AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


畑葉子(浅川梨奈)が佐井社に殺害された理由!ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第2話』

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第2話』では、畑葉子(浅川梨奈)が、なぜ佐井社によって殺害されたのか解説します。

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第2話』のキャスト

親愛なる僕へ殺意をこめては、2022年10月5日から放送開始されました。

脚本&原作

  • 脚本:岡田道尚
  • 原作:井龍一&伊藤翔

登場人物&俳優

  • 浦島エイジ(演:山田涼介)殺人鬼LLの息子で、一部の記憶を無くす
  • 八野衣真(演:早乙女太一)浦島エイジの父親で、LLとして恐れられた殺人鬼
  • ナミ(演:川栄李奈)デートクラブ『アリス』で働く女性
  • 雪村京花(演:門脇麦)浦島エイジの恋人
  • 佐井社(演:尾上松也)半グレ集団『スカル』のリーダー
  • 桃井薫(演:桜井ユキ)浦島エイジを疑う女刑事
  • 猿渡敬三(演:髙嶋政宏)桃井薫の上司
  • 白菱正人(演:佐野史郎)帝東大学の教
  • 浦島亀一(演:遠藤憲一)浦島エイジの義父
  • サトル(演:はじめしゃちょー)浦島エイジの親友
  • 柏木(演:岩本晟夢)浦島エイジの親友
  • 畑葉子(演:浅川梨奈)佐井に殺害された女性

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第2話』のストーリー

浦島エイジは、佐井社から裏切り者を拷問するように求められてしまうので、バーナーで耳を焼いてしまいますが、これは止血する効果を狙ったものであり、密かに裏切り者を救うためでした。

佐井社は、桃井薫刑事たちによって任意同行を求められて、取り調べを受ける事になります。

しかし、桃井薫は上司から「今すぐ、あいつを釈放してやれ」「何でですか?あいつが事件に関わっているのは間違いないんです」

「これは俺の考えではなく、上層部からだ。あいつのデートクラブの客は、お偉いさんたちが多いからな」

あまりにも情けない話で、桃井薫は思わず天を仰いでイラついてしまって、取調室に戻り「もう帰っていいぞ」と言い放つしか出来ませんでした。

佐井社はニヤリと笑って「それじゃあ」と挑発するように舌をべろべろぉと動かして立ち去っていきます。

その頃、浦島エイジは、ナミと協力して、佐井社のアジトに忍び込んで、勤務履歴の情報を調べて、犯人を調べようとしていました。しかし、思ったよりも早く、佐井社が戻ってきたので、急いで逃げてしまいます。

浦島エイジは、自宅に戻りニュースを見ていると、LLの事件に関係する日が4月20日という事を知って、もう一つの自分の人格(ビーチ)が持っていたスマートフォンに0420と打ち込むとロックが解除されました。

畑葉子のお客になっていた白菱正人が、実は葉子の父親である事が分かり、彼から事情を聞こうとして、ナミと一緒に話を聞く事になります。

白菱正人は「君は本当に何も覚えていないのか?スカルから大金を盗み出し、裏組織を利用してスカルを踏み潰して、葉子や多くの女性たちを救おうとしたんだろう?」

しかも、畑葉子を殺害した者が佐井社である事まで知ってしまい、ナミは怒りに震えてしまうのです!

『畑葉子(浅川梨奈)が佐井社に殺害された理由』

引用:https://www.fujitv.co.jp/shinainarubokue/story/story02.html

畑葉子(浅川梨奈)は、佐井社に殺害されてしまいますが、その理由は影で、誰かと協力して、スカルに良くない動きをしている事を察知したのでしょう。

白菱正人も、それが原因で娘が殺害されてしまったのだろうと思い、うなだれてしまいました。

しかし、佐井社は裏で動いている人間が、LLの息子である事まで確信が持てなかったので、浦島エイジを仲間に引き入れる振りをして、その真相を確かめたかったのでしょう。

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第2話』の見所とまとめ

引用:https://www.fujitv.co.jp/shinainarubokue/

第2話では、畑葉子(浅川梨奈)が佐井社によって殺害されてしまいますが、裏で動いていた事がバレてしまった可能性が高いですね。

しかし、気になるのは佐野史郎さんが、今まで悪役が多かったのに、今作に限って本当に良い役なのか?そこが引っかかります。