AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


成川佐奈が考えを変えて告白しようと思った理由を解説!ドラマ『ユニコーンに乗って 第10話(最終話)』

ドラマ『ユニコーンに乗って 第10話』では、成川佐奈が考えを変えて、須崎功に告白しようとするので、その理由について解説します。

ドラマ『ユニコーンに乗って 第10話』のキャスト

TBS系のドラマ『ユニコーンに乗って』は、2022年7月5日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

  • 成川佐奈(演:永野芽郁)ドリームポニーのCEO
  • 須崎功(演:杉野遥亮)成川佐奈のビジネスパートナー
  • 栗木次郎(演:前原滉)成川佐奈と同じ創業メンバーの一人
  • 小鳥智志(演:西島秀俊)ドリームポニーに転職してきた中年男性
  • 森本海斗(演:坂東龍汰)プログラムが得意な新入社員
  • 夏井恵実(演:青山テルマプログラマーであり、帰国子女
  • 成川依里(演:武山瑠香)成川佐奈の妹
  • 倉田凛花(演:石川恋)須崎功の元カノ
  • 羽田早智(演:広末涼子)サイバーモバイルの新CEO
  • 羽田玲央(演:寺嶋眞秀)羽田早智の息子
  • 白金貴史(演:山口貴也)ゴールドキャピタルの社員
  • 永瀬拓也(演:松尾貴史)ゲームアカデミアのCEO
  • 須崎征一(演:利重剛)須崎功の父親

ドラマ『ユニコーンに乗って 第10話』のストーリー

須崎功は、色々とい考えた末にドリームポニーを辞めてしまって、その開いた穴はあまりにも大きいものがありました。

ドリームポニーの仲間たちは「栗木さんで大丈夫ですかぁ?」と不安の声があがってしまうので、成川佐奈が「私も、今までの2倍働いていくので大丈夫です」と言いますが、その穴埋めは容易ではなかったのです。

成川佐奈は頑張りすぎて、体調を崩してしまいそうになり、小鳥智志から「私たち社員が働きやすいようにしてくれたので、私は父と一緒にいる事ができました。しかし、CEOが自分の体を大事にしてくれないのは悲しいです」と言われてしまいます。

その頃、須崎功は幼馴染に弱音を吐いてしまうと、そんな事を言わずに早く成川佐奈に告白するように説得されてしまいました。

色々と悩みながらも、バスに乗り込むと、成川佐奈からメッセージが多く届いていた事を知って『えぇ?』と驚いてしまいます。

須崎功は、成川佐奈の講義を聞きに行きますが、そこで男の受講生が「僕は平凡で何も取り柄がありませんが、それでも起業できますか?」と質問してしまいました。

他の受講生たちは『何を言っているんだ?あいつは』と笑いだしますが、成川佐奈は「はい、誰でも起業はできます、信頼できる仲間がいるのなら」と笑顔で答えてあげて、須崎功は『あいつは変わらないな』と力強く拍手してあげます。

ところが、講義が終わり、須崎功は成川佐奈から「功の事が好き」といきなり告白されてしまうのです!今まで諦めていた恋でしたが、二人はやり直す事ができるのでしょうか?

『成川佐奈が考えを変えて告白しようと思った理由』

今まで、成川佐奈は『社内恋愛を禁止』と決めていて、須崎功の気持ちに応えようとしませんでした。

それが、今ごろになって須崎功に告白しようと思ったのは、小鳥智志から「自分の体を大事にして下さい。大事なのは仕事以外にもあります」と言われた事が大きく関係していたのでしょう。

信頼していた小鳥智志から言われた事もあって、今までの考えが大きく揺らいだ可能性があります。

さらに言えば、成川佐奈は少し自己中心的な所があるので、今までいつも一緒に須崎功が近くにいてくれたので、安心していた所があります。

しかし、遠く離れてしまって、逆に寂しく感じてしまって、自分の近くにいて欲しいと思って、今になって告白してしまったのでしょう。

追いかけられるほうが好きな人もいれば、追いかけるほうが好きな方もいるので、成川佐奈は好きな人を追いかけたい派だったと言えますね。

ドラマ『ユニコーンに乗って 第10話』のまとめ

引用:https://www.tbs.co.jp/unicorn_ni_notte_tbs/

第10話では、成川佐奈が考えを変えて告白してしまいますが、最後の最後まで自己中心的な所があるヒロインだったなぁと思う内容でした。

あれだけ、振っておいてと思いましたが、まぁドラマってそういうものでしょうね。

少し残念なのは、ドリームポニーのプロジェクトが中途半端な所でドラマが終わった所ですね。

平等な教育改革を見たかったのですが、そこはもう少し描いて欲しい所でした。