AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


佐々木蔵之介の死とヒジキが関係している所を解説!映画『Jam Films HIJIKI』

引用:https://www.amazon.co.jp

映画『Jam Films HIJIKI』では、男(演:佐々木蔵之介)の死とヒジキが関係している所があるので、それについて詳しく紹介します。

映画『Jam Films HIJIKI』のキャスト

日本のオムニバス形式のドラマ映画『Jam Films HIJIKI』は、2002年12月28日に公開されました。

監督

  • 監督:堤幸彦 
  • 脚本:三浦有為子 

登場人物&俳優

  • 男(演:佐々木蔵之介 )警察に追われる男
  • 女(演:秋山菜津子) 男に説教する人物
  • 義理の妹(演:氏家恵 )女の義理の妹
  • 子供(演:高橋愛 )女と一緒に住んでいる子供

映画『Jam Films HIJIKI』のストーリー

男は、狭くて汚い部屋にいて、周りをキョロキョロ見渡していました。外からは、サイレンが鳴り響いていて、部屋では女が義理の妹や子供たちと一緒に、ひじきをオカズにして、ご飯を食べていました。

警察が「おい、聞こえているかぁ」と投降するように呼びかけていて、女は男に「人を殺したんだろう?刑務所のシャリは冷たいよぉ。ヒジキは体に良いんだよぉ」と、こんな時に、ヒジキを食べるように促してしまいます。

母親が「あんたが小さいころに、母さんがパートに出ていた事を恨んでいるのかい?母さんを許してよぉ」と泣き叫びながら、出てくるように勧めると、女は「鍵っ子だったのかい?一人っ子かい」と聞くと、男は静かにうなずきました。

女は「夕飯はいつも一人だったんだねぇ、部屋にいると冷めたポテトフライがあって、隣の家では、巨人戦があると騒ぐ奴がいてさぁ」と語り始めて、男はすすり泣くと「甘ったれんじゃないよ!私なんてねテレビがなくてラジオだったよ」

「それで、中学は出たのかい?」と聞くと、懸命にうなずいたら「贅沢な!私なんてね、小学校は3年しか行けなかったよ」と騒ぎ始めると、男は散弾銃雨を構えてしまいます。

女は「あんたなんかに殺せんのかい!」とタンカを切ると、男は何もできなくなり「まぁ、ヒジキでも食っていきな」と優しい言葉をかけてあげます。

しかし、男は「僕、ヒジキ嫌いんです!なんか、見た目がダメなんです、下水溝にたまった髪の毛みたいじゃないですか。それに味がダメなんです、なんでオカズなのに甘いんですか」

女は「…まぁ、親切もありがた迷惑って事もあるわな」と呆れ果ててしまいますが、男は警察に投降するのでしょうか?

佐々木蔵之介の死とヒジキが関係している所を解説』

男(演:佐々木蔵之介 )は、オカズなのに甘いヒジキを毛嫌いしていましたが、それでも家族に促されるので、ベランダに出て、白い布を振って、警察に投降する意思を見せます。

しかし、それでも警察は構えを解かなかったと思えたのか?今度は白旗を見やすいように、散弾銃に白い布をしばって、振ろうとしたら、警察が散弾銃で撃ってくると思い、男を射殺してしまいまし。

女の子供はそれを見て「後味、悪いね」とポツリとつぶやいてしまいました。恐らく、ヒジキを食べたあとの後味の悪さと、勘違いして撃たれた男の後味の悪さをかけたのでしょう。

ヒジキの後味が悪いのかどうかは、個人差があります。ちなみに私は、ヒジキは嫌いではなありません。

Jam Films HIJIKI』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、映画『Jam Films HIJIKI』を無料で見る事ができるので、男(演:佐々木龍之介)が、いかにヒジキを毛嫌いしていたのか?その熱演ぶりを見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間を過ぎたら、月額1,990円(税別価格)かかるので、31日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

映画『Jam Films HIJIKI』のまとめ

Jam Films HIJIKIを見た感想について、詳しく解説します。

映画『Jam Films HIJIKI』のオススメ層

見ずしらずの男が、家族が住んでいる部屋に転がり込んで、そのまま立てこもってしまうので、家族でそろって見るのに、オススメです。

ただし、男が撃たれるシーンがあるので、子供があまりにも幼い場合には、あまりオススメできません。

  • ファミリー層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『Jam Films HIJIKI』の残念な所

全体的には、面白い会話が続いていきますが、あまりにもヒジキをバカにする所があるので、ヒジキを好きな方や、ヒジキを作っている方たちには、要注意な映画ですね。

男が、逃亡中に逃げ込んだ部屋で、起きたドタバタ劇ですが、できれば警察が現れるシーンも出して欲しかったですね。警察は、声だけが聞こえるというのは、少し物足りなく感じてしまう所でした。

映画『Jam Films HIJIKI』の見所

男と女が不幸自慢している所は、少し面白かったですし、最後の「まぁ、親切がありがた迷惑ってあるわな」と呆れ果てて、周りがシーンとするのも、なかなか笑える所で面白かったです。

佐々木蔵之介さんは、こういった変わった演技が上手なので、今後も変人役を熱演していって欲しいですね。