AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


夏目きいろ役の田辺桃子がSUMIREに暴言を連発!ドラマ『階段下のゴッホ 第2話』

ドラマ『階段下のゴッホ 第2話』では、夏目きいろ(演:田辺桃子)が鏑木都(演:SUMIRE)たちに暴言を連発するので詳しく紹介します。

ドラマ『階段下のゴッホ 第2話』のキャスト

階段下のゴッホは、2021年9月21日から放送開始されました(U-NEXTでは、1週間早く先行配信されています)。

監督&演出

  • 脚本:加藤法子
  • 演出:小牧桜

登場人物&俳優

  • 鏑木都(演:SUMIRE)エリートなOLなのに画家を目指し始める女性
  • 平真太郎(演:神尾楓珠)東京藝大を目指している六浪中の青年
  • 源洋二(演:朝井大智)山茶花堂の鏑木都の先輩社員
  • 夏目きいろ(演:田辺桃子)才能のあるカメラマン
  • 高尾ハナ(演:石川瑠華)予備校生
  • 栗林一人(演:高橋侃)予備校生
  • 早川草介(演:秋谷郁甫)予備校生
  • 綿貫明世(演:美波)講師
  • 芦屋博康(演:田中隆三)喫茶『ついんず』のマスター
  • 綿貫豊(演:利重剛)Gallery FUSHAの画廊主

ドラマ『階段下のゴッホ 第2話』のストーリー

平真太郎は、パン屋で働く女性から「まだ働いていないの?良かったら、カレーパン持って行く」と言われて、パンをめぐんでもらってしまいます。

それを遠くから見ていた鏑木都は「働かざる者、食うべからず』と思ってしまいますが、会社でカメラマンの夏目きいろと仕事をする事になってしまいました。

夏目きいろは、かなり才能のある人物でしたが「名刺は持っていません」と名刺交換を拒否したり「凝り固まった常識なんて、ぶっ壊していきましょうよ!」と強気の発言をしたりしてしまいます。

仕事が長引いてしまい、鏑木都は遅れて、絵画スクールに行きますが、良い場所はすでに取られていて、平真太郎から「良い場所は早い者勝ち」と言われてしまうのです。

しかし、絵画仲間たちに「実は、仕事でやりづらい女性がいるんだけど、どうやってコミニケーションを取ったら良いのか」と相談すると、平真太郎から「絵、絵には垣根がない」と教えらます。

鏑木都は、ダメもとで、夏目きいろに美術館へ誘って、仕事をしながら美大を目指している事を伝えてみたら「今日いちパンチがあるんだけど」と上機嫌になり、上手くコミニケーションが取れました。

二人は街中を歩いて行ったら、平真太郎と遭遇(そうぐう)して、夏目きいろは「おぉ、イケメン。良かったらモデルになってくれない?謝礼は弾むよ。5万円」とスカウトしてしまいます。

鏑木都は『あいつが応じてくれる訳がない』と思ったら、報酬が高い事から、平真太郎はモデルの仕事を引き受けてしまうのです!

『夏目きいろ役の田辺桃子がSUMIREに暴言を連発』

引用:https://www.tbs.co.jp/kaidanshita_no_gogh_tbs/story/

夏目きいろ役の田辺桃子は、カメラマンとして仕事をしようとしますが、鏑木都(演:SUMIRE)たちから、ありきたりの提案をされてしまいます。

これには「凝り固まった常識なんて、ぶっ壊していきましょうよ」と言い放ってしまいます。

鏑木都は「今回の新ブランドでは、弊社のイメージを新しくして、今までにない美しさを出して」と言いかけたら、夏目きいろはテーブルに肘をついて「長い、くどい、伝わらない」と呆れ果ててしまいます。

鏑木都は、あまりにも厳しすぎる暴言レベルの発言に固まってしまいますが、夏目きいろは「お利口さんしていない?そんなんじゃ、新しい物なんて生まれない。すぐにつぶされる」

初対面の仕事で、ここまで厳しい事を言われたら、大抵の人は『もう、こんな奴と仕事したくない』と思ってしまうでしょうね。

ドラマ『階段下のゴッホ』を見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、ドラマ『階段下のゴッホ』を31日間は無料で視聴可能なので、夏目きいろ(演:田辺桃子)が強気の発言をするシーンを見られます。

ただし、2022年9月時点の情報なので、詳しい事はU-NEXTサイトで確認してみて下さい。

ドラマ『階段下のゴッホ 第2話』の見所とまとめ

引用:https://www.tbs.co.jp/kaidanshita_no_gogh_tbs/

夏目きいろ役の田辺桃子さんが、SUMIREさんにズバズバと暴言レベルの厳しい事を言っていましたが、ここまで厳しい性格でないと、新しい物は作れないのかもしれません。

平真太郎は「絵なんて、嫌いだよ」と言っていましたが、6浪していて、かなりメンタルがやられているのかな?と思うシーンでしたね。

どんな事でも、好きな事だから上達する事はありますが、平真太郎が6浪しているのは、絵を好きになれない事も関係しているのかもしれません。