駆使して桐山漣に猛アピール?ドラマ『復讐の未亡人 episode6』

ドラマ『復讐の未亡人 episode6』では、山下晴菜(演:小林涼子)が女の魅力を使って、斎藤真言(演:桐山漣)に猛アピールするので詳しく紹介します。

ドラマ『復讐の未亡人 episode6』のキャスト

復讐の未亡人は、動画配信『Paravi』で先行配信されていて、テレビ東京では2022年7月から放送予定です。

監督&脚本

  • 監督:井樫彩&水田成英&長尾楽
  • 脚本:的場友見&阿久津朋子

登場人物&俳優

  • 鈴木美月-密(演:松本若菜)優秀な女性プログラマーだが、夫の復讐を画策
  • 鈴木美月-少女時代(演:長谷川晏)母親に利用される少女
  • 鈴木優吾(演:平岡祐太)密の夫
  • 鈴木陽史(演:淵上泰史)鈴木優吾の弟
  • 佐伯麻穂(演:足立梨花)社長秘書で、密に圧力を加える女性
  • 斎藤真言(演:桐山漣)ブラックな職場に疑問を抱く男性社員
  • 古武一也(演:森永悠希)オンラインゲームが好きな人物
  • 板橋ともみ(演:小西桜子)若手社員だが、怠け癖のある社員
  • 橋本雅也(演:松尾諭パワハラ気質のある課長
  • 若月勇(演:前川泰之)元スポーツ選手の社長
  • 山下晴菜(演:小林涼子)斎藤真言を慕う女性社員
  • 凛(演:浅田芭路)復讐を狙う少女

ドラマ『復讐の未亡人 episode6』のストーリー

斎藤真言は「僕が殺したんです、鈴木先輩を」と言うので、蜜の表情が一気に曇ってしまいます。ところが「あんな課長のもとで働くなら、死んだほうがマシですよと言ったら、その後に斎藤先輩が死んだんです、だから僕のせいなんです」

密は「そんな事はないです、それが無くても亡くなっていたと思います」と慰めの言葉をかけてあげます。

鈴木陽史は、その事を密から聞かされますが「信じるのか?その言葉を」「優吾が信頼していた人だし」「ただな、この映像を見て欲しい」

そう言って、屋上で鈴木優吾が飛び降り自殺した直後の映像を見せますが、そこに床の一部が光っている部分が映し出されていて、二人以外にも誰かが屋上にいた可能性が出てきました。

山下晴菜は、斎藤真言から「一人で抱え込まなくて、何かあったら、俺に言えよ」と優しい言葉をかけられて、素敵な人と思って、次第に斎藤真言に惹かれていきます。

密は、そんな山下晴菜を応援すると言ってくれたので、ますます彼女は斎藤真言と付き合いたいと思うようになっていきました。しかし、山下晴菜は空回りしてしまって、ホテルでアピールしても上手くいかず、落ち込んでしまうのです。

鈴木陽史は、密に「ああいう女は何をするか分からないから気をつけろよ」と従兄弟として忠告しますが、密はかすかに微笑むだけで、あまり深く考えませんでした。

翌日になり、密は佐伯麻穂から話しかけられますが、彼女の財布が光に反射していて、その光が屋上の映像で見たものと酷似していたのです。

屋上で、夫が飛び降り自殺した時に、一緒にいた女は佐伯麻穂に違いないと睨みますが、本当に彼女が屋上にいたのでしょうか?

小林涼子が女の魅力を駆使して桐山漣に猛アピール』

山下晴菜(演:小林涼子)は、営業の人間から無茶な仕事を押し付けられてしまって、四苦八苦していましたが、斎藤真言(演:桐山漣)から助けてもらい、感謝するようになっていました。

さらに、斎藤真言から「一人で抱え込まなくて、何かあれば、俺に言えよ」と言われて、もう彼の事しか考えられなくなっていきます。

山下晴菜は、食事に誘った後に、なんとか一緒に同じホテルの部屋に泊まる事ができて、そこでバスタオル一枚しか体に着ていない状態で、彼の前に現れて猛アピールしました。

女の魅力を駆使したアピールの仕方でしたが、思わぬハプニングで、それも失敗してしまい、山下晴菜は可哀想にも撃沈してしまった訳ですね。

ドラマ『復讐の未亡人 episode6』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220408045440p:plain

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/fukusyunomiboujin/

山下晴菜(演:小林涼子)が必死にアピールしましたが、斎藤真言(演:桐山漣)の心を射止める事ができなくて、少し可哀想でした。

しかし、自分も可愛い女の子から、あんな風に迫られてみたいものです(苦笑)。

密は、夫が自殺した時に、同じ屋上に佐伯麻穂がいた事に気づくので、今後は彼女と、どのような対決をしていくのか?興味がわいてしまう所ですね。