AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


木下(高橋克典)たちの5つの名言を紹介!映画『バイオレンスアクション』

映画『バイオレンスアクション』では、木下(高橋克典)たちの5つの名言が登場したので、詳しく紹介します。

映画『バイオレンスアクション』のキャスト

日本のコメディアクション映画『バイオレンスアクション』は、2022年8月19日に公開されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:瑠東東一郎
  • 脚本:江良至&瑠東東一郎
  • 原作:浅井蓮次&沢田新

登場人物&俳優

  • 菊野ケイ(演:橋本環奈)殺し屋のバイトをする少女
  • テラノ(演:杉野遥亮)菊野ケイに好かれる男性
  • 店長(演:馬場ふみか)菊野ケイのバイト先の店長
  • だりあ(演:太田夢莉)暗い過去を持つスナイパー
  • 渡辺(演:鈴鹿央士)菊野ケイに惚れ込むクラスメート
  • りっか(演:箭内夢菜)イタズラ好きな専門学生
  • ヅラさん(演:岡村隆史)女好きで、ズラをかぶる男性
  • 三代目組長(演:佐藤二朗)伝馬組の組長
  • 木下(演:高橋克典)伝馬組の若頭
  • 金子(演:森崎ウィン)木下の手下
  • みちたかくん(演:城田優)伝馬組の凄腕の殺し屋

主題歌

アクションコメディ映画『バイオレンスアクション』の主題歌は[Alexandros]の『クラッシュ』です。

映画『』の主題歌は、バンド『Alexandros』の『クラッシュ』です。

映画『バイオレンスアクション』のストーリー

菊野ケイは、あるビルの扉を開いて「ぷるるん天然娘のケイです」と言って「お前みたいな女、頼んでねぇぞ、よそへ行け」と言われますが、目にも留まらぬ早業(はやわざ)で、次々にチンピラたちを殺害していきました。

そこで、捕らえられていた女性アイドルを解放してあげて、外で待っていたマネージャーに「アイドルも大変ですね」と会わせてあげます。

翌日になり、菊野ケイはバスに乗り込んだ所で、お金を持っていなくて焦っていたら、水知らずの男性テラノが「僕ので、この子の分も一緒に」と運転手に取り計らってくれました。

菊野ケイは「すいません、いつかお金は返しますね」と頭を下げますが、爽やかでイケメンの男性のテラノは、全く気にしていない様子で、ひと目惚れしてしまいます。

実は、菊野ケイは殺し屋のバイトをしながら、簿記検定を取得しようと頑張っている毎日でした。そんなある日、店長やヅラさんたちから「今回の殺しの依頼主は、木下だ。木下は伝馬組の若頭で、後継者争いで、ライバルと競い合っている」

今回は、ライバルの頭が木下の手下を拉致したので、菊野ケイは危険な仕事を請け負っていきました。

木下の手下の金子が、同じ組の者を狙撃してしまった事があり、狙撃された者の相棒は、目にモノを見せてやると思い、木下が蓄えていた13億円を強奪してしまいます。

これに、木下が烈火のごとく怒り、菊野ケイが13億円を強奪した者を始末する事になりますが、その相手が、ひと目惚れをしたテラノだったのです!

はたして、菊野ケイは仕事のために、好きになったテラノを始末できるのでしょうか?

『木下(高橋克典)たちの名言』

木下(高橋克典)たちの名言を紹介するので、参考にしてみて下さい。

私は希望をもっている小さくても、それは良い事だ

菊野ケイ(演:橋本環奈)は、殺し屋バイトをしながら、簿記検定を取得しようとして頑張っていました。

簿記検定は多くの方たちが取得していますし、取得したとしても、多くの年収が保証される訳でもありません。それでも、菊野ケイは「私は希望をもっている小さくても、それは良い事だ」とつぶやきます。

人からは、それほど大きな挑戦に見えなかったとしても、希望を持っているだけでも、それはかけがえのないものであり、生きがいにもなるので、多くの方にとって大きな力となる名言と言えるでしょう。

今日は黒でも最後は白かもよ

菊野ケイは、殺し屋の仕事をしているので、あまり綺麗な人生とは言えなかったので、一目惚れしたテラノに「私、オセロなら白が良いです。一度は全てを白にしたいから」と理想を語ってしまいます。

それに、テラノは「今は黒でも、最後は白かもよ」と励ましてあげました。仮に、今は納得できない日々を送っていても、途中で諦めなければ、最後は理想叶えられるかもしれないと言いたかった訳ですね。

お前は死んだ魚に興味があるのか

テラノは、組の大事なお金を盗んでしまったので、みちたかくんに命を狙われますが、菊野ケイが足止めをしてくれて、その間にテラノは逃げて行きます。

ところが、途中で、みちたかくんが現れてしまうので「彼女はどうした?」と聞くと「お前は死んだ魚に興味があるのか?」と言われてしまい、テラノは頭に血がのぼり、みちたかくんと戦う事になってしまいました。

なかなか、凄みのあるセリフであり、城田優さんが言うと、さらにカッコよく感じる名言でした。

無数の屍の上に立つ、それが極道だ

木下(演:高橋克典)は、伝馬組を乗っ取るために、テラノ・菊野ケイ・みちたかくんを殺害したら、その後に組長まで命を奪って、力づくで新たな組長になろうと企んでいました。

そのために、金をためこんで、兵隊を雇い、かなりの被害を出しながら、多くの敵を倒していき、木下は「無数の屍の上に立つ、それが極道だ!」と言い放ってしまいます。

かなり怖い名言ですが、どこかカッコいいと思ってしまうので、毒のある役柄という感じがしますね。

育ては奪う、それが極道だ

ネタバレになるので、あまり多くは語りませんが、最終的に三代目組長(演:佐藤二朗)は、ある者を使って、邪魔者を始末していきました。

しかも、始末していった者たちは、自分で育てていった手下でもありました。三代目組長は、そんな事はおかまいなしに、車の中で「育ては奪う、それが極道だ」とつぶやきます。

組長として、手下を育てる事はしますが、場合によって命を奪う、それが極道だと言いたかったのでしょう。冷酷なように見えますが、そこまで非情にならなくては生き残れないほどの修羅の道なので、なかなか重みのある名言です。

『バイオレンスアクション』と他のドラマを比較

映画『バイオレンスアクション』に出演していた橋本環奈さんは、ドラマ『ネメシス 』にも出演した事もあります。

ネメシスでは、最初は、広瀬すずさんとコンビを組んで活躍していましたが、途中で広瀬すずさんを裏切る役を演じていきました。

なぜ、仲間だったのに、途中で裏切ったのか?それは動画配信『Hulu』に入会したら、ネメシスを見られるので、知る事ができます。

月額料金は1,026円(税込価格)ですが、初入会の場合は14日間は無料です。ただし、2022年8月時点の情報なので、詳しい事はHuluサイトで確認してみて下さい。

映画『バイオレンスアクション』のまとめ

引用:https://www.va-movie.jp/

バイオレンスアクションを見た感想について、詳しく解説します。

映画『バイオレンスアクション』のオススメ層

激しいアクションシーンあり、コメディありの映画なので、アクションコメディ好きの方にはオススメの映画ですね。ただし、流血シーンが多いので、お子様向けというよりは、大人向けの作品です。

  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『バイオレンスアクション』の残念な所

最初は、橋本環奈さんが圧倒的な力で敵を倒していったのに、みちたかくんから負かされてしまう所があり、意外な展開に『あれぇ?』と思ってしまいました。

あれだけ強い殺し屋なのであれば、あそこまで圧倒されるのは、少し残念な所です。

映画『バイオレンスアクション』の見所

コメディ映画なのに、多くの名言が登場したので、色々と驚かされました。裏社会で暗躍している者から飛び出す恐ろしい言葉もあれば、主役から出る美しい言葉まであるので、なかなか斬新な映画でした。

橋本環奈さんが、素早く動いていき、華麗なアクションシーンを見せてくれるので、今までにない橋本環奈さんの演技を見られるので、今作では、そこが大きな見所と言えますね。