AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


M&Aの実際の事例やメリットを紹介!ドラマ『ユニコーンに乗って 第9話』

ドラマ『ユニコーンに乗って 第9話』では、M&Aで大きく揺れ動くので、M&Aの実際の事例やメリットなどについて紹介します。

ドラマ『ユニコーンに乗って 第9話』のキャスト

TBS系のドラマ『ユニコーンに乗って』は、2022年7月5日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

  • 成川佐奈(演:永野芽郁)ドリームポニーのCEO
  • 須崎功(演:杉野遥亮)成川佐奈のビジネスパートナー
  • 栗木次郎(演:前原滉)成川佐奈と同じ創業メンバーの一人
  • 小鳥智志(演:西島秀俊)ドリームポニーに転職してきた中年男性
  • 森本海斗(演:坂東龍汰)プログラムが得意な新入社員
  • 夏井恵実(演:青山テルマプログラマーであり、帰国子女
  • 成川依里(演:武山瑠香)成川佐奈の妹
  • 倉田凛花(演:石川恋)須崎功の元カノ
  • 羽田早智(演:広末涼子)サイバーモバイルの新CEO
  • 羽田玲央(演:寺嶋眞秀)羽田早智の息子
  • 白金貴史(演:山口貴也)ゴールドキャピタルの社員
  • 永瀬拓也(演:松尾貴史)ゲームアカデミアのCEO
  • 須崎征一(演:利重剛)須崎功の父親

ドラマ『ユニコーンに乗って 第9話』のストーリー

成川佐奈は、憧れの羽田早智から「ドリームポニーを買収したいの」と言われるので、会社の仲間たちと話し合う事になりました。

今まで、穏やかな性格と思われていた栗木次郎は、会社が買収されると知るや、猛反対してしまい、成川佐奈は困惑してしまいます。

その頃、須崎功の父親の会社では、顧客の情報によるトラブルが起きてしまって、大きな転換期を迎えていました。

須崎功は、車の運転手の振りをして、父親をほぼ強引にドリームポニーを紹介して「スタートアップ企業には、柔軟に動けるので、父さんの会社にも役立つ所があるはずなんだ」と説得します。

須崎征一は、見送りに来てくれた成川佐奈に「君は面白い会社を作ったね」と声をかけて、立ち去って行きました。

成川佐奈は、ドリームポニーの社員たち全てを集めて「やはり、私は前向きにサイバーモバイルとM&Aを前向きに検討したいと思う」

「買収って聞くと大企業に飲み込まれるイメージがあるかもしれないけど、会社同士が大きな枠組みを超えていく事だと思う」と力説したら、ようやく栗木次郎は「分かった、佐奈についていく」と納得してくれました。

成川佐奈と羽田早智は二人そろって、マスコミに記者会見をして、買収は決してネガティブではない事を力説して、会社を大きく変えようとします。

ドリームポニーでは、サイバーモバイルの進んだ状況を知って盛り上がりますが、須崎功は「俺はドリームポニーを辞めようと思う」と言い始めてしまい、仲間たちは衝撃を受けてしまうのです!

M&Aの事例やメリット』

M&Aは、大企業が中小企業を買収するイメージがありますが、実際には大きなメリットがあり、NTTドコモパナソニックが大きな成功を納めてきました。

NTTドコモは、有機・低農薬野菜宅配サービスの『らでぃっしゅぼーや』・音楽・映像ソフト販売の『タワーレコード』などを次々に子会社会していき、様々な分野でビジネスを拡大できるようになったのです。

参照元https://www.ycg-advisory.jp/learning/merit/

パナソニックは、三洋電機株式会社を買収して、リチウムイオン電池太陽電池部門を強化する事に成功しました。

それとは逆に、買収される側にもメリットがあり、らでぃっしゅぼーやNTTドコモの通信・モバイル技術を取り込む事により、紙の広報誌では実現不可能と思われていた情報発信やサービスの提供の仕方が可能になった訳です。

ドリームポニーも恐らく、らでぃっしゅぼーやのように強かに、サイバーモバイルの長所を利用して、事業を拡大できる事でしょう。

ドラマ『ユニコーンに乗って 第9話』のまとめ

引用:https://www.tbs.co.jp/unicorn_ni_notte_tbs/

ビジネスドラマでは、度々登場する『M&A』ですが、ドリームポニーが買収される日が来るとは意外でしたね。

栗木次郎が猛反対してしまいますが、ドリームポニーに愛着を持っているのであれば、反対する気持ちもよく理解できます。

かつて、日本ではM&Aはハゲタカによる買収と批判して、根強いアレルギーがありましたが、M&Aで大きく羽ばたけるのであれば、アリな場合もあるでしょう。