AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


當真あみの演技力はあがっているのかドラマなどから検証

當真あみさんの演技力はあがっているのか?ドラマやCMなどから検証してみるので、参考にしてみて下さい。

當真あみのドラマ『妻、小学生になる』

當真あみさんは、ドラマ『妻、小学生になる』で出演した事があって、この時は女子学生に男の霊体が乗り移って、天才漫画家として大きな注目を集めていました。

www.akira-movies-drama.com

(上の内部リンクを見たら、妻、小学生になるの全話の予告動画を見られます)

落ち着いた性格をした女性を演じていたので、それほど感情の幅が広くなかったのですが、幽体が乗り移っている事を隠していて、その罪悪感にさいなまれている役を見事に演じています。

ドラマ『オールドルーキー 』で社会問題に切り込む

ドラマ『オールドルーキー』でも、當真あみさんが出演していましたが、ここではフェンシングで活躍する女子学生を演じていましたが『妻、小学生になる』と同じように、落ち着いた性格の役柄でした。

www.akira-movies-drama.com美少女で華があるという事で、周りからメディアに出て欲しいと頼まれますが、外見で判断される事や、メディアへの露出を拒もうとします。

しかし、彼女をプロデュースしようとするビクトリーの社長(演:反町隆史)は『このぐらいの協力を得られないなら、スポンサーをつけるのは難しい』とサジを投げてしまいます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 當真あみ (@ami_touma_)

www.instagram.com(引用)このドラマでは、人を見た目で判断したり価値を決めたりする『ルッキズム』に切り込んだ訳ですが、結局はメディアに多少の協力をしてしまうので、ネットでは『せっかく社会問題に切り込んだのに』と落胆の声が広がってしまいました。

それで、肝心な所として、ドラマ『妻、小学生になる』の演技に比べてみると、同じような演じ方になっていたので、それほど演技力があがっているようには見えなかったのが実情ですね。

もしも、違う役柄であれば、演技力があがっている所を見られたかもしれないので、今度は違う役柄の當真あみさんを見たいものですね。

CMではとびきりの笑顔を披露!

ドラマでは、冷静な性格をしている役ばかりなので、それほど感情の幅は広くなかったのですが、CMではとびきりの笑顔を見せてくれて、演技力の高さを存分に発揮していました。

この事から、當真あみさんは演技力が低い訳ではなくて、ドラマでたまたま同じような役だったので、演技力があまり高くなっていないように見えたのでしょう。