綾瀬りく役のさとうほなみと野村周平が結婚?ドラマ『六本木クラス 第4話』

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/roppongi_class/

ドラマ『六本木クラス 第4話』では、綾瀬りく役のさとうほなみ野村周平が結婚する事を発表したので、それが本当なのか紹介します。

ドラマ『六本木クラス 第4話』のキャスト

テレビ朝日系のドラマ『六本木クラス』は、2022年7月7日から放送開始されました。

脚本&演出

  • 脚本:徳尾浩司
  • 演出:田村直己&樹下直美

登場人物&俳優

  • 宮部新(演:竹内涼真)自分の信念を貫いて転校初日で退学する少年
  • 楠木優香(演:新木優子)宮部新と喧嘩してしまう女子
  • 麻宮葵(演:平手友梨奈)二代目みやべのマネージャー
  • 長屋龍河(演:早乙女太一)長屋ホールディングスの会長の息子
  • 長屋龍二(演:鈴鹿央士)長屋龍河の異母兄弟
  • 長屋茂(演:香川照之)長屋ホールディングスの会長
  • 桜木幸雄(演:近藤公園)長屋茂の秘書
  • 相川京子(演:稲森いずみ)長屋ホールディングスの常務
  • 松下博嗣(演:緒形直人)刑事
  • 宮部信二(演:光石研)宮部新の父親
  • 内山亮太(演:中尾明慶)二代目みやべのホールスタッフ
  • 綾瀬りく(演:さとうほなみ)二代目みやべの料理人
  • 桐野雄大(演:矢本悠馬)長屋龍河にいじめられていた男子
  • 理沙ガルシア(演:田中道子)Flecha verdeの店主

ドラマ『六本木クラス 第4話』のストーリー

長屋龍二は、宮部新に「この店で、働かせて下さい」と頼み込むと「なんで、ここで働きたいの?」「お小遣いが欲しくて」

その言葉を聞いて、アッサリと「いいよ」と採用されました。

二代目みやべの従業員が増えていく中で、今度は麻宮葵も売り込みにやってきて「私が、二代目みやべのマネージャーになります」と言い放ちますが、宮部新は『これ以上、採用する余裕がない』と思って断ろうとします。

しかし、麻宮葵が「あなたなら、自分の人生を変えられるんじゃないかなぁと思って」と言ったら「君、おもしいろいね」と認められて、マネージャーとして採用してもらえるのです。

麻宮葵は、早速、店員の接客マナーから、お店の内装まで変えていき、あっという間に二代目みやべは最高の売り上げを記録しました。

ところが、料理長の綾瀬りくが、トランスジェンダーである事がバレてしまい、少し気まずい空気が漂ってしまいます。

しかも、二代目みやべでは、お客が出された食事を残してしまうので、麻宮葵は綾瀬りくに「いい身分よね、給料もらってクラブへ行くクセに、こんな不味い料理を作って、やる気ないの?」と激しく批判してしまいました。

麻宮葵は、宮部新に「味が重要なので、綾瀬りくをクビにして、新しい料理人を雇うべきです」と勧めます。

綾瀬りくは『これで、私はクビか』と諦めかけますが、宮部新から2倍の給料を渡されて「お前の味がみやべには必要だ、だから今までの2倍は努力してくれ」と託されます。

はたして、料理長を交代しなくても、二代目みやべは、大丈夫なのでしょうか?

『綾瀬りく役のさとうほなみ野村周平が結婚』

綾瀬りく役のさとうほなみさんと、野村周平さんが記者会見で結婚した事を報告しましたが、これはABEMAの番組の企画によるものです。

野村周平さんと言えば、以前から広瀬すずさんにアプローチしていたので、二人が結婚する事は、どうかなぁ?という所ですね。

しかし、美男美女なので、番組の企画とは言っても、お似合いの二人という感じがしますね。

多くの芸能人の結婚企画を見られる動画配信

動画配信『ABEMAプレミアム』に入会したら、多くの芸能人たちの結婚企画の番組を見る事ができます。

その中には、川島海荷さんや島崎遥香さんたちも登場するので、ファンの方であれば必見です。

ABEMAプレミアムは月額960円(税込)かかりますが、初めて入会した場合には、14日間は無料で利用できます。そのため、思ったよりも面白くなかったと思っても、14日過ぎる前に退会したら、料金をかけずに済みます。

下の広告から、動画配信『ABEMAプレミアム』に入会する事が可能です。

ドラマ『六本木クラス 第4話』の見所とまとめ

第4話では、綾瀬りく(演:さとうほなみ)が、トランスジェンダーを告白しますが、令和らしいストーリーだなぁと思いましたね。

最近では、トランスジェンダーの方に理解する方が増えていくので、この後は、日本はどんな時代になっていくのか?興味がつきない所です。

それにしても、麻宮葵が楠木優香のキスを強引に止めてしまうシーンは、インパクトがありましたね。新木優子さんが目をパッチリを開けてしまう所は、今までにない感じで、良かったです。