AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


涌井桃子役の生田絵梨花の男性のタイプについて紹介!ドラマ『PICU 第2話』

ドラマ『PICU 第2話』で、涌井桃子役を演じていた生田絵梨花さんの男性のタイプについて詳しく紹介します。

ドラマ『PICU 第2話』のキャスト

PICU 小児集中治療室は、フジテレビ系で、2022年10月10日から放送開始されました。

脚本&演出&監修

登場人物&俳優

  • 志子田武四郎(演:吉沢亮)半人前の小児科医でも、PICUに配属される男性
  • 植野元(演:安田顕)北海道でPICUを立ち上げる科長
  • 綿貫りさ(演:木村文乃)訳ありの救急救命医で、PICUに配属される女性
  • 涌井桃子(演:生田絵梨花)志子田武四郎の幼馴染で、バスガイド
  • 矢野悠太(演:高杉真宙)志子田武四郎のほぼ兄弟同然の男性
  • 河本舞(演:菅野莉央)志子田武四郎と幼馴染で、小児外科医
  • 羽生仁子(演:高梨臨)PICUに配属された口の悪い女性医師
  • 今成良平(演:甲本雅裕)ベテラン麻酔科医
  • 東上宗介(演:中尾明慶)救命救急医
  • 浮田彰(演:正名僕蔵)河本舞の上司
  • 鈴木修(演:松尾諭)小児科科長で、武四郎の元上司
  • 鮫島立希(演:菊地凛子)北海道知事で、PICUを立ち上げる事に尽力
  • 渡辺純(演:野間口徹)PICUへの人材派遣を阻止しようとする救急科科長
  • 志子田南(演:大竹しのぶ)志子田武四郎の母親
  • 佐渡莉子(演:田中乃愛)軽度の火傷で搬送された少女
  • 佐渡理玖(演:中村羽叶)佐渡莉子の弟
  • 佐渡京子(演:紺野まひる)莉子と理玖の母親

ドラマ『PICU 第2話』のストーリー

PICUに、佐藤兄弟が火傷で搬送されますが、あまりの怪我に、佐渡莉子は声帯が傷ついてしまって、喋る事もままならない状態でした。

佐渡京子は「あの子は、歌う事が好きだったので、以前のように歌えなくなる事は言わないで下さい」と頼み込むので、植野元は「分かりました」

志子田武四郎は、植野元に「莉子ちゃんに本当の事を言うべきではありませんか?」と直談判しますが「お母さんがああ言ったので、私も言うべきではないと思います」

「でも」と口を挟もうとしたら、綿貫りさから「自分に酔わないで!担当医と親御さんがそう言ったのなら、あなたが入り込む余地はない」

志子田武四郎は、一人で佐渡莉子を診察しようとしたら『本当の事を教えて、以前のように歌えるの?』と紙に書いてくるので「ごめん、以前のように高い声で歌うのは難しいかもしれない」と教えてしまいます。

佐渡莉子は『教えてくれて、ありがとう』と書いてくれたので、志子田武四郎は植野元と二人で食事をするときに「本当の事を言ったら、莉子ちゃんは受け入れてくれました」と告げました。

植野元は、その言葉を聞いて、目を見開き、急いで病院へ戻ります。そうしたら、佐渡莉子は治療器具を自ら外して、紙に『歌えないなんて、死にたい』と書いてありました。

植野元は「志子田くん、ここはチーム医療です。そのチームにはお母さんも入っているんです。一人で勝手に方針を変えるのは危険です、もう帰って下さい」

しかも、綿貫りさから「この仕事に向いていない、いつか訴えられるよ」と言われてしまいますが、この先も医師を続けていけるのでしょうか?

『涌井桃子役の生田絵梨花の好みのタイプについて紹介』

引用:https://www.fujitv.co.jp/PICU/story/index02.html

涌井桃子役を演じていた生田絵梨花さんは、好みの男性のタイプについて「私が結構抜けてたりするので、頼りがいがある人とか、突っ込んでくれる人がいいですね」とコメントしていました。

参照元https://mdpr.jp/news/detail/2960494

しっかりしているように見えて、少し天然のような所があるのかもしれませんね。ただし、これほど可愛い女優さんに、突っ込める男性というのは、よほどの方でしょう。

外見や仕事については、あまりこだわらないという事なので、多くの男性ファンに希望が持てる考えを持っているようなので、この辺りは生田絵梨花さんの優しさという感じもします。

ドラマ『PICU 第2話』の見所とまとめ

引用:https://www.fujitv.co.jp/PICU/

第2話でも、志子田武四郎(演:吉沢亮)に大きな試練が待ち受けていたので、吉沢亮ファンには、何かと辛い医療ドラマと言えるでしょう。

しかし、綿貫りさが辛く当たるのは、やはり過去に何か失敗した事が関係しているようです。

涌井桃子(演:生田絵梨花)の登場シーンはあまり多くありませんが、今後は登場シーンが増えていく事を期待したいです。