AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


仲根かすみが生瀬勝久から狙われずに済む方法があった!ドラマ『相棒 pre season 第2話』

引用:https://www.telasa.jp

ドラマ『相棒 pre season 第2話』では、今宮典子(演:仲根かすみ)が犯人に狙われますが、実は浅倉禄郎から狙われないで済む方法があったので紹介します。

ドラマ『相棒 pre season 第2話』のキャスト

相棒 pre seasonは、テレビ朝日系で2000年6月3日〜2001年11月10日の間に放送開始されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

ドラマ『相棒 pre season 第2話』のストーリー

杉下右京亀山薫たちが、特命係で暇を持て余していたら、犯罪対策五課の角田六郎課長から「暇か?暇だろう。ちょっと今、手が空いてなくてな、少し手を貸してくれ」と応援を頼まれます。

早速、亀山薫たちは、女子高生の今宮典子の部屋を借りて、ドラッグの売人の動きを監視する事になったら、動きがあったので、すぐに追跡を開始しました。

ところが、売人の菅原謙次を捕まえた所で、遺体が転がっていたので「オ、オレじぇねぇぞ」と言われますが、警察はドラッグどころの騒ぎでは無くなりました。

杉下右京は、連続で殺害されている事件が、イギリスで行われた切り裂きジャックと似ているので、イギリスの連続事件を模倣したのではないかと睨みます。

今回の事件では、亀山薫の親友の浅倉禄郎が検事として、陣頭指揮を取る事になりますが、有力な情報が見つからない状況でした。

杉下右京は、殺害された女性が、自分の体より小さいスカートを履いている事に注目して、浅倉禄郎が警察関係者を集めて「なぜだか分かるか?謎だ、それを突き止めるのが君たちの仕事だ!」と命じます。

そんな時に、亀山薫たちは、角田六郎から売春をしている女子高生の囮捜査を頼んできたので、しぶしぶ協力する事になりました。

囮捜査をした所、今宮典子が売春している事が判明して、その売春を捜査していたら、連続殺人事件の被害者たちが、売春婦である事が分かりました。

捜査本部は、売春婦を狙った事件として捜査を始めますが、今宮典子が亀山薫に「私、事件があった日に、あの人を見た事がある」と言い始めて、その相手が浅倉禄郎だったのです。

亀山薫は、念のため、浅倉禄郎に「あの子が、そんな事を言ってたけど、何かの間違いだよな」と聞いてみると「あぁ、大丈夫だ信じてくれ」と言うので引き下がりました。

ところが、浅倉禄郎は検事なのに、自分を見たと証言した今宮典子を拉致して、殺害しようとするのです!

仲根かすみ生瀬勝久に狙われずに済む方法』

杉下右京は、連続殺人事件の犯人が浅倉禄郎ではないかと疑いますが、亀山薫は『俺の親友の浅倉禄郎は性格の優しい人間だから、そんな訳あるか』と思って、耳を貸そうとしません。

そのため、今宮典子(演:仲根かすみ)が、亀山薫を信じて「あの人が事件の当日に見た」と教えてあげても『そんな事はないはずだ』と思って、事もあろうに容疑者である浅倉禄郎に彼女の事を喋ってしまいます。

哀れにも、今宮典子は浅倉禄郎によって拉致監禁されて「売春をするのは罪深い事なんだよ?」と殺害されようとしてしまいました。

もしも、相談をする相手が亀山薫ではなくて、杉下右京であれば、こんな危ない目にあわなかったハズです。

ドラマ『相棒 pre season 第2話』の見所とまとめ

杉下右京は、亀山薫が法学部出身と知って「法学部?君は法学部だったんですか?」と驚いてしまい「いけませんか」と苦笑いされて「いいえ」と答えてしまいます。

しかし、亀山薫が「特待生(運動が得意なものが優遇されて入れる)だったもので」と言うと、杉下右京が「なるほど」と納得する所は、なかなか面白かったですね。

今回は、相棒シリーズで、かなり重要人物となる浅倉禄郎が出てくるので、相棒ファンにとっては要チェックな回です。