ジョン・ハモンドが恐竜を復活させられた方法を紹介!映画『ジュラシック・パーク』

引用:https://eiga.com/movie/45490/gallery/2/

映画『ジュラシック・パーク』で、ジョン・ハモンドが恐竜を復活させる事に成功できるので、その方法について紹介しましょう。

映画『ジュラシック・パーク』のキャスト

アメリカ合衆国の恐竜映画『ジュラシック・パーク』は、日本では1993年7月17日に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

映画『ジュラシック・パーク』のストーリー

ジョン・ハモンドは、今まで資金援助してきたアランやエリーたちのもとを訪ねて「実はな、私のパークに推薦を出して欲しいんじゃが?」と頼み込むと「いや、それが今は」と断ろうとすると「3年分の発掘費用を出すと言っても?」

あまりの好条件に、二人は「喜んで」と返事をして、イアンのパークへ足を運ぶ事になりますが、そこでイアンが数学の話ばかりしてきて『なんだ、この男は?』と面食らってしまいます。

ところが、三人とジョン・ハモンドたちがヘリコプターで、目的地に到着したら、そこには多くの恐竜がいて『こ、これはどういう事だ、信じられない』と絶句してしまいました。

実は、ジョン・ハモンドは多くの研究者を総動員して、恐竜のDANを手に入れて、多くの恐竜たちを復活させて、動物園ならぬ恐竜園となる『ジュラシック・パーク』を完成させたのです。

しかし、ジョンたちは「いくらなんでも、恐竜を復活させるのは危険すぎる」と反対しますが、ジョン・ハモンド聞く耳を持ちません。

ネドリーは、仕事で失敗をして、ジョン・ハモンドから叱責されてしまい『面白くもない』と思ってしまって、恐竜たちが脱出できるように裏工作をしかけていきました。

そして、ネドリーは密かにジュラシック・パークから逃げ出そうとしますが、恐竜に殺害されてしまって、恐竜たちは暴れ出してしまうのです。

アランたちは、恐竜に狙われた人間の子供たちを助けようとしますが、どうなってしまうのでしょうか?

『ジョン・ハモンドが恐竜を復活させられた方法』

ジョン・ハモンドが、恐竜を現代に復活できたのは、蚊を上手く利用できたからです。

実は、恐竜の血を吸い取った蚊が、木の樹液に付着してしまい、そのまま樹液の中から出られなくなってしまったのです。

蚊を閉じ込めた樹液は、そのまま化石となり『琥珀(こはく)』となり、イアンに従う研究者たちが、その琥珀から蚊を取り出して、蚊が吸い取った血からDNAを手に入れる事ができました。

やがて、恐竜のDNAを操作していき、数多くの恐竜を作り出していって、ここに有名な『ジュラシック・パーク』が完成した訳です。

ジュラシック・パーク』と他の映画を比較

ジュラシック・パークの恐竜たちは、やがて暴れ出してしまい、人間たちは逃げ惑う事になってしまいます。

映画『ゴジラvsコング』でも、人間たちが恐竜から逃げ惑いますが、それだけではなくゴジラキングコングたち恐竜が果てし無い戦いを続けてしまい、その迫力はジュラシック・パークを匹敵するものがあります。

ただし、ジュラシック・パークは1993年に制作されたものであり、ゴジラvsコングは2021年に上映されたものなので、ジュラシック・パークを超えるほどの迫力があるのは仕方のない所でしょう。

ジュラシック・パーク』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、映画『ジュラシック・パーク』を無料で見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間を過ぎたら、月額1,990円(税別価格)かかるので、31日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

映画『ジュラシック・パーク』のまとめ

ジュラシック・パークを見た感想について、詳しく解説します。

映画『ジュラシック・パーク』のオススメ層

子供たちが、恐竜を間近に見て、目を輝かせるシーンがあるので、子供にもオススメしたい映画ですし、家族そろって見るのも悪くはない映画ですね。

  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️
  • ファミリー層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

映画『ジュラシック・パーク』の残念な所

イアン・マルコムは、根は良い男なんですが、少しクセの強い性格で、監視カメラに顔を近づけて、おどけたりして、ジョン・ハモンドから「なんて嫌な奴なんだ」と言われてしまいます。

その存在や言動は見ていたら、面白く感じてしまいますが、もう少し人と上手くコミュニケーションを取れないかなぁと思うと、何かと残念な人物でしたね。

映画『ジュラシック・パーク』の見所

ジュラシック・パークは1993年に制作されたものですが、ここまでリアルな恐竜を多く登場させられたのは、驚くばかりです。

肉食の恐竜が、車のすぐ近くまで迫ってきて、子供が車内でうろたえてしまいますが、これは2022年に見ても怖すぎですよ。

まさに、ハリウッド映画の真骨頂という感じがして、邦画がハリウッド映画と差が開いていくのも分かる気がします。

しかし、日本人としては、邦画にも頑張って欲しいと思うので、ジュラシック・パークに負けないほどのアクション映画を作って欲しいです。